ヤマハ・RZV500R

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤマハ・RZV500R
YAMAHA RZV500R.jpg
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー ヤマハ発動機
車体形式 51X
エンジン 51X型 499cc 
水冷2ストロークピストン/クランクケースリードバルブV型4気筒
内径x行程 / 圧縮比 __ x __ / __
最高出力 64PS/8,500rpm
最大トルク 5.7kgfm/7,500rpm
車両重量 194kg
テンプレートを表示

RZV500R(アールゼットブイごひゃくアール)はヤマハ発動機1984年4月より販売を開始した、レーサーレプリカ(スーパースポーツ)に分類されるオートバイである。

概要[編集]

当時のロードレース世界選手権GP500クラスに出場していた同社のワークスレーサー、「YZR500」のレプリカモデルとして1984年より輸出されていた「RD500LC」の日本国内仕様として登場した。

YZRのフルレプリカという意欲的なコンセプトとメカニズムを持ち、潜在的な性能では4ストローク750ccを上回るとの評価を受けた同車であったが、国内でのメーカー希望小売価格が82万5000円と割高であった上、当時の日本では自動二輪免許限定解除審査を受け、合格しなければ乗れなかった500ccという排気量のみのラインアップであったため、販売面では苦戦を強いられることになった不運な1台としても知られている(当時のビッグ2ストローク市場では、ヤマハは中型ライダーにはRZ350RRを用意しており、一方でライバルメーカーであるホンダは、NS500のレプリカモデルを400cc化したNS400Rとし、スズキRG500のレプリカモデルをRG400Γ/500Γの2本立てとしていた)。

メカニズム[編集]

搭載されているエンジンは、バンク角50度の500cc水冷2ストロークV型4気筒。吸気形式は前2気筒がピストンリードバルブ、後2気筒がクランクケースリードバルブ、また排気タイミングをコンピュータで制御するYPVSを採用し、全域で力強いパワーフィールを実現していた。最高出力はRDの88psに対して64psと自主規制により落とされていたが、キャブレターとのセッティング変更とエキゾーストパイプの加工により、RD同様のフルパワー化も比較的容易に可能であった。そのエキゾーストパイプは4本出しのチャンバータイプ。前2気筒分は左右出し、後2気筒分はシートレール下に収めるという構造になっていた。

またメインフレームはアルミダブルクレードルを採用し、輸出仕様のRDではメインフレームはスチール製となっていた。同時に輸出仕様の「RD500LC」や「RZ500」にもV4のロゴを施していた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]