カワサキ・ZXR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カワサキ・ZXR(ゼットエックスアール)とは、川崎重工業が製造・販売していたオートバイのシリーズ車種名である。排気量別に250cc、400cc、750ccがある。

ZXR250[編集]

ZXR250
自主規制後仕様
Kawasaki ZXR 250(C3).jpg
ZXR250(C3)
基本情報
排気量クラス 軽二輪
メーカー 川崎重工業
エンジン 249cc 4ストローク
内径x行程 / 圧縮比 49.0mm x 33.1mm / 12.2:1
最高出力 29.4kW (40PS)/15,500rpm
最大トルク 2.3kgf・m)/11,000rpm
乾燥重量 141kg
テンプレートを表示

ZXR250は4気筒エンジンを完全新設計[要出典]して1989年に発売された。4ストロークエンジン搭載の250ccレーサーレプリカタイプの中で唯一[独自研究?]倒立フロントフォークラムエアシステムを搭載した。エンジンのレットゾーン開始回転数は1万9,000rpmと、ホンダ・CBR250RRなどと並んで量産されている市販車としては[独自研究?]最高の回転数であった。1993年にメーカーによる出力自主規制が行われ、最高出力が45psから40psへと出力が引き下げられた。前期型のA型は独立2灯丸目ヘッドライト、後期型のC型は一体型2灯ヘッドライトが装備される。

ZXR250R[編集]

ZXR250Rは通常仕様車にCVKD32の大口径キャブレターとクロスミッション、リザーバー付きショックユニットを搭載し、スポーツ走行性能をさらに高めた特別仕様車である。型式は前期型はB型となる。後期型はD型となる。

ZXR400[編集]

ZXR400
Kawasaki ZXR 400.jpg
基本情報
排気量クラス 普通自動二輪車
メーカー 川崎重工業
車体型式 ZX400-L2
エンジン 398cc 
内径x行程 / 圧縮比 __ x __ / 12.1:1
最高出力 59ps/12,000rpm
最大トルク 4.0kg-m/10,000rpm
車両重量 186kg
テンプレートを表示

ZXR400は1989年に発売された。ZX-4からモデルチェンジし、よりレーサー風となった。なおZXR400は日本国外向けにフルパワーの車両が存在し、これは後期型で65ps/13000rpm・3.6kg-m/12000rpmを発揮する。外見上の特徴として、リアシート後方にグラブバーが装着されている。

型式[編集]

H1[編集]

1989年 デビュー市販車初の倒立フォークを装備。 K-CAS(カワサキ・クール・エア・システム)の採用。

H2[編集]

マイナーチェンジを受け、穏やかな乗り味になったとされる。ラジエターは大型化された。スイングアームにKIS-ARMを導入

L1[編集]

ZXR400 L1

フレーム、カウルを一新。エンジンは基本的には同じで冷却系にはさらに大型ラジエターや空冷式オイルクーラーを採用した。

L2[編集]

ZXR400 L2

カラーリングを一新

L3[編集]

ZXR400 L3

規制後の型となる。 パワーが59psから53psに。 その分、低回転域のトルクに振った特性となっている。

L5~9[編集]

ZXR400 L7

規制後の型となる。パワーが59psから53psになる。その分、低回転域のトルクに振った特性となっている。

J1[編集]

ミッションにはクロスミッション、前後フルアジャスタブルのサスペンションを採用。また、車重も159kgとスタンダードより1kg軽い。ケーヒン製CVKDキャブレターは通常変更の出来ないエアジェット類を変更可能としたものとなっている。シングルシートを装着した外観は正に「レーサーレプリカ」の風貌。その他、作用角の広いカムシャフトなど強化部品が使われている。

J2[編集]

ラジエターの大型化。イグナイターの変更。ケーヒン製FCRキャブレター(FVKD32)の装着。スイングアームにKIS-ARMを採用。

M1[編集]

フレーム、カウルを一新。

ZXR400R[編集]

ZXR750[編集]

ZXR750R[編集]

関連項目[編集]