カワサキ・Z1000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カワサキ・Z1000(ゼットせん)は、川崎重工業モーターサイクル&エンジンカンパニーが発売している輸出市場向けのロードスポーツタイプ大型自動二輪車。 1970年代後半から1980年代にかけて発売された空冷エンジンのZ1000〈北米仕様はKZ1000)A型、J型と、2000年代に発売された水冷エンジンのモデルがあるが、1000ccクラスの並列4気筒DOHCエンジンを搭載するロードスポーツモデルというカテゴリー以外は共通点は少ない。本稿ではその両モデルについて述べる。

Z1000A[編集]

カワサキ・Z1000
A型
No motorcycle.png
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー カワサキ
車体形式 KZT00
エンジン 1015cc 
内径x行程 / 圧縮比 70mm x 66mm / 8.7:1
最高出力 83ps/8,000rpm
最大トルク 8.1kg-m/6,500rpm
テンプレートを表示

解説[編集]

Z1/Z900のマイナーチェンジとして1976年(1977年モデル)に発売された。エンジンの刻印はZ1EとZ900と同じだがボアアップ、クランクシャフト・クランクケースの強化などのブラッシュアップが施された。問題とされていたフレームにも強化が施された。それまで特徴とされていた4本マフラーが2本マフラーとなった点やリアブレーキのディスク化などが外観上の特徴である。車名はZ1000だが、まぎらわしいために型式を用いてZ1000Aと呼ばれることが一般化している。派生車種としてZ1-R、KZ1000LTD(クルーザー仕様)、アメリカのドラマ「白バイ野郎ジョン&パンチ」でおなじみのZ1000POLICE("CHiPs"(California Highway Patrol)に代表されるポリス仕様)が存在する。

映画「マッドマックス」のジム・グースの愛機のベースになったことで有名である。

モデルチェンジによる仕様の変遷[編集]

  • Z1000-A1/KZ1000-A1(1977年モデル)カラーバリエーションは、ワインレッド、ダイヤモンドスカイブルー。
  • Z1000-A2/KZ1000-A2(1978年モデル)カラーバリエーションは、ルミナスレッド、グリーン、ブラック。フロントブレーキのリザーバータンクの形状の変更。フロントブレーキキャリパーのマウントがフォーク後部に変更。

1978年にモデルチェンジで名称にMKIIが追加されZ1000MKII(Z1000-A3/KZ1000-A3)となる。


Z1000J[編集]

カワサキ・Z1000
J型
No motorcycle.png
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー カワサキ
エンジン 998cc 
内径x行程 / 圧縮比 69.4mm x 66mm / 9.2:1
最高出力 102ps/8,500rpm
最大トルク 9.3kg-m/7,000rpm
テンプレートを表示

解説[編集]

Z1000MKIIの後継機種として、1980年(1981年モデル)に発売された。1978年に発売のスズキ・GS1000に触発され、Z1以降の度重なる改良による肥大化を見直し、フレームは新設計、エンジンはベースは同じだが大規模なブラッシュアップが施された。車名、及びエンブレムはZ1000だが、型式がJであることやカタログにZ1000Jと表記されていることからZ1000Jと呼ばれることが一般化している。排気量はレースのレギュレーションに合わせて998ccとした。開発当初、1000ccを超える予定であった事もあり、姉妹車として1980年にZ1100GP(1981年モデル)が販売された。

AMAスーパーバイクシリーズでエディ・ローソンが1981,1982年に優勝したレーサーマシンのベースになったこと、同じくその優勝を記念して発売されたZ1000R、いわゆるローソンレプリカのベースになったことで有名である。

世界耐久選手権のTTF-1クラスで1981,1982年に優勝したKR1000のベースとなった。

モデルチェンジによる仕様の変遷[編集]

  • Z1000-J1/KZ1000-J1(1981年モデル)
  • Z1000-J2/KZ1000-J2(1982年モデル)- このモデルまで北米仕様はタンクが丸みを帯びた形状である。
  • Z1000-J3/KZ1000-J3(1983年モデル)- 電気式丸形スピードメーターから機械式一体型メーターに変更 北米(カナダでのみ販売)仕様も角タンクとなる。 


Z1000(2003年-2009年)[編集]

カワサキ・Z1000
I 型
ZR1000A6F BLU 01.JPG
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー 川崎重工業
車体形式 ZRT00A
エンジン ZRT00AE型 953cc 
水冷4ストローク並列4気筒DOHC16バルブ
内径x行程 / 圧縮比 __ x __ / __
最高出力 90.5 kW (123 PS)/10,000 rpm
最大トルク 92.7 N·m (9.4 kgf·m)/8,000 rpm
テンプレートを表示

I型[編集]

2002年のインターモトミュンヘンで発表され、2003年モデルとして発売された。 当時カワサキのリッタークラスのラインアップは、スーパースポーツ系でNinja ZX-9R、スタンダードスポーツ系でゼファー1100を擁していたが、これらとは異なる新しいカテゴリーのニューモデルとなった。 エンジンはNinja ZX-9Rをベースに開発され、車体系統はまったくの新設計となる。 “スーパースポーツ系のエンジンをベースにしたリッタークラスのストリートスポーツ”という成り立ちは、2001年にデビューしたヤマハ・FZ1と共通している。 車名に「Z」を用いているものの、過去の特定のモデルをイメージしたものでは無く、デザインはむしろ前衛的で過去のどのモデルにも似せてないが、唯一片側2本ずつの4本出しマフラーが、かつてのZ1等を彷彿させるモチーフとなっている。 開発段階ではザンザス900という車名でヤングマシン誌にスクープされていたが、空冷時代のZ1000の商標が期限切れになりそうだったため、商標を受け継ぎZ1000の車名で発表された。 輸出専用で日本仕様車は設定されていないが、ブライト社がマレーシア仕様を逆輸入して販売している。

2003年モデル

マーケティングコードはZR1000-A1。カラーバリエーションは、パールブレイジングオレンジ、ライムグリーン、ブラックパールの3色となる。

2004年モデル

マーケティングコードはZR1000-A2。カラーバリエーションは、パッションレッド、パールブレイジングオレンジ、メタリックスパークブラックの3色。主要諸元に変更はない。

2005年モデル

マーケティングコードはZR1000-A3。カラーバリエーションは、メタリックスパークブラック、メタリックフラットローチタニウム、ライムグリーンの3色。主要諸元に変更はない。この年式以降イモビライザーが装備されている。

2006年モデル

マーケティングコードはZR1000A6F。カラーバリエーションは、キャンディフラットロープラズマブルー、メタリックスパークブラック、メタリックフラットローチタニウムの3色。主要諸元に変更はない。


カワサキ・Z1000
II 型
Kawasaki-Z1000 2007TMCS.jpg
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー 川崎重工業
車体形式 ZRT00B
エンジン ZRT00AE型 953cc 
水冷4ストローク並列4気筒DOHC16バルブ
内径x行程 / 圧縮比 __ x __ / __
最高出力 92 kW (125 PS)/10,000 rpm
最大トルク 98.7 N·m (10.1 kgf·m)/8,200 rpm
テンプレートを表示

II型[編集]

5年目にしてフルモデルチェンジとなったII型は、インターモト2006(開催地はケルン)で発表され、2007年モデルとして発売された。 デザインのイメージはI型から引き継がれたものの、車体はフレームを始め全てが新設計となった。エンジンはI型のものをベースとしており、エンジン型式はZRT00AEのまま。“片側2本ずつの4本出しマフラー”というスタイルも継承されるが、サイレンサー部分で上下が結合されているため、外観上はわかりにくくなっている。I型同様に日本仕様の設定はなく、引き続きブライト社による逆輸入販売が行われている。

2007年モデル

マーケティングコードはZR1000B7F。カラーバリエーションは、パールワイルドファイアオレンジ、メタリックディアブロブラック、メタリックオーシャンブルーの3色。

2008年モデル

マーケティングコードはZR1000B8F。カラーバリエーションは、メタリックディアブロブラック、パールクリスタルホワイト、ライムグリーンの3色。主要諸元に変更はない。

2009年モデル

マーケティングコードはZR1000B9F。カラーバリエーションは、キャンディバーントオレンジ×メタリックディアブロブラック(ツートーン)、エボニー、パールクリスタルホワイト×アトミックシルバー(ツートーン)の3色。主要諸元に変更はない。


Z1000 D型(2010年-2013年)[編集]

カワサキ・Z1000
D型
No motorcycle.png
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー 日本の旗川崎重工業
エンジン 1043cc 4ストローク
水冷直列4気筒DOHC
内径x行程 / 圧縮比 77mm x 56mm / 11.8:1
最高出力 101.5kw(138PS)/9600rpm
最大トルク 110Nm(11.2kgf・m)/7800rpm
車両重量 218kg
テンプレートを表示

フルモデルチェンジが行われ、ライトユニットが大型化、アンダーカウルが装備された。メーターパネルは液晶表示となった。

Z1000SX[編集]

2010年に日本国外モデルとして発売。欧州向けモデルにはZ1000SXとして発売され、東南アジア・北米向けにはニンジャ1000として発売される。


Z1000(2014年-)[編集]

2013年9月にティーザーサイトが開設され、“凄”のキーワードとともに新型Z1000のシルエットが公開された。同年11月に詳細が公開された。第43回東京モーターショーに出品されたZ1000は、ヘッドライトユニットは低められ、LEDヘッドライトが採用された。ハザードランプスイッチが初採用された。

姉妹車[編集]

空冷[編集]

水冷[編集]

外部リンク[編集]