ヤマハ・VOX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤマハ・VOX
Yamaha-vox01.jpg
基本情報
排気量クラス 原動機付自転車
メーカー 台湾山葉機車工業
車体形式 JBH-SA31J
エンジン A308E型 49cc 
水冷4ストロークSOHC3バルブ
内径x行程 / 圧縮比 38.1mm x 53.5mm / 12.0:1
最高出力 3.1kw 4.2ps/8000rpm
最大トルク 3.9N・m 0.40kgf・m/6500rpm
車両重量 88kg
テンプレートを表示

VOX(ボックス)は、ヤマハ発動機が販売しているスクータータイプの原動機付自転車オートバイ)である。製造は台湾ヤマハ

詳細[編集]

ボックスは2006年5月に発売された。「アソビバコ!」をキャッチフレーズに若年層をターゲットとして販売された。車体座席下部に設けられたテニスラケットも収納できる横開きの34L大容量スペース[1]に加え、ファットタイヤ、丸型ヘッドライト、そしてシンプルなデザインが評価され、2006年にグッドデザイン賞を受賞した[2]。エンジンは4ストロークのギアと共通である。ヤマハとしては50ccクラス初のフューエルインジェクションを採用し、クラストップクラスの5.2馬力を発揮した。

2007年3月にはカラーリング・エンブレムデザインの変更、前輪フォークにオイルダンパーの採用、上級グレードのDX(デラックス)を追加などのマイナーチェンジが行われた。このデラックスと通常グレードの違いは、メッキパーツの追加(ハンドルバー、メーターケース、ヘッドライトリム、ミラーユニットなど)、メッキ立体エンブレムの採用、デラックス限定カラーの設定など外観に関わるもので、走行性能は通常グレードと共通である。

2009年3月には、DXのカラーリング変更、出力特性の変更を行ったモデルが発売された。エンジンは同クラス他車種の出力に合わせる形で1馬力のデチューンとなり[3]、追って通常グレードも同様のモデルチェンジが行われた[4]

北米仕様はシー・キューブド (C3) 、ヨーロッパ仕様はギグル (Giggle) という名称で販売されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]