ヤマハ・YZF-R6

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
YZF-R6(2006年式)

YZF-R6(ワイゼットエフ アールシックス)は、ヤマハ発動機が製造発売している輸出市場(主に欧州)向け4ストローク600ccのオートバイ大型自動二輪車)である。

概要[編集]

ヤマハの600ccクラスのスポーツマシンとして1998年のインターモト98(第1回国際オートバイ・スクーター専門見本市)で発表され、その後年末に発売されている。YZF600Rサンダーキャットの実質的な後継車種にあたり、前年に発売されたYZF-R1の技術・設計思想を取り入れて製造された。

2003年2006年2008年モデルでフルモデルチェンジを行っている。2001年モデルではLED方式のテールランプを、2006年モデルでは電子制御スロットルを、2008年モデルではマグネシウム製リアフレームをそれぞれ量産二輪車としては世界で初めて採用するなど先進技術を積極的に投入している。1997年から開催されているスーパースポーツ世界選手権では2000年にチャンピオンマシンになり、欧州市場における600ccクラスミドルスポーツマシンの市場開拓に貢献した。

歴史[編集]

主要諸元[編集]

モデル 1999年/2000年 2001年/2002年 2003年/2004年 2005年 2006年/2007年 2008年 2010年
エンジン 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
気筒配列数 並列4気筒
総排気量 600cm3 599cm3
最高出力 88.2kW(120ps)/13,000rpm 86.0kW(117ps)/13,000rpm 88.2kW(120ps)/13,000rpm 93.4kW(127ps)/14,500rpm 94.9kW(129ps)/14,500rpm 91,0 kW (129PS)/14.500 rpm
最大トルク (6.95kgfm)/11,500rpm 68.1Nm(6.94kgfm)/11,500rpm 66.4Nm(6.78kgfm)/12,000rpm 66Nm(6.7kgfm)/12,000rpm 65.8Nm(6.65kgfm)/11,000rpm 65,7 Nm (6,7 kg-m)/10.500 rpm
全長 2,025mm 2,045mm 2,040mm
全幅 690mm 700mm 705mm
全高 1,105mm 1090mm 1100mm
シート高 820mm 830mm 850mm
乾燥重量 169kg 162kg 163kg 161-162kg 166kg
乗車定員 2人
燃料タンク容量 17L 17.5L 17.3L 17.0L
タイヤサイズ 前:120/60-ZR17
後:180/55-ZR17
前:120/70-ZR17M/C 58W
後:180/55-ZR17/C 73W
始動方式 セル式
備考 初代モデル LED式のテールライトを最初に導入 フルモデルチェンジ マイナーチェンジ フルモデルチェンジ
量産オートバイ初の電子制御スロットル採用
量産オートバイ初のマグネシウム製リアフレーム採用

モデル別の画像[編集]

レースベース車[編集]

2012年現在、日本国内向け仕様は発売されていないため、レース向けに毎年台数限定で公道用部品を取り外した「レースベース車」が発売されている。

関連車種[編集]

外部リンク[編集]