カワサキ・Z650

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カワサキ・Z650
カスタム車両
Flickr - ronsaunders47 - KAWASAKI Z650.UK 1976-1983..jpg
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー カワサキ
エンジン 652cc 
内径x行程 / 圧縮比 62mm x 54mm / 9.5:1
最高出力 64ps/8,000rpm
最大トルク 5.8kg-m/6,500rpm
      詳細情報
製造国 日本
製造期間
タイプ
設計統括
デザイン
フレーム 鋼管ダブルクレードル
全長x全幅x全高 2170mm x 850mm x 1145mm
ホイールベース 1420mm
最低地上高
シート高
燃料供給装置 キャブレター (VM24SS)
始動方式 エレクトリック/キック併用
潤滑方式 ウェットサンプ
駆動方式 チェーン
変速機 5速リターン
サスペンション テレスコピック式
スイングアーム式
キャスター / トレール 27° / 108mm
ブレーキ シングルディスク
ドラム
タイヤサイズ 3.25-19
4.00-18
最高速度
乗車定員 2人
燃料タンク容量 16.8L
燃費
カラーバリエーション
本体価格
備考
先代
後継 Z750FXII/Z750FXIII
姉妹車 / OEM
同クラスの車
テンプレートを表示

カワサキ・Z650(ゼットろっぴゃくごじゅう)とは、川崎重工業が製造販売していたロードスポーツタイプ大型自動二輪車。 通称「ザッパー / ZAPPER」。北米仕様はKZ650

解説[編集]

Z1 / Z2のすぐ下のクラス、750SSマッハ / 500SSマッハの代替車種として1976年に発売された。開発コードネームは「サーロインステーキ」(ちなみにZ1は「ニューヨークステーキ」であった)。その優れた運動性能から、後継のZ750FXII・Z750FXIIIが発売されるまで、ジムカーナ等の競技ではワンメイク状態であった。また4ストロークに由来して「4サイクルマッハ」、1クラス上の750ccと互角以上の性能という意味合いで「750キラー」とも呼ばれた。

モデルチェンジによる仕様の変遷[編集]

  • Z650-B1(1976年 - 1977年)
  • Z650-B2(1978年)
  • Z650-B3(1979年)
  • Z650-B4(1980年)

外部リンク[編集]