KTM (オートバイ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

KTM Sportmotorcycle AG
種類 株式会社
本社所在地 オーストリアの旗 オーストリア
マッティクホーフェン (オーバーエスターライヒ州ブラウナウ・アム・イン郡)
設立 1934年
業種 輸送機械
事業内容 オートバイ
モペッド
自転車の製造販売
主要株主 KTM Powersports AG
主要子会社 フサベル
WPサスペンション
関係する人物 創設者:ハンス・トゥルンケンポルツ
外部リンク www.ktm.com
テンプレートを表示

KTM Sportmotorcycle AG(ケーティーエム スポーツモーターサイクル アーゲー[1])とは、オーストリアオートバイモペッド自動車自転車製造会社である。

概要[編集]

長年オフロードバイクメーカーとして活動してきており、同社のオフロード車はモトクロス世界選手権ダカール・ラリーなどで好成績を収めてきた。そのため性能も高く評価されている。オフロードバイクメーカーとして有名であるが、近年ではロードスポーツバイクも製造している。また別会社で自転車スポーツカーの製作も行っている。

2013年現在、インドバジャージ・オートが親会社であり、スウェーデンのオートバイメーカーフサベルオランダWPサスペンションはKTMグループ傘下にある。

日本国内ではオートバイは現地法人となるKTMジャパン[1]、自転車は株式会社和田商会[2]が取り扱っている。

歴史[編集]

1934年エンジニアであるハンス・トゥルンケンポルツによってオーストリア マッティクホーフェンに設立された。1953年まではKTMとしての製作は行われておらず、金属加工会社「クラフトファールツォイク トゥルンケンポルツ マッティクホーフェン[3][4]」として、従業員20名で1日3台のペースでオートバイ製作をしていたが、1954年その頭文字を取った「KTMブランドとしてのオートバイ製作を始める。1955年には実業家であるエルンスト クロンライフ[5]が同社の主要株主になったことにより、Kronreif & Trunkenpolz Mattighofenに改名している。

デザイン[編集]

1990年以降、KTMオートバイと自動車(X-Bow)はザルツブルクに拠点を置く従業員100名以上企業であるKiska Designによって設計されている。キスカデザインはKTMブランドの責任を負っており、製品、販売店舗、展示会での展示方法やカタログなどの資料、環境意識なども統一された手法により行っており、その確立されたブランドを世界中の顧客に対し提供している。

金融構造[編集]

1992年倒産した際、3社に分割されている。

  • KTM Sportmotorcycles GmbH (1994年に KTM Sportmotorcycle AG と改名)
  • KTM Fahrrad GmbH (自転車部門)
  • KTM Kühler GmbH (ラジエター製作部門)

2005年の事業新年度時にはKTM スポーツモーターサイクル社は8万台のオートバイを世界中に輸出していた。同年ポラリスインダストリーズとのパートナーシップを締結している。契約条件に基づき、両社は国内市場以外に双方での海外市場開拓を行った。KTMは北アメリカにその範囲を拡大し、ポラリスはヨーロッパ市場を開拓した。このパートナーシップは2年限定で試験的行われ、最終的に2社が合併する選択もあったが、2006年KTMはポラリスとの提携の早期終了を発表している。ポラリスにはATV用450cc、525ccRFSエンジンを限定的に供給している。

KTMは現在もマッティクホーヘンを本拠地として年間約8万台のオートバイを生産し、ヨーロッパ第2位のメーカーに成長、世界12カ国以上の国に販売子会社を持っている。

2007年11月インド二輪メーカーであるバジャージ・オート株式会社はKTMパワースポーツ社の株式14.5%を取得した。KTM社は水冷4ストローク125cc、250ccのエンジンの共同開発を、バジャージ社はインド国内や近隣諸国でのKTM製品の販売に対する供給の協力協定を締結し出資率が20%に上がり、2009年には31.72%[6]2011年には39.03%へと引き上げ筆頭株主となる。[7].

2008年1月にヨーロッパ、極東向けの新型125ccオートバイの共同開発を行うとバジャージ社が発表し、2011年より Duke125/200 がバジャージ社によりインドで生産されている。

スポンサーシップ[編集]

KTM SX-F
KTM 125 ミカ・カリオ仕様車

KTMはモトクロス世界選手権AMAモトクロスAMAスーパークロスといったモトクロスレースに伝統的に力を入れている。近年では、ダカール・ラリーやインターナショナル・シックスデイズ・エンデューロ(ISDE)、アトラス・ラリーなどといったラリーレイドイベントにも積極的に参加し、特にダカール・ラリーでは2002年からモト部門で10連覇中である。また、2003年にはロードレースにも復帰し、125ccクラスを中心にサポートをしている。中でも最も成功したのがモタードと呼ばれる車両を使用したスーパーモタードであり、この新しいジャンルが注目されるようになると、これを機にLC8と名が与えられた新型V-Twinエンジンを搭載した950アドベンチャーを送り出している。

KTM公式チームのチームカラーはオレンジ色であり、これにより力強いブランドイメージを創り出している。明るいオレンジ色のラジエターシュラウドにKTMと描かれているのも特徴である。工場出荷時点で、エンジンオイルモトレックス製である事から、エンジンの一部に同社ステッカーが貼られている。

2004年俳優ユアン・マクレガーチャーリー・ブアマン出演のテレビドキュメンタリーシリーズLong Way Roundロンドンからニューヨーク2万マイル冒険にKTMオートバイが使用される予定であったが、サポート担当のベンチャー企業が出発の僅か数週間前に降板した。背景として、冒険のルート対しKTMが失敗すると判断したため。ユアンが直接電話交渉するも断られる。そのため、BMWがこの冒険のためにBMW R1150GSを寄付しこの冒険を成功させた。[8]

沿革[編集]

  • 1953年 モーターサイクルの生産を開始
  • 1955年 ロードレースに初挑戦
  • 1964年 KTMファクトリーの誕生、I.S.D.E.(インターナショナル・シックスデイズ・エンデューロ)へ参戦
  • 1970年 自社開発エンジンの製造を開始
  • 1974年 ゲンナーディ・モエセフにより、KTM初のモトクロス世界選手権でのチャンピオン獲得
  • 1989年 創業者ハンス・トゥルンケンポルツ急死
  • 1992年 KTM Motor-Fahrzeugbau AG倒産
  • 1992年 スポーツバイクに焦点を絞り、KTM Sportmotorcycle-AG設立
  • 1994年 シェーン・キングがMX500にて世界チャンピオンを獲得
  • 1998年 マッティクホーフェンに新しい工場を建設
  • 2000年 8つの世界タイトル中、6つの世界タイトルを獲得
  • 2003年 ロードレースプロジェクトを再開し、ロードレース世界選手権(MotoGP)・GP125クラスに参戦
  • 2003年 KTM初の2気筒エンジンを搭載した950ADVENTUREの発売を開始
  • 2004年 マレーシアGPセパンサーキット)にてMotoGP・GP125クラス初勝利
  • 2004年 KTM初となる純粋なロードモデル、990 SUPER DUKEの販売を開始
  • 2005年 MotoGP・GP250クラスへの参戦を開始
  • 2006年 MotoGP・GP250クラスで青山博一が勝利をあげる
  • 2008年 同社初の四輪スポーツカー、クロスボウの発売を開始
  • 2008年 MotoGP・GP250クラスより撤退
  • 2009年 インドのバイク会社バジャージ・オートが31.72%の株を取得し筆頭株主になる。
  • 2012年 MotoGP・Moto3クラス(旧GP125クラスの後継)へ参戦開始

注釈[編集]

  1. ^ a b 株式会社 (ドイツ)の項を参照。なお日本法人はドイツ語の読みである「カ・テ・エム」を商号としている。
  2. ^ ktm-japan.co.jp・Press Release - 2012年12月12日 (PDF)
  3. ^ Kraftfahrzeug Trunkenpolz Mattighofen
  4. ^ Kraftf = 造る Fahrzeug = 乗り物の意
  5. ^ Ernst Kronreif
  6. ^ http://www.business-standard.com/india/news/bajaj-auto-gains-7ktm-stake-hike-plan/67595/on
  7. ^ http://www.business-standard.com/india/news/bajaj-raises-stake-in-austrian-bike-maker/435462/ Bajaj raises stake in Austrian bike maker
  8. ^ ユアン・マクレガーが使用した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]