ヤマハ・ドラッグスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドラッグスターDragStar)は、ヤマハ発動機が製造・販売しているクルーザー(アメリカン)タイプのオートバイである。

1996年の登場以来、シリーズ車種として排気量別に生産されている。2008年の自動車排出ガス規制強化を受け、2009年以降に日本国内で販売されているのはドラッグスター250 (DS250) とドラッグスター400 (DS4) およびドラッグスタークラシック400 (DSC4) のみとなっている。

車名に関しては、メーカー公式の通称などを含め、複数の表記が見られる。400ccクラスのモデルを例に取ると、「ドラッグスター400」「XVS400」「DS4(ディーエスフォー / ドラッグスターフォー)」などの呼称は、すべて同一の車種を示している。

本稿ではXVSシリーズのうち「ドラッグスター」のサブネームを与えられたモデルを中心に解説するとともに、輸出仕様の「V-star」シリーズについても補足を行う。

ドラッグスター / クラシック 400[編集]

XVS400DragStar
No motorcycle.png
基本情報
排気量クラス 普通自動二輪車
メーカー 日本の旗ヤマハ発動機
車体型式 4TR
エンジン 26M型 399cm3 4サイクル
内径x行程 / 圧縮比 68.0mm x 55.0mm / 9.7:1
最高出力 37PS / 7,500rpm
最大トルク 3.3kgf・m / 6,300rpm
乾燥重量 204kg
車両重量 220kg
テンプレートを表示

ドラッグスターシリーズ最初の車種となる「ドラッグスター400」 (DS4) は、XV400ビラーゴの後継車種として、1996年2月に登場。ビラーゴで採用されていた空冷V型2気筒SOHC2バルブ400ccエンジンを、鼓動感を強調するべく大幅にリファインし、低く構えた新設計フレームに搭載。リジッド(サスペンションが全く無い状態)に見えるモノショック式リアスイングアームと相まって、独特のフォルムを作り上げている。カバーをあえて装備しないシャフトドライブも、メカニカルな雰囲気をより強調するのに一役買っている。スポーツタイプの車種と互角、とまではいかないものの、アメリカンらしからぬ素直なハンドリングも特徴である。

1998年2月、派生車種として「ドラッグスタークラシック400」 (DSC4) が登場。400の車体をベースにフロントにワイドタイプの16インチタイヤに前後ディープフェンダー、専用の大型ヘッドライト鞍型シート、また専用設計のフットペグなどを装備し、ノーマルモデルとは一味違う重厚なスタイルを演出している。

2000年3月、シリーズとして初のマイナーチェンジが行われ、車両型式およびエンジン型式が「BC-VH01J」型・「H601E」型に更新された。同年12月には、ドラッグスタークラシックがマイナーチェンジを受け、フットボードとシーソー式チェンジペダルを採用することで、より快適なフォワードコントロールスタイルを実現している。

2008年9月、自動車排出ガス規制の強化により、一旦生産終了となる。

2009年11月、新たに燃料噴射装置三元触媒などを装備した2010年モデルの販売が同16日より開始された。同年式以降の車両型式およびエンジン型式は「EBL-VH02J」型・「H602E」型となる。

ドラッグスター / クラシック 1100[編集]

XVS1100DragStar
Dragstar1100.JPG
XVS 1100 DragStar(2001年式)
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー 日本の旗ヤマハ発動機
車体型式 BC-VP13J
エンジン P610E型 1,063cm3 4サイクル
内径x行程 / 圧縮比 95.0mm x 75.0mm / 8.3:1
最高出力 45kW(60PS) / 5,750rpm
最大トルク 82N・m(8.3kgf・m) / 2,500rpm
乾燥重量 262kg
車両重量 278kg
テンプレートを表示

ドラッグスターシリーズのフラッグシップモデルとなる「ドラッグスター1100」 (DS11) は、1999年3月に登場[2]

搭載されるエンジンは先代「XV1100ビラーゴ」の空冷V型2気筒SOHC2バルブ1100ccをベースに、同社のスポーツモデル「XJR1300」や「YZF-R1」などで採用されるメッキシリンダー、浸炭コンロッド、鍛造ピストンなどを組み込まれ、大幅な見直しを受けた。 プレス式バックボーンフレームからダブルクレードルに変更されたフレーム、ツインショック式からリジット風モノショックへと変更されたサスペンション、さらにリアブレーキをドラム式からディスク式へと変更するなど、徹底したリニューアルが図られている。 400ccモデルと同様の低く構えた車体に1100cc版独特の迫力のあるスタイル、また従来のクルーザーとは一線を画したスポーティーなエンジンフィールとハンドリングで、一躍国産大型アメリカンモデルの人気モデルとなった。

2000年10月には、400クラシックと同様の変更を受けたバリエーションモデル「ドラッグスタークラシック1100」 (DSC11) が追加されている。

2008年9月に国内仕様車は生産終了となったが、日本国外仕様車の XVS1100DragStar(欧州向け)/ V-Star1100(北米向け)は生産が継続され、2007年まで販売された[要検証 ]

ドラッグスター250[編集]

XVS250DragStar
No motorcycle.png
基本情報
排気量クラス 軽二輪
メーカー 日本の旗ヤマハ発動機
車体型式 BA-VG02J
エンジン G604E型 248cm3 4サイクル
内径x行程 / 圧縮比 49.0mm x 66.0mm / 10.0:1
最高出力 17kW(23PS) / 8,000rpm
最大トルク 22N・m(2.2kgf・m) / 6,000rpm
乾燥重量 147kg
車両重量 159kg
テンプレートを表示

ドラッグスターシリーズの末弟モデルとなる「ドラッグスター250」 (DS250) は、XV250ビラーゴの後継車種として、2000年6月に登場[3]

搭載されるエンジンは、先代のビラーゴ250からのキャリーオーバーとなる空冷250ccV型2気筒をベースに、サイレントカムチェーンとオートテンショナーを採用し、シリンダーブロックの空冷フィン大型化やクランクケースの肉厚化など、大幅にリファインしたもの。制御系では、スロットルポジションセンサーエアインダクションシステムを採用するなど、近代的な改良が施されている。

ドラッグスターシリーズの中でも、リジッド風モノショック式ではなくツインショック式サスペンションを採用する点、シャフト駆動ではなくチェーン駆動を採用する点などが特徴である。

2008年5月30日には自動車排出ガス規制対応のマイナーチェンジが行われた[4]。エンジンのセッティングを大幅に見直され、酸化還元触媒付きのマフラーを装備させて規制のクリアを図られている[4]。同年式以降の型式は「JBK-VG05J」型、エンジン型式は「G607E」型となる(燃料供給装置はBDS26型キャブレターを継続採用)[4]

なおドラッグスター250は、2010年代に日本国内で販売されている250ccクラスのクルーザーとしては唯一のモデルである(2010年から2014年の段階)。同クラスの競合車種であるホンダ・V-TWNマグナおよびカワサキ・エリミネーター250Vは、軽二輪対象の平成18年排出ガス規制により2007年のラインナップを最後に販売を終了している(もうひとつの競合車種であるスズキ・イントルーダーLC250はその前年2006年が最終ラインナップ)。

その他のシリーズ車種[編集]

ドラッグスター650

その他の輸出向け専用となるシリーズ車種としては、ドラッグスター400をベースに650ccクラスまで排気量を拡大した「ドラッグスター650」 (XVS650) [5]や、ドラッグスター250をベースに125ccクラスまで排気量を縮小した「ドラッグスター125」 (XVS125) [5]なども存在し、いずれも少量ではあるが過去には日本でも逆輸入車というかたちで販売されていた。

なお、北米市場でのヤマハ製クルーザーモデルは「Star」ブランドに集約されており、ロイヤルスターやロードスターなどのシリーズとともに、「V-Star」シリーズがメインブランドとなっている。同シリーズには、輸出専用モデルのドラッグスター650「V-Star Custom」がシリーズ含まれる[6]。 同シリーズにラインナップされる他排気量クラスでは、250ccクラスの「V-Star250」は XV250ビラーゴの継続モデルであり、950ccクラスの「V-Star950」は XVS950Aミッドナイトスターの北米仕様、1300ccクラスの「V-Star1300」はXVS1300Aミッドナイトスターの北米仕様となっている。

脚注[編集]

  1. ^ YAMAHA - DrgStar - Spec(ドラッグスター400)(1997年6月6日時点のアーカイブ
  2. ^ a b ヤマハ発動機株式会社 - ニュースリリース - 2008年1月9日発表(ドラッグスター1100)
  3. ^ a b ヤマハ発動機株式会社 - ニュースリリース - 2000年5月15日発表(ドラッグスター250)
  4. ^ a b c ヤマハ発動機株式会社 - ニュースリリース - 2008年3月13日発表(ドラッグスター250)
  5. ^ a b YAMHA SE - MOTORCYKEL 2003 : CRUISER(2002年10月20日時点のアーカイブ) ※ヤマハ・スウェーデンのラインナップ(2003年モデル)
  6. ^ 外部リンクのYAMAHA北米向けサイト「2015年モデル」を参照。

外部リンク[編集]