カワサキ・Z1300

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カワサキ・Z1300北米名KZ1300〕(ゼットせんさんびゃく)とは、川崎重工業が製造販売を行なっていたオートバイである。

概要[編集]

カワサキ・Z1300
KZ1300A1.JPG
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー カワサキ
エンジン 1286cc 
内径x行程 / 圧縮比 62mm x 71mm / 9.9:1
最高出力 120ps/8,000rpm
最大トルク 11.8 kg-m/6,500rpm
テンプレートを表示

Z1300はドイツ・ケルンショーにて1978年に発表された。同時期に発表されたホンダ・CBX1000と同じく直列6気筒エンジン搭載車であるが、CBXが空冷DOHC4バルブ1047ccであったのに対し、Z1300は水冷DOHC2バルブ1286ccであり、日本メーカーの車両では当時最大の排気量を誇っていた。なお駆動方式はツアラー色が強いシャフトドライブを採用している。この排気量はCBXが1000cc以上で開発されているとわかったため当初計画の1200ccからアップされたとか、当時のハーレーダビッドソンの排気量を超えないよう配慮したためなどと言われている。 120PSのZ1300の発表を受け、ドイツではオートバイの100馬力規制が発表されたという逸話がある。(ちなみにドイツ仕様は、1982年のA4から99PSにパワーダウンであった)。

北米仕様の車名はKZ1300となり、フューエルタンクが欧州仕様の27リットルに対し、北米は21リットルである。(1983年のA5から27リットルタンクに一本化された)。キャブレターはオートバイとしては珍しい2バレル3連装(2気筒分を3つ装備)。A1(1979年)からA5(1983年)までマイナーチェンジを行いながら生産、1984年よりインジェクションが装備されZG1300となりヨーロッパにのみ販売される。なお、インジェクション化により130PSへと馬力アップとなった。一方、A4から99PSにパワーダウンであったドイツ仕様は、110PSへと馬力アップとなった。

モデル型式としては、標準モデルのA型、ツアラーモデルのB型が販売され、KZ1300Bツーリングはその後、ZN1300Voyager(ボイジャー)としてモデルチェンジを受けることになった。なお、ZN1300Voyagerには専用のフレームが与えられ、インジェクションが装備された。

当時Z1300をカワサキの最高のフラッグシップマシンとして開発するにあたり、考えられたのが北米での市場の需要である、いわゆるクルーザーのジャンルであった。このもくろみは成功し、Z1300は世界中のライダーたちに受け入れられ、10年以上に渡るロングセラーモデルとなった。

フラッグシップマシンとしての専用設計[編集]

開発当時、最高のフラッグシップマシンとしての専用の設計などが考えられた。唯一無二の存在としてエンジン、フレーム、そして外装はタンク、シート、テールカウル、サイドカバーなど、さらにメーターやウィンカーとヘッドライトとテールランプにバックミラー、果ては左右のハンドルスイッチボックスなどまでにも専用パーツが奢られた。ただし、消耗品は当時のZ1やZ1000などの消耗品と共通であるものが多い。

充実した装備[編集]

現在では当たり前にあったりする装備だが、発売当時としてはとでも充実した装備の数々である。

  • キャストホイールを前後に装備。
  • チューブレスタイヤ。
  • フロントにダブル、リアにシングルの穴開きディスクブレーキ。
  • フロントフォークはセミエア式
  • リアショックは調整付き(A3以降はセミエア式ショックとなる)。
  • ハロゲンバルブをヘッドライトに装備。
  • オートウィンカーキャンセラー。
  • ウィンカーインジケーターを左右別に装備。
  • フロントウィンカーにW球を使用したポジションランプ化(北米仕様のみ)。
  • ハザードスイッチ付き(北米仕様のみ)。
  • 電気式フューエルメーター。
  • ガバナ進角式フルトランジスター点火(A3以降は電子進角フルトランジスター点火となる)。
  • ホーンをダブルで装備。
  • 電磁式燃料コック。
  • 大型のバッテリー。
  • シートロック兼用のサブイグニッションキー。
  • エアークリーナーボックスのサイドに左右共にカバーを装備。
  • タンク等の外装と同色に塗られたフロントフェンダー。

マイナーチェンジ時ごとによるエンジンオイルの量の増加[編集]

エンジンオイルの量はマイナーチェンジのたびに増加した。これは熱の問題があったためとも言われている。だが、ZG1300A1からのクランケースの大幅な変更により、以降のマイナーチェンジ時ごとのエンジンオイルの量の増加はなくなった。

  • A1~A2前期型:4.6リットル
  • A2後期型:5.3リットル
  • A3~A5:6.2リットル
  • ZG1300A1~:5.9リットル

初期型であるA1だけの特徴[編集]

  • フロントフォークのボトムケースにあるアクスルシャフトを留めているボルトが左右共に2本使用されている。A2からは1本となった。
  • 点火フラグは、NGKのB8ESが使用されている。A2からはBP6ESとなった。(各輸出国により若干の違いがあり)
  • シフトチェンジペダルは、形状や材質が別のものが使用されている。
  • キャブレターのジェットニードルに調整用の5段のくぼみがある。A2以降にはない。
  • 各エキパイに燃調用のボルトが付いている。A2以降にはない。
  • 北米仕様の速度計が160マイルまである。A2以降は、85マイルまでとなる。

参考文献[編集]

  • 『モーターサイクリスト』1982年10月号臨時増刊「国産モーターサイクルのあゆみ・パート3」
  • 『KZ1300-A Motorcycle Parts Catalog』
  • 『Z1300-A Motorcycle Parts Catalog』