ジレラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジレラ4

ジレラGilera )は、イタリアアルコレオートバイ製造会社(メーカー)。1969年ピアッジオに買収されてからは、ジレラは同社が所有する6つのブランドのひとつとなった。

歴史[編集]

創業からレース界での活躍まで[編集]

ジレラは、1909年にジュゼッペ・ジレラが創業した。同社は、世界で初めてオートバイ市販を行った[1]

1935年にジレラはロンディネ(Rondine)から四気筒エンジンの権利を買い取り、100ccから500ccまでの4サイクルオートバイ製造に集中し、1937年には当時の最高速度170mphを記録した[2]。この代表格が1939年の『Saturno』であり、後40年近くに亘るレース界での活躍の端緒ともなった。

第二次世界大戦後に開催されたロードレース世界選手権初期、ジレラは500ccクラスを席捲した。ウンベルト・マセッティジェフ・デュークリベロ・リベラッティを擁し、8年間で6度のチャンピオン輩出を遂げた。しかしながら、戦後の自動車ブームのためにオートバイの販売は減少し、会社の収益は悪化した。1957年の選手権を最後に、ジレラは他のイタリア系オートバイメーカーとの紳士協定に基づき、経費削減のためにレース界から手を引いた。

ピアッジオ傘下でのジレラ[編集]

1969年にピアッジオの傘下に加わった後、ジレラは小型から大型までのスクーターを中心としたブランドとなった。これらはピアッジオを代表するスクーター・ベスパとは路線を異にするスポーティーなシリーズとして位置づけられている。

ジレラ125CX2(2006年)

ジレラはレースにも復帰し、1991年にはダカール・ラリーへ出場[3]。1992年からはGPにもマシンを送り出し、2001年ロードレース世界選手権125ccクラスではマヌエル・ポジアーリの運転によりチャンピオンを獲得した。2000年代からは、スポーツバイクも発表している。

主なモデル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ジレラ(Gillera)” (日本語). コネクティングロッド. 2008年1月11日閲覧。
  2. ^ Gillera(ジレラ)社について” (日本語). 武蔵野通信. 2008年1月11日閲覧。
  3. ^ スピードの挑戦、ジレラ(Gillera)” (日本語). カネバン. 2008年1月11日閲覧。

外部リンク[編集]