カワサキ・ニンジャZX-12R

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カワサキ・ニンジャZX-12R
Kawasaki Ninja ZX-12R.jpg
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
車体形式 ZX1200-A1~
エンジン 1199cc 
内径x行程 / 圧縮比 __ x __ / __
最高出力 181PS/9,500rpm (マレーシアモデル)
最大トルク 14kg・m/7,500rpm (マレーシアモデル)
テンプレートを表示

カワサキ・ニンジャZX-12R(カワサキ・ニンジャゼットエックスじゅうにアール)とは、2000年川崎重工業が開発・発表した、日本国外への輸出用の大型自動二輪車

なお、600ccのZX-6Rは「ゼットエックスシックスアール」という読みだが、ZX-12Rは「ゼットエックストゥエルヴアール」とは読まず、数字は日本語読みである。

概要[編集]

開発当時、ノーマルの状態で300km/hオーバーを達成する世界最速の市販車として知られていた、スズキGSX1300Rハヤブサから世界最速の座を奪取すべく開発された。新開発の水冷4ストローク並列4気筒1199cc、最高出力181ps(マレーシアモデル、ラムエア作動状態では190ps)、最大トルク14kgmを発揮するエンジンを、メインパイプ内にエアクリーナーをレイアウトするバックボーンフレームに搭載。リアタイヤには市販車初となる200/50R17の極太サイズが採用された。「ZX-12R」・「ハヤブサ」と、300km/hのパイオニアともいえるホンダの「CBR1100XX スーパーブラックバード」の3機種は、「メガスポーツ」という新たなジャンルを切り開いていった。

非公式ではあるが350km/hメーターを振り切り実測でも320km/h以上の実力を持っている。300km/h以上で走り続けることを前提にした空力設計によりライダーに当たる風も少なく、楽に300km/hオーバーを実現する。また、一般道での乗りづらさにもつながっている剛性感ではあるが、その速度域でのスラロームさえ可能とする唯一のマシンであった。ヨーロッパのコースで最高速308km/hを記録したことから、ハヤブサとのさらなる最高速競争が勃発するものと思われた。しかし、これを危険と判断した関係機関により、2001年欧州市場で始まった300km/h自主規制のため、スピードリミッターが装備されることとなった。

同一条件化で後軸出力チェックをすると、隼やZZR1400を凌駕することも多い。個体差のある同車両ではあるが状態の良い車両での特殊な事例となるが、ZZR1400を集めたパワーチェック大会にゲスト参加した同車両が1位と2位を独占したこともあった。ZZR1400パワーチェック大会

初期型はやや扱いが難しいエンジンや神経質なハンドリングなど、扱いやすいと評されたライバルのハヤブサと対照的にライダーに高度なテクニックが要求されたが、2002年モデルよりエンジンや外装、足回り、ギア比などを中心に大幅なモディファイを実施。ニュートラルとなったエンジン特性やハンドリングへ改善し、峠道などでのワインディング走行も存分に楽しめるようなセッティングになっている。アフターパーツも豊富にありコーナリング性能と最高速性能が共存するモデルとなっている。2004年モデルから、同社のスーパースポーツモデルであるZX-10R譲りのラジアルマウントブレーキキャリパーが採用されている。ECUのビット数も倍になり高所でのアイドリングも安定し、アフターパーツによるリミッター解除も難しいモデルであることから、300km/hまでの速度域での快適性を進めたモデルとなっている。

日本国外ではZX-12R用エンジンを搭載したスポーツカーが販売されており、ZX-12Rに搭載されたエンジンは日本円にして60万円程度で単体購入する事ができる。そのためエンジン全体に重大な損傷を被った場合でもエンジンだけ交換することができる。川崎重工からも同エンジンを採用した水上オートバイが発売されている。

カワサキのフラッグシップを担ってきたが、その過激な性能とイメージからビジネスとして成功したとはいえず、方向転換を迫られることとなり、直接の後継車種ではないがツーリングやタンデムなどにも耐えうるZZRシリーズが復活しZZR1400に、フラッグシップの座を譲り、2006年をもって生産終了となった。中古市場ではZZR1400が登場した現在でも年式が若く状態が良好なものは、現在でも70万から100万強で取引されている。