カワサキ・Z800

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カワサキ・Z800
No motorcycle.png
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー 日本の旗川崎重工業
エンジン 806cc 4ストローク
水冷DOHC4気筒
内径x行程 / 圧縮比 71.0mm x 50.9mm / 11.9:1
最高出力 83.0kW(113PS)/10,000rpm
最大トルク 83.0Nm(8.5kgf・m)/8000rpm
車両重量 229kg
テンプレートを表示

Z800(ゼットはっぴゃく)は、カワサキモーターサイクル&エンジンカンパニーが製造発売する806ccのオートバイである。Z750の後継車でありZ1000の弟分にあたる。

概要[編集]

前モデル“Z750”から排気量を806ccに拡大し、車名をZ800として2012年10月ドイツケルンで開催されたインターモト2012にて発表された。

ヘッドライトは睨みつけるような意匠となり、LEDのテールランプは点灯時にZに浮かび上がるデザインを採用。またシートはZをあしらった柄となっている。

メーターパネルは3分割液晶デジタルメーターを採用。中央に縦型バータイプのタコメーター、左は水温計・時計・オドメーター/トリップメーター、右はスピードメーター・燃料計・瞬間燃費/平均燃費/航続距離を表示するマルチディスプレイを配置する。

モデルチェンジに伴い、ハザードランプスイッチが初装備された。

ABS装備車と非装備車が用意され、標準モデルのほか2013年からの欧州免許制度に適合しパワーを抑えた35kW/70kWモデルの e version や、外装を変更しマフラーアクラポビッチ製に換装した Performance 仕様も用意されており、それぞれ標準モデルとはデザインに一部違いがある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]