乗り物に関する世界一の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

乗り物に関する世界一の一覧(のりものにかんするせかいいちのいちらん)は、乗り物の世界で一番や一位の一覧。

世界で製造数が最も多いバイク(ホンダ・カブ)
世界一売れた自動車(フォルクスワーゲンのビートル)
世界一速い市販バイク(スズキの隼)
製造数が世界最大の航空機(セスナ 172)

自動車[編集]

速度[編集]

大きさ[編集]

  • 世界一高いリムジン - 高さ約3.33 m (10フィート11インチ)。ギネス認定。
  • 世界一小型の自動車 → ピール・P50。1人乗りで、全長134cm・全幅99cm・全高120cm、重量59kg、単気筒・排気量49cc。日本ではミニカーになる。
  • 世界一車高の低い電気自動車 → “MIRAI(ミライ)”おかやま山陽高等学校の自動車科の生徒が制作した。車高の高さは18インチ以下となる45.2cmで2011年6月にギネス世界記録に認定された。ナンバープレートを取得済みで公道走行が可能。

販売台数[編集]

オートバイ[編集]

速度[編集]

  • 公道走行可能な市販車で世界一速いオートバイ → スズキ・GSX1300Rハヤブサ谷田部で行われた最高速テストで312.29km/h(実測値)を記録。1999年スズキが発売。発売当時ギネスブックにも世界最速市販車として認定された。また、ある雑誌の企画にて後継機の2008年モデルで・リミッターカット済のノーマル車両で非公式ながら333.95km/h(実測値)を記録した。リミッターカット状態での公道走行は禁止。
  • 量産されている市販車で世界最大の馬力 → ヤマハ・VMAX、200ps(147kw)
  • キャブレター仕様のオートバイとして市販車最速 → ホンダ・CBR1100XXスーパーブラックバード 、(1998年モデルまで。1999年以降は燃料噴射装置化)。発売当時、雑誌の企画にて303km/h(実測値)を記録。ミラーを取り外し、純正タイヤをスポーツタイヤに変更して記録。完全ストック状態でも287.3km/hを記録。
  • 購入できる、世界最速のオートバイ → MTT・タービン・スーパーバイク。公称最高速度402.3km/h、0-400m加速は9.800秒。ガスタービンエンジン搭載。2002 - 2003年に米国のマリン・タービン・テクノロジー社が発売した。日本でのナンバー取得及び公道走行は、エンジン特性などの事情により不可能と思われる。
  • ライダーの体が露出した通常のバイクタイプで、最も速いバイク → 米国で2011年7月17日に記録。311.94マイル/h(501.94km/h)。GSX1300Rハヤブサのエンジンにターボチャージャーをつけたものがベースで、通常のピストンエンジンである。バイクの外見はGSX1300Rハヤブサの原型をとどめておらず、ナンバー取得、公道走行は当然不可能。
  • 史上最高速度のバイク → ライダーの身体が完全にカバーで覆われた、ストリームライナーと呼ばれるタイプで、2009年に米国で記録。367.382マイル/h(591.244 km/h)。エンジンは普通のピストンエンジンで、ターボチャージャー搭載の3000ccの16バルブ4気筒エンジン。
  • シットオンタイプでは世界最速 → CBR1000RR の時速426km/h チューニングのみでノンターボ。

大きさ[編集]

販売台数[編集]

鉄道[編集]

戦車[編集]

船舶・艦艇[編集]

パワー[編集]

大きさ[編集]

潜水艦
  • 世界最大の潜水艦 → タイフーン級原子力潜水艦 。全長:172.8メートル、水中排水量:48,000トン。
  • 通常動力で動く世界最大の潜水艦 → 伊四〇〇型潜水艦。全長:122メートル。水中排水量:6,560トン。
  • 世界一深く潜った有人潜水艇 → トリエステ、約10,900メートル。
  • 現在航行している潜水艇の中で、世界一深く潜れる有人潜水艇 → 蛟龍号 (en) 、最大潜航深度7,062メートル。
  • 世界一深く潜った無人深海探査機→ かいこう 、10,911.4メートル。事故によりビークル部分を喪失し、改装後は最大潜航深度7,000メートルとなっている。

飛行機[編集]

速度[編集]

航続距離・パワー[編集]

大きさ[編集]

  • 世界最大の実用輸送機 → An-124
  • 世界一乗客定員の多い旅客機 → エアバスA380、525人(エアバス社の提案でファーストビジネスエコノミーの3クラスを混在させた場合による。もし全席をエコノミークラスのみに設定すれば、最大で853人搭乗できるといわれている)。
  • 世界一重い(最大離陸重量の大きい)航空機 → An-225 、約600トン。これ以外にも2004年国際航空連盟はAn-225について240の記録をギネスに申請した。
  • 世界一小さな(有人)ジェット飛行機 → BD-5J。全長3.66m、翼幅5.2m、重量163kg(燃料含まず)。

生産数[編集]

値段[編集]

  • 世界一高価な飛行機 → B-2、一機約20億ドル。

ヘリコプター[編集]

飛行船[編集]

飛行艇[編集]

  • 世界最大の翼幅の飛行艇かつ航空機。→ H-4「スプルース・グース」、全幅97.51m、全長66.65m、全高は24.18m。(英語版にある比較図)。
  • 実用化された世界最大の飛行艇 → 二式飛行艇 (通称「二式大艇」)。全幅38.00m、全長28.13m、全高9.15m。

気球[編集]

  • 世界一高い高度まで上った無人気球 → JAXA BU60-1号機。2002年5月23日岩手県にある三陸大気球観測所(2007年9月27日をもって閉鎖)から放たれた後、高度53.0kmを記録[3]

ロケット[編集]

宇宙探査機[編集]

  • 有人最速度記録 → アポロ13号、マッハ33[4]第二宇宙速度)。
  • 地球からもっとも遠い位置にある人工物体 → ボイジャー1号 。2010年6月10日の時点で地球から約170億6000万km離れており、それからも太陽との相対速度が秒速17.073kmで離れ続けている。

エレベータ・エスカレータ[編集]

速度[編集]

大きさ[編集]

  • 世界一長いエスカレーター → 中環至半山自動扶梯(香港中環ビルのヒルサイドエスカレーター)。40mのエスカレーターを23基縦列接続し、総延長800m。
  • 世界一長い支柱の無い(両端でのみ支えられた)エスカレーター → CNNセンターのアトリウムに設置されているエスカレーター - 62m。
  • 世界一短いエスカレーター → 川崎駅東口、岡田屋モアーズ地下の「プチカレーター」。日立製作所製。高低差83.4cmも世界最小。(川崎アゼリアがモアーズの地下1・2階中間部に位置してしまい、段差解消の為このようにされたという)

ローラーコースター[編集]

速度・加速度[編集]

高度・落差[編集]

距離[編集]

角度[編集]

  • 落下角度が世界一のローラーコースター → 高飛車 最大落下角度は121度。-富士急ハイランドにある。
  • 落下角度が世界一の木製ローラーコースター → ゴライアス。落下角度は85度。

回転[編集]

  • 世界一回転数の多いローラーコースター → ええじゃないか 座席の総回転数は14回。富士急ハイランドにあるレールのループとひねり。
  • レールのループとひねりの数が世界一のローラーコースター → コロッサス。ループとひねりの数は10回。

観覧車[編集]

高度[編集]

メリーゴーランド[編集]

歴史[編集]

その他のアミューズメント・マシン[編集]

その他[編集]

  • 世界一長い自転車 - 全長28.1 m。ギネス認定。 
  • 世界一速い乗用芝刈り機 - 時速187.6キロ。ホンダのHF2620改造モデル。ギネス認定[5]。エンジンをスポーツバイクのものに換装しているが、芝刈り機能は装備されたままである。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ロードスター/MX-5が累計生産90万台で再度ギネスに、AUTO SPORT web 2011年4月14日
  2. ^ a b Experimental / New Technologies 国際航空連盟ウェブサイト記録ページ 2013年12月3日閲覧。
  3. ^ 宇宙航空研究開発機構 (2003年11月10日). “大気球特集 高度50km以上を目指す気球の研究”. 2008年9月21日閲覧。
  4. ^ 真空中の物体速度は通常は「マッハ」では表現しないが、航空機とのわかりやすく比較、説明するために便宜上用いることがある。
  5. ^ ホンダ、最高速187.60km/hで芝刈機の世界最速ギネス記録を達成 - Car Watch

関連項目[編集]