ヤマハ・YX600ラディアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤマハ・YX600ラディアン
Yamaha YX 600 Radian.jpg
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー 日本の旗ヤマハ発動機
車体型式 1UJ (YX600S), 1UL (YX600SC)
エンジン 599cc 4ストローク
内径x行程 / 圧縮比 58.5mm x 55.7mm / 10.0:1
最高出力 49.2kW(66PS)/9,500rpm
最大トルク 40Nm(4.1kg-m)/7,500rpm
車両重量 197kg
テンプレートを表示

ヤマハ・YX600 Radian(ワイエックスろっぴゃく ラディアン)とは、ヤマハ発動機が日本国外輸出向けに製造していたオートバイの車種名である。製造期間は1986年から1990年までの4年間。当時の日本市場での750cc自主規制値未満の排気量ではあったが、日本国内での商品展開はされなかった。