カワサキ・KR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カワサキ・KR(ケイアール)は、川崎重工業が製造販売していたオートバイのシリーズ車種で、カワサキ唯一の250cc2サイクルロードレーサーレプリカである。KR250→KR250S→KR-1→KR-1S/Rの順で発売されていた。

解説[編集]

1984年に発売されたKR250(後にKR250S)はタンデムツインロータリーバルブのエンジン形式であった。これは1978年ロードレース世界選手権を制したレーサーモデルKR350、KR250のエンジンレイアウトを強く意識したものである。しかし発売時のカワサキは世界選手権から撤退しており、過去のレーサーをイメージしただけでは販売量に直結しなかったこと、機構上複雑でありコスト増を招くこと(前後シリンダの速度差を吸収するクラッチ機構やサイドに設けられたロータリーバルブ、特異なリアショックユニット)などから1988年に発売されたKR-1(ケーアールワン)では排気デバイスKIPS)搭載の通常のパラレルツイン(に変更される。1年でフルモデルチェンジを行なってKR-1S(SPモデルとしてR)に移行し、そのKR-1S/Rも2年でカタログ落ちした。次期モデルとしてV型エンジンのX-09が開発されていたがWGP250にスポット参戦しただけで市販されずに終わっている、その他、ワークスレーサーのKR500(2サイクルスクエア4気筒)という物も存在する。また空冷2サイクル単気筒の小排気量マシンとしてカワサキ・ARシリーズが市販されており、125cc/80cc/50ccの車両が存在、海外向けとしてタイカワサキのKRR150などが存在する、この後カワサキからは同タイプ(フルカウル2サイクルスポーツ)の車種は販売されていない。

マシンスペック的には高水準・クラス最軽量な車体であるにもかかわらず、販売実績は芳しくなく販売年数も短期間だったため、販売台数は国内4メーカー同形車種中(RG250Γ、RGV250Γ、NS250R/FNSR250RTZR250)で最も少ないと思われる。希少な車種であり、2000年以降の2サイクル規制のために中古車の価格も高い。

ちなみにKR250はドラゴンボールの登場人物であるブルマの初期愛車でもあり、漫画本でも扉絵で描かれている。これは当時オートバイに嵌っていた鳥山明の愛車でもあった。

KR-1 スペック[編集]

KR-1 LimeGreen
KR-1 Red
  • 形式 KR250B
  • 全長:2,005 mm
  • 全幅:690 mm
  • 全高:1,105 mm
  • シート高:750 mm
  • ホイールベース:1,360 mm
  • 乾燥重量:123 kg
  • エンジン形式:
水冷2サイクルクランクケースリードバルブ
ラジエター液容量:1500CC
電子式可変排気バルブ(KIPS)装備
  • 総排気量:249cc
  • ボア×ストローク:56×50.6 mm
  • 最高出力:45 ps/10,000 rpm
  • 最大トルク:3.7kg-m/8,500 rpm
  • 始動方式:キック
  • 点火方式:CDI
  • ミッション:6速
  • ミッションオイル:SEグレード 10W30/10W40 850ml
  • クラッチ:湿式多板
  • 燃料タンク容量:16 L
  • エンジンオイル容量:1200CC
  • キャスター角:24度
  • タイヤサイズ:
F:100/70-17
R:130/60-18
AS 1+1/2戻し アイドリング:900~1100rpm
  • チェーン:520/106L
  • スプロケット
F:15丁
R:40丁
  • 点火プラグ:NGK BR9ES / ND W27ESR (標準熱価)
  • バッテリー:12V 4Ah (YB4L-B)
  • ヘッドライト:60/55W
  • テール/ブレーキライト:8/27W
  • ウィンカー:23W x4
  • フォーク径:インナー41Φ 正立フォーク
  • フォークオイル:10W20 355ml/OH時 421±4ml レベル:125±2mm
  • リアサス:伸縮減衰調整付きモノショック
  • ブレーキ:
F:片押2POT 280 mmディスク×2
R:片押2POT 200 mmディスク

他に純正部品にF3キット、SPキット(混合ガス仕様)があり(チューニングマニュアルも純正で用意されていた)チューニング後の出力は最大68Ps(公称)に達する

車体カラー:国内 ライムグリーン/白、赤/白

互換部品 フロントキャリパーはZXR250のものが使用できる、また異径ポットになるがゼファー750やZRX、バリオス、GPZなども流用できる。リアキャリパーはZXR250と同一となる。 スプロケットもKLE250、KLE400、ZXR250、バリオスなど丁数は異なるがそのまま使用する事が可能である。 

KR-1S[R] スペック[編集]

KR-1S UK
KR-1S Japan Ebony /LimeGreen
KR-1S Japan Ebony / Blue
  • 形式 KR250C (C2,C3)
  • 全長:2,005 mm
  • 全幅:695 mm
  • 全高:1,105 mm
  • シート高:755 mm
  • ホイールベース:1,370 mm
  • 乾燥重量:131 kg
  • エンジン形式:
水冷2サイクルクランクケースリードバルブ
ラジエター水量:1500cc
電子式可変排気バルブ(KIPS)装備
  • 総排気量:249cc
  • ボア×ストローク:56×50.6 mm
  • 最高出力:45 ps/10,000 rpm
  • 最大トルク:3.7kg-m/8,000 rpm
  • 始動方式:キック
  • 点火方式:CDI
  • ミッション:6速
  • クラッチ:湿式多板
  • ミッションオイル:SEグレード 10W30/10W40 850ml
  • 燃料タンク容量:16 L
  • エンジンオイル容量:1200cc
  • キャスター角:24度
  • タイヤサイズ:
F:110/70-17
R:140/60-18
  • キャブレター:KEIHIN PWK28Φ[35Φ]
MJ#140,PJ#38,JN C2:N68A (C3:99E)

[MJ#145,PJ#40,JN R1372J]

AS 1+1/2戻し アイドリング:1100~1300rpm
  • チェーン:520/108L
  • スプロケット
F:15丁
R:40丁
  • 点火プラグ:NGK BR10ES / DENSO W31ESR (標準熱価)
  • バッテリー:12V 4Ah (YB4L-B)
  • ヘッドライト:60/55W
  • テール/ブレーキライト:8/27W
  • ウィンカー:23W x4
  • フォーク径:インナー41Φ 正立フォーク
  • フォークオイル:10W20 335ml±4ml /OH時 396±4ml レベル:150±2mm
  • フォークアジャスタ:標準で20mm突出
  • リアサス:リザーバータンク付 21段階圧側減衰/4段階伸側減衰モノショック
  • リアショック減衰調整標準位置:圧側最強から9段戻/伸側II
  • ショックガス圧:10kg/cm²
  • ブレーキ:
F:対向4POT 300 mmディスク×2
R:片押2POT 200 mmディスク

KR-1よりほぼ全面的に改修が行われている、カウル/灯火類は同一ながら、前後サスペンション(フォークアウターも別物、これによりフロントキャリパーもマウント互換の無い上位スペックの対向4POTの物に交換される、リアショックも別体式ショックに変更)、スイングアームの変更、最も判りやすい特徴としてメインフレームがリブの無い平面状になり、前後ホイール(3本より5本スポークへ)、エンジン(シリンダ・排気バルブの仕様変更と それに伴うキャブ設定変更)、クロスレシオギアミッション、チャンバーCDIなど各所が変更され、また当時はレーサーレプリカブームの最中であり黒塗りの鉄サイレンサーはレーシーで無いということからアルミ製に変更といった具合に車体各所に手が入り前モデルのKR-1と同一なのは外装のみという有様になっている。 車体カラー:国内 ライムグリーン/エボニー、ゼウスブルー/エボニー

互換部品 ホイール・ブレーキディスクはZXR250(年式により差あり)と共通となる。 フロントディスクも色は異なるがカワサキ・ゼファーZXR400など互換品は多い。 リアキャリパースプロケット(丁数は異なる)についてもZXR250と共通で使用できる。 フロントキャリパーはゼファー1100/400(年式あり)の対抗4POTと同一である(色は異なるので部品番号も非一致) キャブレターのPWK28は、右/左用がある専用品で、底にメインジェットの交換蓋は無く、スロットルバルブも非メッキ品。またスロットルカッタウェイは#3.5と2ストローク車専用品で出力特性が異なることから4ストローク車への流用には難がある。