スズキ・GSX1300Rハヤブサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

GSX1300Rハヤブサ(ジーエスエックスせんさんびゃくアール ハヤブサ)はスズキが製造販売しているオートバイ(大型自動二輪車)である。日本向け仕様は (ハヤブサ)の名称で発売されている。

概要[編集]

モチーフに用いられたハヤブサ

その圧倒的な動力性能とは裏腹に、意外にも扱いやすいメガスポーツバイクとして広く知られている。メーカーでは、スーパースポーツを超える究極のマシンという意味をこめて「アルティメットスポーツ」と呼称している。

名称のハヤブサは、小型の猛禽類であるハヤブサが、300km/h以上の速度で飛ぶことができることや、食物連鎖の頂点に位置していることから、最高速度300km/hを超える性能を持って君臨するようにと名づけられた。最初期モデルはスピードメーターの目盛が350km/hまで刻まれていた。

最大の特徴はなんといっても最高速度であり、それまで量産市販車最速だったホンダ・CBR1100XXスーパーブラックバードの持つ最高速度約300km/h[注釈 1]を大幅に超える312km/hの性能を発揮し、20世紀最速の市販バイクとなった。発売時には二輪マスコミ各社が特集を組み、それまでの最速マシンであったホンダ・CBR1100XXスーパーブラックバードカワサキ・ZZR1100との比較テストを行ったが、いずれもハヤブサ以外の既存の最速マシン達は300km/hの大台には全く届かず、ハヤブサの圧倒的な勝利であった。

以上の結果、90年代前半よりメーカー各社がしのぎを削ってきた300km/h競争についに決着がついた形となり、また後述する規制問題もあり、その後の各社のフラッグシップモデル開発の方向性に大きな影響を与えることとなった。

2000年にはカワサキからも最高速度300km/h超のニンジャZX-12Rが発表されたが、2001年にEUの行政関係者から、最高速競争は危険であり、規制が必要との意見がEU各国に投げかけられたため、2輪メーカー各社は2001年モデルより最高速度を300km/hに抑えるスピードリミッターの装備とスピードメーターの目盛自粛(目盛を300km/hまでに抑え、かつ300は記さない)という自主規制を実施している。そのため、リミッターなしかつ350km/hメーターを装備するのは1999年式および2000年式のみである(カワサキZX-12Rは2000年式のみ)。なお、ZX-12R発売時に二輪マスコミ各社が同車とハヤブサの性能比較を行い紙面を賑わせたが、加速性能はZX-12Rに軍配が上がったものの最高速はハヤブサに軍配が上がり、世界最速の地位をより一層強固なものとした。

ちなみに自主規制開始後のモデルも単にリミッターが装着されただけで潜在能力としての最高速性能は全く同じであり、モデル末期まで世界最速のハイスピードマシンとして世界中で人気を集めていた。自主規制が始まる2001年モデルからシートレールがそれまでのアルミ製からスチール製に変更されているが、これは体重の重い欧米のライダーによるタンデム走行に耐えられなかったためと言われている。

アルティメットスポーツの名に恥じずレースシーンでも活躍し、ヨシムラジャパンは2000年シーズンの全日本選手権をハヤブサで参戦。鈴鹿8時間耐久レースでは総合6位に入賞している。一方、ストリートユースでは豊富なトルクとクセのない割と素直なハンドリングから、初心者からベテランまで幅広い層に支持されている。また絶大な直進安定性は、スポーツライドはもちろんツアラーとしても優れた性能を発揮する。

1999年の発売以来、2007年まで大きなモデルチェンジは行われず、カタログ上の最高出力では、進化を続けるGSX-R1000等のスーパースポーツマシンが上回る結果となっていた(ただし潜在的な最高速はハヤブサが上回っていた)。しかし、モデル最終年の2007年でも人気は衰えず、新規登録台数も逆輸入スポーツバイクにおいては上位に入っており、オートバイ雑誌「ヤングマシン」誌上の2005年の読者による人気投票では総合1位にも選ばれた。

車名[編集]

当初はGSX1300R Hayabusaの車名で発表され、9年にわたるモデルライフの途中、Hayabusa 1300に変更されたが、テールカウルにはそのままGSX1300Rの表示がなされており、現行モデルも同様である。なおスズキ内のモデルナンバー(型番)はGSX1300RAとなっている。

エンジン[編集]

世界最速のオートバイと呼べるだけあってタイムアタックなどのベース車両に用いられることも多い。
ニュルブルクリンク最速車として知られるRadical SR8
スズキのコンセプトカースズキ・GSX-R/4

同車の高性能なエンジンは四輪車にも流用され、ジムカーナ競技やワンメイクレースに用いられた。例としてスズキ製のフォーミュラカーであるフォーミュラ・スズキ隼やイギリスのレーシングマシン&スポーツカーコンストラクターであるRadical Sportscars社が製造したSR4が挙げられる。なお、ニュルブルクリンク北コースにおける2009年9月28日時点での市販車最速記録を保有していた同社のSR8にはハヤブサのエンジンを2機使いV型8気筒化したオリジナルエンジンが搭載されていた。

加速性能[編集]

発進加速はゼロスタートから各速度に到達するまでのタイム。中間加速は60km/hからフル加速し、各速度に達するまでの時間である。ギアはトップ(6速)を使用している。計測は車体にセットされたセンサーからの信号を車載コンピューターで読み取って行なう方式でドイツモトラッド社が実施した。

発進加速

  • 0→100km/h 2.6秒
  • 0→120km/h 3.3秒(ここまで1速ギアで加速)
  • 0→140km/h 4.0秒
  • 0→160km/h 5.2秒
  • 0→180km/h 6.4秒(ここまで2速ギアで加速)
  • 0→200km/h 7.9秒(3速ギア)

中間加速(6速ギアのみ)

  • 60→100km/h 3.7秒
  • 60→140km/h 7.2秒
  • 60→160km/h 9.0秒
  • 60→200km/h 12.9秒

400m加速(ゼロヨン

  • 0-400m  9.9秒(1999年モデル)

最高速

  • 312km/h(1999年モデル)

ギアMAX速度

  • 1速→128km/h
  • 2速→173km/h
  • 3速→220km/h
  • 4速→261km/h
  • 5速→295km/h
  • 6速→321km/h


初代[編集]

HAYABUSA 1300
(GSX1300R Hayabusa)
2007ModelwitLE.jpg
2007年モデル
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー スズキ
エンジン 1,299cc 4ストローク
水冷DOHC4バルブ直列4気筒
内径x行程 / 圧縮比 81.0mm x 65.0mm / 11.0:1
最高出力 128.7kW(175PS)/9,800rpm
最大トルク 138Nm(14.1kgf・m)/7,000rpm
乾燥重量 215kg
テンプレートを表示

1998年9月に開催された、ドイツインターモトショー98で発表され、1999年に発売された。

歴史[編集]

オートバイとしては珍しい茶系統の配色がなされた初代のカラーリングは、短命で終わったもののその存在感を際だたせた。

1999年仕様[編集]

1999年 Metalic Saturn Black×Metalic Light Charcoal

以下のカラーバリエーションで発売された。

  • メタリックライトコパーブラウン×メタリックエキューシルバー
  • メタリックサターンブラック×メタリックライトチャコール
  • キャンディアンタレスレッド×キャンディサターンブラック

2000年仕様[編集]

カラーバリエーションが以下のように改められた。

  • パールスズキディープブルー×メタリックソニックシルバー
  • キャンディベルベティーレッド×メタリックアーバングレー
  • メタリックサターンブラック×メタリックライトチャコール

2001年仕様[編集]

カラーバリエーションが以下のように改められた。

  • パールスズキディープブルー×メタリックソニックシルバー
  • キャンディベルベティーレッド×メタリックギャラクシーシルバー
  • パールノベルティブラック×メタリックギャラクシーシルバー

2002年仕様[編集]

カラーバリエーションが以下のように改められた。

  • パールスズキディープブルー×メタリックソニックシルバー
  • キャンディグランドブルー×パールノベリティブラック
  • メタリックソニックシルバー×メタリックギャラクシーシルバー
  • メタリックファイングレー(日本向け特別色)

2003年仕様[編集]

カラーバリエーションが以下のように改められた。

  • キャンディバーニングコパー
  • パールディープシーブルー
  • パールスズキディープブルー×メタリックソニックシルバー
  • メタリックソニックシルバー×メタリックフリントグレー
  • メタリックフリントグレー×パールノベリティブラック

2004年仕様[編集]

カラーバリエーションが以下のように改められた。

  • パールスズキディープブルーNo.2×メタリックソニックシルバー
  • パールスズキディープブルーNo.2×パールネブラブラック
  • メタリックプラムパープル×パールネブラブラック

2005年仕様[編集]

バッテリー負担を軽減するセルモータ稼動時にヘッドライトを自動で消灯する機能が追加され、タンクロゴがSUZUKIからSのエンブレムへ変更、ウインカーレンズがクリアタイプに変更、加えて限定色の発売とカラーバリエーションが以下のように改められた[2]

  • メタリックファントムグレー(限定色)
  • パールスズキディープブルーNo.2×メタリックソニックシルバー
  • パールクリスタルレッド×パールネブラブラック
  • メタリックオートグレー×パールネブラブラック

2006年仕様[編集]

限定仕様が発売され、カラーバリエーションが以下のように改められた[3]

  • パールグラスホワイト×メタリックソニックシルバー(限定仕様)
  • メタリックオートグレー×キャンディインディブルー
  • パールネブラブラック×キャンディソノマレッド
  • パールネブラブラック×メタリックファントムグレー

2007年仕様[編集]

カラーバリエーションが以下のように改められた[4]

  • パールビガーブルー
  • キャンディソノマレッド
  • パールネブラブラック

リコール[編集]

1999年及び2000年モデル

チェーンテンショナー(アジャスター)交換。対策済み車両はOKシールが貼ってある。


2代目[編集]

HAYABUSA1300
SuzukiHayabusa2008.jpg
2008年モデル
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー スズキ
エンジン 1,340cc 4ストローク
水冷DOHC4バルブ直列4気筒
内径x行程 / 圧縮比 81.0mm x 65.0mm / 12.5:1
最高出力 145kW(197PS)/9,500rpm
最大トルク 155Nm(15.8kgf・m)/7,200rpm
乾燥重量 215kg
テンプレートを表示

2007年7月発売。モデルイヤーとしては2008年モデルになり、最初のフルモデルチェンジとなった。

2009年3月タイヤメーカーのピレリはイタリアのナルドテストコースにおいて、同社のANGEL STを装着したHAYABUSA 1300により、24時間連続走行における平均速度の最速記録に挑戦し、走行距離5135.071km 平均時速213.96km/hの世界新記録を樹立した。

エンジン[編集]

エンジンは排気量が1299ccから1340ccに拡大され、最高出力は197psまでパワーアップされた。

SDTV (Suzuki Dual Throttle Valve)、ツインフューエルインジェクター、チタン製吸排気バルブ、S-DMS[注釈 2]なども新たに導入された。

最高速

400m加速(ゼロヨン

  • 0-400m 9.678秒[6] 

車体構成[編集]

フロントブレーキはラジアルマウントとなり、車体も各部が改良を受けている。

歴史[編集]

2008年仕様[編集]

フルモデルチェンジが行われ、カラーバリエーションは以下のように改められた[7]

  • キャンディマックスオレンジ×パールネブラブラック
  • メタリックファントムグレー×パールネブラブラック
  • パールミラージュホワイト×メタリックミスティックシルバー
  • キャンディインディブルー×パールネブラブラック

2009年仕様[編集]

カラーバリエーションが以下のように改められた[8]

  • グラススプラッシュホワイト×メタリックミスティックシルバー
  • パールネブラブラック×メタリックファントムグレー
  • メタリックオートグレー×メタリックミスティックシルバー
  • ソリッドブラック×メタリックマジェスティックゴールド

2010年仕様[編集]

カラーバリエーションが以下のように改められた[9]

  • パールネブラブラック
  • キャンディインディブルー
  • パールミラージュホワイト

2011年仕様[編集]

カラーバリエーションが以下のように改められた[10]

  • パールネブラブラック
  • パールネブラブラック(一部に赤)
  • キャンディインディブルー
  • パールミラージュホワイト

2012年仕様[編集]

2012年モデル Pearl Glacier White

カラーバリエーションが以下のように改められた[11]

  • パールネブラブラック
  • キャンディソノマレッド
  • パールグレイシャーホワイト

2013年仕様[編集]

ブレーキシステムが大きく改良され、フロントブレーキキャリパーが同車初のブレンボ製(モノブロック・ラジアルマウント対向4ポット)となり、同車初のABSも搭載された。

また、カラーバリエーションが以下のように改められた[12]

  • パールグレイシャーホワイト×メタリックオールトグレー
  • グラススパークルブラック×メタリックオールトグレー
  • マーブルデイトナイエロー×グラススパークルブラック

リコール[編集]

FMC後初のリコールが発生。(対象車台番号 JS1GX72A*82100020~JS1GX72A*82112289)

不具合の内容

車両組み立て時におけるイグニッションスイッチ電気配線が不適切で、ハンドル操作の繰り返しにより、電気配線が屈曲の大きな部分で断線することがあり、最悪の場合、ヘッドライトが消灯し、エンジンが停止して再始動できなくなる可能性がある。

改善措置の内容

イグニッションスイッチの配線を点検し、組付け位置が不適切なものは、当該配線部分を交換すると共に、正規の組付け位置にする。

2014年仕様[編集]

(ハヤブサ)
No motorcycle.png
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー 日本の旗スズキ
車体形式 EBL-GX728
エンジン X704型 1339cc 4サイクル
水冷DOHC4バルブ直列4気筒
内径x行程 / 圧縮比 81mm x 65mm / 12.5:1
最高出力 145kW 197PS/9500rpm
最大トルク 155N・m 15.8kgf・m/7200rpm
車両重量 266kg
テンプレートを表示

2013年までに16万5千台が生産され、うち2万台が逆輸入[13]により日本で販売されたほどの人気モデルであるが、日本国内では平成13年騒音規制により正規の販売が行えない状況下にあった。しかし平成26年騒音規制が施行され、騒音の数値基準が欧州と同等になり、欧州仕様車の正規発売が可能となったことから、2014年2月10日より日本国内でも正式に発売される。

車両は2013年の欧州モデルと同一のスペックで、エンジン出力は日本メーカーが正規で発売する車両としては最大の197PSとなる。なお日本向け仕様としてETCが国内二輪車としては初めて標準で搭載される。

日本国内での車名は (ハヤブサ)で、 漢字表記の車名はスズキとしては「」「薔薇」以来のものとなる。

同名エンジン[編集]

太平洋戦争後のエンジン付自転車全盛時には、ホンダトーハツなどのエンジンともに「ハヤブサ」という名称のエンジンが存在した[14]

参考画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ヤングマシン誌のテストでは303km/hを記録
  2. ^ スズキドライブモードセレクター。出力特性を3段階から選べるシステム。
  3. ^ 4輪雑誌「Super EDGE」のテストにおいてアケボノテック高速周回路において記録。

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]