MVアグスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
MVアグスタのレーサー

MVアグスタMV Agusta )はイタリアオートバイメーカーである。

概要[編集]

創業は第二次世界大戦以前だが、戦後に国際レース活動で高い成績を残したものの、親会社の意向で約30年の活動後、解散する。

その約20年後の1999年カジバの資本参加で再活動している。とはいえブランド名が復活しただけで、1970年代以前とは全く別の会社である。その後2004年マレーシアの自動車メーカー、プロトンの傘下に入るが依然として業績低迷が続き、2005年12月27日にプロトンは全保有株をイタリアの投資会社GEVIにわずか1ユーロで売却することを発表した。その後も業績不振が続き2008年7月11日ハーレーダビッドソンに売却されることで合意したが、2009年10月にハーレーダビッドソンも売却の意向を表明し、2010年に再び元々の経営者グループへカジバと共に復帰した。

元の親会社でヘリコプターメーカーについてはアグスタを参照。

歴史[編集]

創成期[編集]

戦後、オートバイの生産開始[編集]

  • 1945年 - 大戦終結。これにより敗戦国となったイタリアは航空機の生産を禁止され、アグスタはモペッドから発展したオートバイの生産を主力とした子会社MVアグスタ(メカニカ・ヴェルゲーラ・アグスタ:ヴェルゲーラは会社のあった地名)を設立。
  • 1948年 - 性能のアピールのためレース部門を設置、ロードレースに参加し初勝利をあげる。レース活動を行うにあたっては、単気筒モデルの設計にベネリから、また4気筒500ccモデルの設計にはジレラドゥカティなどライバル社から有能な人材を引き抜き、高性能化を推し進める。またジャコモ・アゴスチーニ(MVアグスタのマシンで世界タイトルを13獲得)、ジョン・サーティースマイク・ヘイルウッドフィル・リードタルクィニオ・プロヴィーニなどをライダーに迎え、数々の戦歴を挙げることとなる。
  • 1952年 - ロードレース世界選手権(WGP)・125ccクラスでセシル・サンドフォードがワールドチャンピオンのタイトルを獲得する。
  • 1956年 - WGPの125cc・250cc・500cc各クラスにおいてワールドチャンピオンのタイトルを獲得する。
  • 1958年 - WGPの125cc・250cc・350cc・500cc各クラスにおいてワールドチャンピオンのタイトルを獲得する。また、1958年から1960年までの3年間は125~500ccクラス全クラスのメーカータイトルを獲得する。
  • 1956年から1973年 までの18年間のうち、ジレラの獲得した1957年を除くWGP・500ccクラスのワールドチャンピオンタイトルを獲得。
  • 1956年から1973年 までの18年間のうち、ジレラの獲得した1957年とホンダの獲得した1966年を除くWGP・500ccクラスのメーカータイトルを獲得。
  • 1974年 - WGP・500ccクラスワールドチャンピオンのタイトルを獲得する。これが世界GPにおける最後のタイトルとなった。

1976年のレース撤退(後述)までの間、優勝は通算3,027回、うち世界GPで270回を数え、37個のタイトルを獲得した。この期間に生産された市販車は競技車なみの高性能を誇り[1]、高価で希少なことから、後の「レーサーレプリカ」のはしりとして世界中の垂涎の的となった。特に600/750ccの並列4気筒モデルはWGPマシンのエンジンを拡大したレーシングマシン直系といえるもので、ホンダ・CB750が登場するまで世界唯一の一般市販された横置き並列4気筒バイクだった。

オートバイからの撤退[編集]

  • 1971年 - オートバイに力を入れていた2代目社長ドメニコが死去。弟のコラード・アグスタが後を継ぐ。
  • 1976年 - コラードが社業を航空機に一本化、オートバイ部門とレース部門を解体すると発表する。
  • 1977年 - オートバイの生産ラインを停止、完全撤退する。

ブランド復活[編集]

  • 1997年 - カジバが、かつてのMVアグスタを伝説のものとした「高性能の市販車」の再現を目的としてブランドを取得、「MVアグスタ」を再興する。
  • 1999年 - CRC(Centro Ricerche Cagiva 、カジバリサーチセンター)のマッシモ・タンブリーニをデザイナーに迎え、F4の生産・販売を開始する。
  • 2004年 - プロトンが7000万ユーロで買収する。
  • 2005年 - 伊GEVI社に1ユーロで売却される。
  • 2007年 - ハスクバーナをBMWに売却する。
  • 2008年 - 経営悪化によりハーレーダビッドソンに1億900万ドルで買収される事で合意。
  • 2009年 - ハーレーダビッドソンが売却を発表。
  • 2010年 - カジバ買収直後のオーナー一族による経営に復帰。

生産機種[編集]

1970年代以前[編集]

  • 125S - OHV空冷単気筒。
  • 250S - OHV空冷単気筒。
  • 350S - OHV空冷単気筒。
  • 500S - DOHC空冷3気筒。
  • 750S - DOHC空冷4気筒。ガソリンタンクの下部が丸く広がった独特の形状はディスコボランテ(空飛ぶ円盤の意)と呼ばれた。
750SS
  • 750SS - 750Sのフルカウルバージョンで稀少車。
  • 1000S
  • 750Sアメリカ/1000Sアメリカ - 角型のガソリンタンクやサイドカバーでデザインされたモデル。

再興後[編集]

F4シリーズ[編集]

ブルターレシリーズ[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1970年代以降は日本製バイクの方が上という見方もある。
  2. ^ 平成19年12月1日、伊本社の社名変更に伴い「カジバジャパン」から社名を変更