カワサキ・Z650

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カワサキ・Z650
カスタム車両
Flickr - ronsaunders47 - KAWASAKI Z650.UK 1976-1983..jpg
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー カワサキ
エンジン 652cc 
内径x行程 / 圧縮比 62mm x 54mm / 9.5:1
最高出力 64ps/8,000rpm
最大トルク 5.8kg-m/6,500rpm
テンプレートを表示

カワサキ・Z650(ゼットろっぴゃくごじゅう)とは、川崎重工業が製造販売していたロードスポーツタイプ大型自動二輪車。 通称「ザッパー / ZAPPER」。北米仕様はKZ650

解説[編集]

Z1 / Z2のすぐ下のクラス、750SSマッハ / 500SSマッハの代替車種として1976年に発売された。開発コードネームは「サーロインステーキ」(ちなみにZ1は「ニューヨークステーキ」であった)。その優れた運動性能から、後継のZ750FXII・Z750FXIIIが発売されるまで、ジムカーナ等の競技ではワンメイク状態であった。また4ストロークに由来して「4サイクルマッハ」、1クラス上の750ccと互角以上の性能という意味合いで「750キラー」とも呼ばれた。

Z650のエンジンは基本設計はそのままにZ750FX II Z750FX III Z750GP GPZ750へと進化(輸出用としては750ターボにも使用)し、水冷GPZ750(ニンジャ)へのバトンタッチでいったんは日本向けモデルの製造が終了したがゼファー(400)の大ヒットによりゼファー750のベースとして復活、ZR-7へも流用され2006年まで製造される息の永いエンジンとなった。

モデルチェンジによる仕様の変遷[編集]

  • Z650-B1(1976年 - 1977年)
  • Z650-B2(1978年)
  • Z650-B3(1979年)
  • Z650-B4(1980年)

外部リンク[編集]