渡辺一樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2010年 オーストラリアGP

渡辺 一樹(わたなべ かずき、1990年10月2日 - )は、山梨県甲府市出身[1]オートバイレーサー

経歴[編集]

2004年、13歳の時よりオートバイに乗り始める。2006年にヤマハ・TZ250を駆り、Team Danke Racingから筑波サーキットの地方選手権に参戦(第2-4戦で3連勝・年間2位)[2]

翌2007年より同チームより全日本ロードレース選手権GP250クラスに参戦を開始。初年度はシリーズランキング11位。

翌2008年はRACING TEAM森のくまさん 佐藤塾から参戦。第2戦筑波で初表彰台(3位)に立ちシリーズ8位と成績を伸ばした。またこの年のロードレース世界選手権第15戦日本GP250ccクラスにはワイルドカード枠でエントリーしたが、日曜朝のウォームアップ走行で転倒・負傷してしまい、決勝レースを走ることは叶わなかった[3]

2009年はCOLT&SJ-Rに移籍。全日本では3位に3回、2位に1回入る活躍を見せ、シリーズ4位を記録した。この年の日本GPにもワイルドカードで出場し、14位で完走しポイント獲得を果たした。

2010年バーニングブラッドレーシングから全日本ロードレース選手権J-GP2クラスに参戦する予定であったが[4]、不況等の影響で開幕直前に取りやめとなってしまった[5]。シーズン前半はどのレースにも出場できない状況が続いたが、ロードレース世界選手権第13戦アラゴンGP以降はホンダの支援を得て、Moto2クラスのレーシング・チーム・ジャーマニーからアルネ・トーデに代わりシーズン残りを戦うこととなった[6]。しかしポイント圏外でのフィニッシュが続いたことから、来シーズン以降の参戦枠確保のためにどうしてもポイント獲得が必要なチームは終盤2戦を残して渡辺を解雇、代わりにスペインのカルメロ・モラレスを起用することとなった[7]

2011年シーズンは、スペイン選手権(CEV)のMoto2クラスに参戦を目指し、Vector Racing チームと契約を結んだ。マシンは前年のGPでトーマス・ルティが使用したモリワキMD600を使用する予定だったが[8]、参戦は実現せず、事実上1年間浪人生活を送る。その間、プロモーションの一環として、ネットラジオ等に出演[9]

2012年シーズンはRS-ITOH&ASIAより全日本ロードレース選手権J-GP2クラス参戦。

    J-GP2クラスシリーズチャンピオン獲得。

2013年シーズンはTEAM GREENより柳川明との2台体制で全日本JSB1000クラスに参戦が決定。



主なレース戦績[編集]

全日本ロードレース選手権[10][編集]

シーズン クラス バイク ポイント シリーズ順位
2007年 GP250 ヤマハ・TZ250 23 11位
2008年 GP250 ヤマハ・TZ250 46 8位
2009年 GP250 ヤマハ・TZ250 62 4位

|2012年 |J-GP2 |kawasaki Ninja ZX-6R |129 |1位 |

ロードレース世界選手権[編集]

シーズン クラス チーム バイク 出走 優勝 表彰台 PP FL ポイント シリーズ順位
2008年 250cc 日本の旗 RT森のくまさん佐藤塾 ヤマハ 1 0 0 0 0 0 -
2009年 250cc 日本の旗 Bardral RACING with SJ-R ヤマハ 1 0 0 0 0 2 27位
2010年 Moto2 ドイツの旗 レーシング・チーム・ジャーマニー スッター 4 0 0 0 0 0 -
合計 6 0 0 0 0 2

脚注[編集]

外部リンク[編集]