バッジエンジニアリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バッジエンジニアリングBadge engineering )は、自動車業界において兄弟車・姉妹車を別の販売網で売るために商品名やエンブレム、いわゆる車名やブランド名のバッジを変えて販売する手法のことをいう。また、そのようにバッジを変えて販売することをリバッジRebadge )と呼ぶ。

概要[編集]

多くの自動車ブランドを擁するアメリカ合衆国ビッグスリーや、イギリスBMC(現在は消滅)、フランスルノー子会社日産自動車を含む)、日本ではトヨタ自動車やその子会社などに多く見られる。実際にはバッジのみならず、ブランド毎の「伝統」や「価格差」を表現するため、また、販売国の嗜好を反映させるために、ラジエーターグリルや、時には灯火類(前照灯尾灯)まで含めた変更がなされている。

日本では1970年頃から登場し、主に販売チャネルの多さや、傘下のダイハツ工業日野自動車との結びつきが強いことから、トヨタ自動車が得意としている。最近ではディーラー網の統廃合などで乗用車については減りつつある。一方、各社の合理化により、生産車種を絞る傾向にある昨今の風潮のなかで、乗用車大手が小型トラックなど、商用車のラインナップをそろえる際に多用されるようにもなっている。代表的な車種に、いすゞ自動車日産自動車マツダUDトラックス(旧:日産ディーゼル工業)の4社間における系列を超えたエルフの供給関係がある。また、乗用車においてもある特定のジャンルのラインナップ強化は必要と認識しているものの事情(自社開発を断念せざるを得ない理由がある、グループに近似した未発売の車種がある[1]、そのジャンルがそのメーカーの苦手分野である[2]、各種規制等から販売上の有利・不利がある[3]、製品の販路拡大が望める[4]など)により外部から供給する場合もある。変わった事例としては三菱・ギャランフォルティスのようにその市場の特性から、ある特定の市場にのみ異なる名称が与えられるケースもある。更に近年では2代目日産・クリッパーのケース[5]のように「A車のOEM元であったB車がC車のOEMとなり、その結果A車がC車のOEMとなる」という「二重OEM」とでも言うべき状況まで発生している。

フレートライナー・トラックス・スプリンター
ダッジ・スプリンター
フォルクスワーゲン・LT
(次代ではクラフタ―に変更された)

バッジエンジニアリングの例[編集]

※は日本未発売

脚注[編集]

  1. ^ いすゞ・ジェミニGM大宇・ラセッティのようにグループの世界戦略車として仕向け地別にブランドや名称を変えて販売されるケースもある。
  2. ^ かつてCAFE基準が定められた際、アメリカのメーカーが日本車を自社ブランドで販売することがあった。
  3. ^ ジオアスナの各車種はいすゞ大宇自動車などの生産する輸入車であったがアメリカ車(GM車)と見なされたため関税が掛からず、廉価な設定となった。
  4. ^ 時に、デュエット(=ストーリア)のように、本家より姉妹車の方がメーカーのネームバリューや販売力の差などにより多く売れるという逆転現象が起こることもある。
  5. ^ 元々クリッパーは三菱・ミニキャブ(/タウンボックス)のOEMだったが、当のミニキャブ自体がスズキ・キャリイのフルチェンジを機にキャリイ/エブリイのOEMに切り替わった。その結果、クリッパーもキャリイ系のOEMとなり、キャリイ系は元来そのOEMだったマツダ・スクラムと並び日本車でまれに見る4兄弟車種となった。

関連項目[編集]