ヤマハ・GX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

GX(ジーエックス)は、かつてヤマハ発動機が製造・販売していたオートバイの車種名。シリーズ車種として排気量別に数車種が生産されていた。

モデル一覧[編集]

GX750[編集]

ヤマハ・GX750
Yamaha XS 750.jpg
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー ヤマハ発動機
エンジン 747cm3 
内径x行程 / 圧縮比 __ x __ / __
最高出力 60PS/7,500rpm
最大トルク 6.0kg-m/6,500rpm
テンプレートを表示

GXシリーズのトップモデルであるGX7501976年4月に登場。ヤマハがTX750に続いて750ccクラスに投入したモデルであり、保守的な設計思想とライバル他社への対抗心が交錯した仕上がりを見せている。3in1タイプのマフラーや120度クランクを装備した空冷4サイクルDOHC2バルブ直列3気筒エンジンを搭載。最高出力は60psを発揮していた。また駆動方式にはチェーンドライブではなくシャフトドライブを採用し、メンテナンスフリー化を図っていた。

翌年5月には新たに2本出しのマフラーを採用し、エアクリーナーボックスの容量を拡大。またエンジン本体もバルブタイミングや燃焼室の形状、点火方式の変更などにより、最高出力を67psまで向上させた。

なお、同車は「XS750」の名称で日本国外にも輸出されており、1980年には排気量を825ccまで拡大して「XS850」にモデルチェンジ。クルーザースタイルのバリエーションモデル「XS750special」、特別仕様車「XS850ミッドナイトスペシャル」なども追加されたが、1981年、空冷直列4気筒を採用したXJ750Eの登場と同時に生産を終了した。
最終モデルはキャストホイールを装備したが、型名はGX750SPではなくGX750のままであった。

GX500[編集]

DOHC4バルブ2気筒エンジンを搭載したカフェレーサータイプ。 TX500の発展系。48PSの出力を誇り、加速力に優れていた。
他のシリーズと違い、キャストホイールは採用されずにスポークホイールのまま一代限りで生産終了となった。

GX400 / GX250[編集]

GXシリーズのミドルクラスモデルであるGX400と、シリーズ最小排気量モデルであるGX250は、ヤマハ初の4サイクル400ccおよび250ccモデルとして1977年6月に登場。角型の燃料タンクを採用するなど、当時のカフェレーサーを意識したスタイルが特徴(後期型は一転してティアドロップ型タンクにアップハンドルスタイルに変更された)。初期型はほとんどが輸出用に回されたため、日本国内では希少車となっている。兄貴分の750とは違い、搭載されるエンジンは空冷SOHC2バルブ直列2気筒であり、バランサーは未採用である。最高出力は400が37ps、250が25psを発揮。それぞれの車種とも180度クランクを採用し、シャープな吹け上がりを実現していた。また駆動方式も750とは異なり、一般的なチェーンドライブとなっていた。1978年にキャストホイールが認可されるといち早くキャストホイールを装備し、それぞれGX400SP/250SPの名称となり、タンクのグラフィックも変更になった(価格は2万円アップ)。

なお、両車種とも車体周りは共通設計(リアタイヤのサイズは400では幅3.50インチ、250では3.25インチと異なる)とされていたため、当時のオートバイ雑誌などで「400cc版の動力性能は十分であるが、250cc版はややオーバーウエイト気味であるのでは」というインプレッションを受けることも多かった。

外部リンク[編集]