ヤマハ・YZF1000Rサンダーエース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤマハ・YZF1000Rサンダーエース
Yamaha YZF1000R ThunderAce.JPG
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー ヤマハ発動機
エンジン 1002cc 
内径x行程 / 圧縮比 __ x __ / __
最高出力 145PS/10,000rpm
最大トルク 11.0kg-m/8,500rpm
      詳細情報
製造国
製造期間 1996年-2003年
タイプ スーパースポーツ
設計統括
デザイン
フレーム
全長x全幅x全高 2085mm x 740mm x 1185mm
ホイールベース 1430mm
最低地上高
シート高 790mm
燃料供給装置 キャブレター
始動方式
潤滑方式
駆動方式 チェーンドライブ
変速機 常時噛合式5段リターン
サスペンション テレスコピック式
スイングアーム式
キャスター / トレール
ブレーキ 油圧式ダブルディスク
油圧式シングルディスク
タイヤサイズ
最高速度
乗車定員 2人
燃料タンク容量 20L
燃費
カラーバリエーション
本体価格
備考
先代 ヤマハ・FZR1000
後継 ヤマハ・YZF-R1
姉妹車 / OEM
同クラスの車 ホンダ・CBR900RR
スズキ・GSX-R1100
カワサキ・ニンジャZX-9R
テンプレートを表示

ヤマハ・YZF1000R ThunderAce(ワイゼットエフせんアール サンダーエース)は、ヤマハ発動機が日本国外輸出向けに製造していたオートバイ。サンダーエースのペットネームが付けられていた。

概要[編集]

1996年、それまでの同社のフラッグシップであったFZR1000フルモデルチェンジ版として登場。FZRの直線基調のフォルムとは異なり、曲線を多用した独特の外観を持つ。当時のライバルとされたのは、ホンダCBR900RRであった。

エンジンはFZRと同様、EXUP採用の35度前傾水冷DOHC5バルブ直列4気筒だが、クランクケース以外は全くの新設計とされた。ワークスレーサーの名前である「YZF」が冠されているように、メインフレームやシャシーは同社のレースベース車であるYZF750SPのディメンションを踏襲しつつの完全新設計。乾燥で198kgという軽量な車体とともに、狙い通りの高い運動性を発揮した。また、フロントフォークはあえて正立式を採用。スーパースポーツ車としては楽なライディングポジションとしなやかな乗り心地であったため、ハイスピードツアラーとしての評価も高かった。

1998年には実質上の後継車種といえるYZF-R1が登場し、フラッグシップの座を譲るものの、根強い人気に支えられて生産が続けられ、2001年モデルを最後に絶版となった。

モデルチェンジ遍歴[編集]

  • 1998年 - YZF-R1のデビュー後も継続生産を決定。レッド/シルバーのカラーを追加。
  • 2001年 - 最終モデルとなるブラック/シルバーのカラーが追加された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]