ヤマハ・YZF-R125

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤマハ・YZF-R125
Yamaha YZF-R125.jpg
YZF-R125 2009年モデル
基本情報
排気量クラス 小型自動二輪車
メーカー 日本の旗ヤマハ発動機
エンジン 124cc 
内径x行程 / 圧縮比 __ x __ / __
最高出力 11.0kW 15ps/9000rpm
最大トルク 12.24Nm 1.25kgm/8000rpm
テンプレートを表示

YZF-R125(ワイゼットエフ アールひゃくにじゅうご)は、ヤマハ発動機ヨーロッパで製造販売しているオートバイである。ヤマハのYZF-Rシリーズで最小の125ccモデルとなる。

2008年より125ccオートバイの需要が高いヨーロッパを中心に販売されている。欧州での人気の高さからカラーリングを変更した特別仕様も発表されており、2009年モデルではレースレプリカ(: Race Replica)仕様が、2012年モデルではWGP参戦50周年記念仕様がラインナップに追加された。なおエンジンブレーキなど基本的な部品は通常の車両と変わらない。

2014年にはモデルチェンジが行なわれた。フロント側はカウルの形状変更とサスペンションの倒立化が行われ、前後ホイールやマフラーもデザインが変更されている。

なお日本では正規輸入による販売はされていないが、オートバイ販売業者による並行輸入が行われており、欧州仕様やオーストラリア仕様などが輸入車として販売されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]