カワサキ・ニンジャZX-6R

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニンジャZX-6R(ニンジャゼットエックス-シックスアール)は、川崎重工業モーターサイクル&エンジンカンパニーが製造している、4ストロークの輸出市場向けの大型自動二輪車オートバイ)である。日本では市販モデルが逆輸入にて販売されている。レース専用車においては正規でも販売されていた。かつて存在した派生車ZX-6RRについても本項で詳述する。

概要[編集]

Ninja ZX-6R
初代
競技仕様車はZX-6RR
Kawasaki Ninja ZX-6R 2007 green.jpg
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
エンジン ZX600PE型 599cc 
内径x行程 / 圧縮比 67.0mm x 42.5mm / 13.3:1:1
最高出力 91.9kW(125ps)/14000rpm
最大トルク 66Nm(6.73kg-m)/11700rpm
車両重量 200kg
テンプレートを表示

ZX-6Rの元々のエンジンはスーパースポーツ世界選手権に出場する他のライバルと同じ599cc水冷4ストローク直列4気筒であった。市販車がレース指向を強くしすぎると「サスペンションが固すぎる」「低速トルクがない」などと、一般ユーザーが犠牲になる面も目立ち始めていた。そこで2002年に、他社の600ccクラススーパースポーツモデルと差別化を図り、公道走行を重視した排気量636ccのZX-6Rを登場させたのである。一方でレース参戦を前提にした排気量599ccモデルにはZX-6RRという呼称が与えられた。

2002年モデルまでは、フレームなどをZX-9Rと共用とし開発が進められてきた(9Rのシャシーは1998年モデルから6Rのシャシーを採用していた)。2003年ZX-9RZX-10Rとなったため、ZX-6R単独での開発が行われ、専用パーツが投入された。

2005年のフルモデルチェンジで空力特性に優れたセンターアップマフラーなどを投入し、フレームを含め全てを専用設計とし、ニンジャシリーズ最小のCdA値(空気抵抗値)0.27を実現させるためにデザインも2003年モデルと比較しエッジの取れたデザインとなった。エンジンに関しては、排気デバイスの採用やFIは従来からのツインバルブ方式に加えツインインジェクターを採用、給排気バルブを大径化するなど、高回転域のエンジンパワーのみならず中低速域のトルクにおいても向上させている。

2007年のフルモデルチェンジでは、開発に元WGPライダー眞子智実を起用し、車体デザインの変更だけでなく、エンジンを完全に一新して全回転域においての扱いやすさを向上させた。これにより公道用636ccモデルは廃止され、599ccモデルがZX-6Rの車名を受け継ぐことになった。

2009年のフルモデルチェンジでは、それまでのセンターアップマフラーからサイド出しショートマフラーに変更。またフロントフォークにSHOWA製のBPF(ビッグピストンフロントフォーク)を採用し、足回りを刷新した。さらにスリッパークラッチやオーリンズ製のツインチューブステアリングダンパーを標準装備した。

2012年のフルモデルチェンジでは、エンジン排気量を再び636ccとして公道走行を重視し、フロントフォークを左右別構造式の大径フォークであるSFF-BP(セパレートファンクションフォーク-ビッグピストン)に換装した。またトラクションコントロールも装備し、追加仕様としてABS搭載モデルも併売される。なお先代の600ccモデルも欧州のレース向けとして継続販売される。

なおカワサキの日本国内販売元であるカワサキモータースジャパンは、レース専用モデルとしてのZX-6Rを毎年期間限定で特別販売しており、2012年のベース車両は600ccのアメリカ仕様で同社の認定保証は受けられない(クレームも含む)。レース専用モデルであるためにイモビライザーは装備されておらず、また一般公道での走行はできない。

仕様[編集]

欧州仕様参考値。

ZX600F[編集]

  • 1995年~1997年
  • 599cc,74kw/64Nm
  • F:120/60ZR17 R:160/60ZR17
  • 乾燥重量182kg、装備206kg

ZX600G[編集]

  • 1998年
  • フェイスリフトがあり2眼ライトを採用
  • 79kw/65Nmへ出力アップ
  • Rタイヤが10mm太の170/60ZR17へ変更
  • 6kg軽量化され176kgへ。装備200kg

ZX600J[編集]

  • 2000年
  • 82kw/66Nmへ出力アップ
  • Fタイヤが120/65ZR17へ変更
  • Rタイヤが10mm太の180/55ZR17へ変更
  • 4kg軽量化され172kgへ。装備195kg

ZX636A[編集]

  • 2002年 フルモデルチェンジ
  • メッキシリンダー採用によりボアが66mmから68mmへと拡大
  • 636cc,83kw/71Nm
  • 4kg軽量化され172kgへ

ZX636B[編集]

  • 2003年
  • 87kw/67Nmへと出力アップ
  • 9kgもの軽量化で161kg。装備188kg

ZX636C[編集]

  • 2005年
  • 95.5kw/70.5Nmへと出力アップ
  • 3kg重量増となり164kgへ。装備192kg

ZX600P[編集]

  • 2007年 フルモデルチェンジ
  • 599cc,91.9kW/66Nm
  • 乾燥重量167kg/装備200kg

ZX600R[編集]

  • 2009年
  • 94.1kw/66,7Nmへと出力アップ
  • 装備重量が192kgへ軽量化。

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]