スズキ・GSX-R600

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スズキ・GSX-R600
2008年仕様
2007TMS Suzuki GSX-R 600.jpg
SUZUKI GSX-R600
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー 日本の旗スズキ
エンジン 599cc 4ストローク
内径x行程 / 圧縮比 67.0mm x 42.5mm / 12.8:1
最高出力 89.0kW(121PS)/12,400rpm
乾燥重量 165kg
車両重量 196kg
テンプレートを表示

GSX-R600(ジーエスエックスアールろっぴゃく)は、スズキが製造しているスーパースポーツタイプのオートバイである。GSX-Rシリーズとして1992年から発売されている。

GSX-R600は当初、1992年に登場したGSX-R750を海外輸出向けに排気量を小さくした派生モデルであったが、その後欧州での600ccクラスのレース活性化や、GSX-R750の国内正規販売が終了したことなどにより、次第にメイン車種としての開発が行われ、2006年型からはGSX-R600のエンジンをボア・ストロークアップすることによってGSX-R750が構成されるなど逆転し、その後600・750共にほぼ隔年でモデルチェンジを繰り返し、現在も日本国外向けに生産されている。

なおGSX-R600は、レース専用の「レースベース車」が台数限定でスズキ二輪から発売されている[1]

概要[編集]

1992年 - 1993年[編集]

最初のモデルはGSX-R750をベースに排気量を小さくした派生モデル。1993年モデルまでで一旦製造終了。

1997年 - 2000年[編集]

1996年型GSX-R750をベースとして新たに開発された車両。 SRAD(Suzuki Ram Air Direct)の導入により600ccながら最高出力は106psに達している。フロントフォークは正立式を採用。

2001年 - 2003年[編集]

2001年にモデルチェンジ。フューエルインジェクションを採用し最高出力は118psまで向上した。

2004年 - 2005年[編集]

2004年にデザイン及びメカニズムを一新。チタン製バルブ・倒立フォーク・ラジアルマウントブレーキキャリパー・ラジアルマスターシリンダー・ラムエア吸気・高性能32ビットECU採用等。これらの変更により最高出力は120psまで向上した。また、専用設計となった軽量コンパクトなフレームにより乾燥重量161kgとなった。

2006年 - 2007年[編集]

2006年にフルモデルチェンジを行ない、エンジン車体とも一新となった。新型エンジンのボア×ストロークはこれまで通りであるが、シリンダーピッチが短縮されよりコンパクトになった。また、新たにバックトルクリミッターが導入された。最高出力は121ps。

この2006年型からGSX-R600が開発のベース車輛となり、GSX-R750は排気量をアップし、バランサーシャフトを設けたバリエーションモデルという位置づけになった。

2008年 - 2010年[編集]

GSX-R600L0

2008年にモデルチェンジ。騒音対策にマフラーが大型化された。 GSX-R1000で開発された新機能、S-DMS(SUZUKI Drive Mode Selector)が採用され、ユーザーの好み・道路状況に対して最適な出力特性を3段階に選ぶことができるようになった。

2011年 - 2013年[編集]

2011年にモデルチェンジ。ショーワ社製倒立テレスコピック式ビッグピストンフロントフォーク(BPF)、ラジアルマウントのブレンボ社製軽量モノブロック対向4ピストンキャリパーを新たに採用。フレームやスイングアームからピストンまで多岐にわたる軽量化により合計9kgの軽量化を実現。最高出力は125ps。

脚注[編集]

外部リンク[編集]