松戸直樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

松戸 直樹(まつど なおき、1973年7月25日 - )は、千葉県出身のモーターサイクルロードレースライダー。1999年全日本ロードレース選手権GP250チャンピオン。2000年 - 2004年ロードレース世界選手権GP250参戦。元Kawasaki Racing Team MotoGPテストライダー。

2007年3月にオートポリスでMotoGPマシンのテスト中にクラッシュし右大腿骨を4ヶ所骨折する大怪我を負う。その治療過程で骨が感染症に侵されてしまい一時は右足の切除も考えられていた。同年7月に感染症にかかった部分の骨(約15cmほど)を切断する手術を受けたため、ライダーとしての再起が事実上不可能となった。その後イリザロフ法と呼ばれる骨を延長する治療法により、2010年現在は松葉杖なしでの歩行が可能になるまでに回復しており、現在は自らのチームとして「TEAM・GRACE」を主宰し後進の育成に務めている[1]

戦績[編集]

ロードレース関東選手権SP250ランキング5位
国内A級TT-F3チャンピオン
NA250ランキング2位
全日本ロードレース選手権TT-F1ランキング16位(SP忠男)
  • 1993年 - 全日本ロードレース選手権GP250ランキング17位(SP忠男)
  • 1994年 - 全日本ロードレース選手権GP250ランキング10位(SP忠男)
  • 1995年 - 全日本ロードレース選手権GP250ランキング15位(SP忠男)
  • 1996年 - 全日本ロードレース選手権GP250ランキング5位(コンパイルレーシング/TZ250)
  • 1997年 - 全日本ロードレース選手権GP250ランキング4位(コンパイルレーシング/TZ250)
ロードレース世界選手権デビュー戦(日本グランプリ
  • 1998年 - 全日本ロードレース選手権GP250ランキング3位(Y.E.S.Sレーシング)
ロードレース世界選手権日本グランプリ3位
  • 1999年 - 全日本ロードレース選手権チャンピオン(BP YAMAHA RT/YZR250)
  • 2000年 - ロードレース世界選手権GP250ランキング10位(ペトロナス・スプリンタ・TVK・/TZ250)
  • 2001年 - ロードレース世界選手権GP250ランキング9位(ペトロナス・TVK・ヤマハ/YZR250)
  • 2002年 - ロードレース世界選手権GP250ランキング10位(Yamaha Kurz/TZ250)
  • 2003年 - ロードレース世界選手権GP250ランキング9位(Yamaha Kurz/TZ250)
  • 2004年 - ロードレース世界選手権GP250ランキング15位(UGT・Kurz/TZ250)
  • 2005年 - 全日本ロードレース選手権JSB1000ランキング8位(モリワキMOTULタイガーレーシング/CBR1000RR)

 鈴鹿8時間耐久ロードレースにモリワキMOTULタイガーレーシングから参戦、身長差のあるレオン・キャミアにセッテイングを合わせてセッティングを担当。決勝も期待されたが、序盤にペアライダーの転倒でリタイアとなった。

ロードレース世界選手権日本グランプリMotoGPクラスリタイヤ
  • 2006年 - カワサキMotoGPテストライダー

 鈴鹿8時間耐久ロードレースに、TEAM TRICK☆STAR & B-LINE kawasaki ZX-10Rから参戦、総合8位クラス3位入賞〔ライダー松戸直樹・鶴田竜二〕

ロードレース世界選手権日本グランプリMotoGPクラスリタイヤ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東京中日スポーツ・2010年1月25日付 20面

外部リンク[編集]