ヤマハ・FZ1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

FZ1(エフゼットワン)は、2001年よりヤマハ発動機が製造販売している1000ccクラスのオートバイ大型自動二輪車)である。

欧州、北米、南米ならびに豪州向けに販売されており、2005年までの北米以外のモデルはFZS1000(エフゼットエス1000)という名前で販売され、全面刷新された2006年モデルより北米モデルと同じFZ1に統一され、新たに加えられたネイキッド仕様と区別するためにビキニカウル付き仕様はFZ1 Fazer(エフゼットワン フェザー)と名称を改められた。

概要[編集]

FZ1は《The Ultimate Strong FAZER》をキーワードに開発された。

フレームマウントのハーフカウル付きではあるが、車体種別は一般的にネイキッドタイプに分類される。エンジンはYZF-R1をベースにし、クランクマスを10%増量して中低速重視にデチューンされた超軽量コンパクトな998cc、DOHC 5バルブ水冷直列4気筒エンジンを採用している。また、YZF-R1同様に“EXUP”(エクザップ)を採用しており、フラットなトルクを引き出している。

一方車体は、極太の鋼管ダブルクレードルフレームの採用で高剛性かつしなやかであり、ロングストロークのサスペンションと相まってしなやかな足回りとなっている(2001年 - 2005年モデル)。

2006年新型モデルとして2005年の東京モーターショーにて発表された。日本を除く主要市場に展開されているグローバルモデルである。新型では、5VY型YZF-R1のエンジンをベースに一新され、インジェクションを搭載した。さらにR1に対してマス40%増のクランクを搭載、カムプロファイル、ギアレシオが変更されており実用域における後輪駆動能力はYZF-R1を凌ぐ特性になっている。フレーム設計も新しいものとなり、FZ6からのフィードバックを受けて設計された新しいフレームは非常に高い剛性を持ち、YZR-M1にて実績を持つ左右独立分担減衰力発生方式の倒立フロントフォーク、強化メンバーを持つ同社製品現行車種では最大の大きさを持つCFダイキャストスイングアームとあわせて、従来のパイプフレームにくらべるとしなやかさがなく、よりスーパースポーツ系に近い性質を持つようになった。

USモデルは、灯火類レギュレーションでフロントフォークと車輌後方にリフレクターを装備、ポジションランプが廃止されて、ウィンカーがポジションランプを兼ねている。速度計がUSとUKモデルはmph表記で、その他のモデルはkm/h表記となる。

2007年モデルを最後に、日本国内における並行輸入販社であるプレストコーポレーションの取扱いカタログより削除されたが、2008年2月28日よりカウル付き・ノンカウル両モデルの日本国内仕様が発売されている。

FZS1000・FZ1(2001年-2005年)[編集]

FZS1000
Yamaha FZS 1000S Fazer.jpg
Yamaha Fazer 1000S (2002)
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー ヤマハ発動機
車体形式 5LV1
エンジン 998cc 4ストローク
水冷DOHC5バルブ並列4気筒
内径x行程 / 圧縮比 74.0mm x 58.0mm / 11.4:1
最高出力 105.2kW(143PS)/10,000rpm
最大トルク 105.9Nm(10.8kgf・m)/10,000rpm
乾燥重量 208kg
車両重量 231kg
テンプレートを表示

年表[編集]

  • 2001年・2002年モデル - シリーズ最初のモデルである。北米向けモデルネームはFZ1、それ以外はFZS1000。
  • 2003年モデル - カラーリングの変更、マイナーチェンジが行われた(ヘッドライトスイッチ廃止など)。モデルネームは、グレードにより、FZS1000/FZS1000Sとされた。
  • 2004年モデル - カラーリングの変更が行われた。
  • 2005年モデル - パイプフレームを持つFZS1000/FZ1の最終モデルである。マイナーチェンジとしてマフラー内部に触媒を搭載した。


FZ1(2006年-)[編集]

FZ1 Fazer
(FZ1)
YAMAHA FZ1 Fazer 2007TMS.jpg
2007 Tokyo Motor Show
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー ヤマハ発動機
エンジン N518E型 998cc 4ストローク
水冷DOHC5バルブ並列4気筒
内径x行程 / 圧縮比 77.0mm x 53.6mm / 11.5:1
最高出力 110.3kW(150PS)/11,000rpm
最大トルク 106Nm(10.8kgf・m)/8,000rpm
乾燥重量 199(FZ1-194)kg
2008年日本国内仕様
最高出力 69kW(94PS)/9,000rpm
最大トルク 80Nm(8.2kgf・m)/7,500rpm
乾燥重量 205(FZ1-199)kg
テンプレートを表示

年表[編集]

  • 2006年モデル - 車種名をFZ1に統一。新たにハーフカウルを装備しない車種が追加された(カウル付きの車種の名前はFZ1 FAZER)。また2006年モデルとして大幅な仕様変更が行われた。
  • 2008年モデル - 2008年1月9日にノンカウル版共々日本国内仕様が発表され、同年2月28日より販売が開始された。名称は変わらず。最高馬力、最大トルクとも日本国内の環境規制に対応させるためリセッティングされている。
  • 2011年モデル - 2011年3月18日ワイズギア製のオプション品を装着したフルカウル仕様の FZ1 FAZER GT(エフゼットワン フェザー ジーティー) を発表した。当初は期間限定受注で5月10日に発売する予定であったが、発表直前に発生したの東日本大震災の影響から発売が延期となり、9月9日より改めて通常発売された。その後は通常仕様にオプション装備を追加した「アクセサリーパッケージ」としての位置づけで販売されている。


脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]