カジバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カジバCagiva )は、イタリアにかつて存在したオートバイメーカーであり、そのブランドである。

概要[編集]

1950年にジョヴァンニ・カスティリオーニ(Giovanni Castiglioni )が金属部品製造会社として創業した。社名は創業者のイニシャルである「CA(カスティリオーニ)」と「GI(ジョヴァンニ)」、創立地ヴァレーゼのイニシャル「VA」をあわせたものである。

1978年に創立者の息子であるクラウディオ・カスティリオーニ(Claudio Castiglioni )とジャンフランコ・カスティリオーニ(Gianfranco Castiglioni )兄弟がアエルマッキを買収しオートバイ製造を開始。1983年ドゥカティと提携し、その後資金難に陥ったドゥカティを1985年に買収、ハスクバーナのオートバイ部門を1986年に買収、モト・モリーニ1987年に買収、MVアグスタの商標権を1992年に獲得、CZを1993年に買収し、わずか10数年で巨大バイクメーカーに成長した。この時期にはロードレース世界選手権ダカール・ラリーといった積極的なレース活動を行ない、いくつかの成績も残している。

しかしオートバイ市場の競争激化などから経営危機に陥り、再建策のひとつとして1999年にドゥカティを売却。その後MVアグスタのブランド復活とともに社名もMVアグスタグループと変更し、カジバはそのブランドとなった。なお2008年にMVアグスタグループが販売不振を背景としてハーレーダビッドソンに買収されたことからカジバブランドもハーレーダビッドソンが所有することになったが、2009年にハーレーダビッドソンも業績不振からMVアグスタの売却を表明したことにより、カジバは2010年に創業者一族の元へ戻ることになった。

車種[編集]

カジバ・ブランドとして販売の車種のみを列記する。

現行車種[編集]

  • ラプトール・シリーズ
    • エクストラ・ラプトール
    • V-ラプトール1000
    • ラプトール650
  • ミト125

過去の車種[編集]

  • 大・中排気量
    • エレファント
    • グラン・キャニオン
    • ナビゲーター
    • リバー
    • キャニオン
    • ラプトール1000
    • V-ラプトール650
    • アラズーラ
  • 小排気量
    • フレッツィア C12R
    • スーパーシティ125
    • プラネット125
    • ラプター125
    • プリマ50
  • 海外生産車(タイ、台湾)
    • F150S
    • ステラ125
    • ステラ115
    • シティー

モータースポーツにおける勝利記録[編集]

外部リンク[編集]