スズキ・TL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スズキ・TL(ティーエル)とはスズキが製造販売していたスポーツタイプの大型オートバイである。

解説[編集]

排気量は1000ccのみが設定され、90度V型2気筒エンジンを搭載する。ハーフカウル仕様のTL1000Sとフルカウル仕様のTL1000Rの2モデルが設定され、それぞれストリートユースとレースユースを視野に設計されている。 10馬力アップのTL1000R のが過激な印象を受けるが、TL1000S の方が乗り味の違いから過激とする声もある[誰?]。これに関しては初期型(1997年~)のTL1000Sのフライホイールが低速でエンストしやすいほど軽量だったことが大きな乗り味の違いになった。その後、1998年以降はフライホイールが低速でエンストし難いよう、かなり重いものに変更され、乗りやすくなったとともに過激さがなりを潜めた。

2000年までは輸出仕様車を日本の自主馬力規制にあわせてパワーダウンした日本国内向け仕様車が販売されていたが、日本市場におけるVツインスポーツ車というジャンルがまだ確立されていない時期に発売されたせいかセールスは決して順調だったとは言えなかった。エンジンそのものはカジバ社のV-ラプトール1000など外国メーカーに採用されているが こちらはラムエアインテークのない自然吸気のエンジンだったため、高速領域でのラムエアー加圧はなかった。

後継車種としてスズキ・SVが2003年に発売された。

TL1000S[編集]

TL1000S (1997年)

1997年に発売された。スズキ初のリッターツインマシンとして随所に革新的な技術が投入された。

スポーティーなイメージのハーフカウルに独特のフレームワークを持つアルミトラスフレームを採用する。

エンジンは995cc水冷4ストローク90度V型2気筒エンジンが搭載され、高回転域で確実なバルブ開閉を行うためのセミカムギアトレーン機構・吸入空気を圧縮して、高速域で過給器的な効果を果すラムエア機構が取り入れられた結果、輸出仕様125psのハイパワーを発揮する。

燃料供給は旧来のキャブレターにかわり低回転時にはエンジン回転数と吸気圧・高回転高負荷時にはエンジン回転数とスロットル開度で空燃比を算出する2ステージ制御燃料噴射装置が採用され、リアサスペンションにはバネとダンパー部がそれぞれ独立したロータリーダンパーが採用された。

初期型はクランクのフライホイールが軽く、燃料噴射のセッティングが発展途上のものであったためかエンスト多発・低速域での扱いづらさなどが目立ったが、後期型ではフライホイールが重くなり燃料噴射のセッティング・カムセッティングなどが最適化された。

発売後、加速時にハンドルが不安定になることが判明。リコールが行われ、ステアリングダンパーを取り付ける対策が講じられた。当時はステアリングダンパーが純正部品として用意されることは珍しく、トップブリッジ上部に取り付けられたダンパーは、異観を放つ存在となった。

TL1000R[編集]

1998年に発売された。先行発売のTL1000Sのレース対応仕様として登場する(実際にはGSX-R750のインジェクション仕様の熟成のためレース活動で陽の目を見ることはなかった)。一目で判るほど特徴的なデザインのカウル形状は空力の追求によるもので、シングルシートカウルはらくだのこぶのような形状をしている。フレームはコンベンショナルなアルミツインスパーフレームが採用され、エンジンはTL1000Sより軽量・高強度を持つ鍛造ピストン・高回転域での燃料供給を確保するため、1気筒辺り2つのインジェクタの2ステージ制御燃料噴射装置が採用され輸出仕様135psのハイパワーを絞り出す。

リアサスペンションにはTL1000Sより大容量化・温度補償機能が付いたロータリーダンパーがセットされエンジン・足回りともハード志向のセッティングとなっている。レースユースを見こして採用されたツインインジェクターは、低速域の扱いやすさと燃費の向上を副次的にもたらし、ツーリングにも十分適用できる特性を持つ。