ヤマハ・TW

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TW200
Yamaha TW200 01.jpg
基本情報
排気量クラス 軽二輪
メーカー ヤマハ発動機
エンジン 196cc 
内径x行程 / 圧縮比 67mm x 55.7mm / 9.5:1
最高出力 16ps/7,500rpm
最大トルク 1.6kg-m/6,500rpm
車両重量 118kg
      詳細情報
製造国 日本の旗 日本
製造期間 1987年-
タイプ
設計統括
デザイン
フレーム
全長x全幅x全高 2,090mm x 815mm x 1,115mm
ホイールベース 1,330mm
最低地上高
シート高 790mm
燃料供給装置
始動方式 セル/キック
潤滑方式
駆動方式 チェーンドライブ
変速機
サスペンション
キャスター / トレール 26°30° / 94mm
ブレーキ ドラム
ドラム
タイヤサイズ 130/80-18
180/80-14
最高速度
乗車定員 2人
燃料タンク容量 7.0L
燃費
カラーバリエーション
本体価格 299,000円
備考
先代
後継 TW225E
姉妹車 / OEM
同クラスの車
テンプレートを表示

ヤマハ・TW(ティーダブリュー)とは、ヤマハ発動機が製造・販売しているオートバイの車種名。通称はティーダブなど。なお2008年現在、日本国内仕様車の生産は行われていない。

概要[編集]

当初はTW200として1987年4月に販売を開始した。車名のTWとは、Trail Way(トレールウェイ)の略。道なき道を走破するアドベンチャーマシンをイメージしている。「バルーンタイヤ」と呼ばれる極端に幅の太いタイヤが特徴の、異色のアドベンチャーオフロードモデルとして登場し、16psと敢えて中低速重視に設定された200cc空冷SOHC2バルブ単気筒エンジンには高度補正装置付きキャブレターが組み合わされ、高い走破性を持つ事から、後に冒険家の風間深志による、北極点到達チャレンジのベースマシンにも選ばれている。

当初は生粋のオフロードマシンであった同車であったが、1990年代後半に入ると最大の特徴である幅太タイヤが人気を博し、若者による街乗り用のカスタムベースマシンとして人気となった。「ストリートカスタム」という新たなジャンルを作り、街中でカスタムしたTWに乗る人のことを指す「ティーダバー」、またバッテリーレス化などでわざと車体をスカスカに見せるカスタムを指す「スカチューン」などの単語を生み出した。若者を中心に広まっていったTWのスカチューンは、テレビドラマ『ビューティフルライフ』に登場したことから更に人気を得ていった。

その後も排気量を拡大するなどして販売され続けていたが、2008年に国内仕様車の生産終了が公表された。

オフロード車として[編集]

4台を配備している静岡市オフロードバイク隊では、「後輪の幅が太いため、砂地やぬかるんだ路面の走行に適している」が、「重量(特に後輪)があるため、HONDA TLM220のように段差を越える走行は難しい」としている。また「最近は街用に改造された車体の人気が高く、オフロード車としての使用が珍しい」とも書かれている。

他にはYAMAHAセロー225およびHONDA TLM220を配備。

モデルチェンジ履歴[編集]

  • 1998年 - 丸目ヘッドライトと小型ウインカーを装備したバリエーションモデル「TW200E」を追加。
  • 2000年 - TW200Eに統一。亀甲パターンの前後タイヤを採用。キャブレターの高度補正装置を廃止。また、保安基準強化のためフロントブレーキがディスクブレーキ化。
  • 2002年 - 総排気量を223ccに拡大した「TW225E」にモデルチェンジ。テール周りのデザインを変更。
  • 2007年 - TWシリーズ販売開始から20周年を記念し、"TW225E 20th Anniversary Special Edition"を1000台限定で発売。オレンジを基調とした明るめのカラーリングで、ホイールリムまで塗装された凝った造りになっている。また限定モデルも通常モデルも、スピードメーターのデザインが角型から丸型に変更された。

日本国外仕様車[編集]

TW200[編集]

TW200は北米向けの輸出仕様車として2011年現在も製造されており、車体構成などは登場当初からの国内仕様車とほぼ同一であるが、フロントディスクブレーキを装備するなどの仕様変更を受けている。

TW125[編集]

TW125は欧州向けの輸出仕様車。現地の免許制度に合わせて排気量125ccのエンジンを搭載した車両で、車体構成などはTW225Eとほぼ同一である。一時は並行輸入により日本でも購入が可能となっていたが生産終了となった。

ギャラリー[編集]

リコール[編集]

2009年に、日本国外仕様車を含む過去からの生産車両および後付け部品に対してリコールが行なわれた。リアサスペンションの不具合によるもので、メーカーから交換が呼びかけられている[1] [2] [3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]