ロータックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

BRPロータックスBRP-Rotax GmbH & Co. KG )はオーストリアエンジンメーカーである。一般的には単にロータックスと呼ばれる。ボンバルディア・レクリエーショナルプロダクツBRP)の製品(スノーモービル雪上車パーソナルウォータクラフトATVなど)のエンジンを製造していることで知られており、また4ストローク2ストロークを問わず様々なオートバイカート軽飛行機用のエンジンを生産している。過去50年間に350以上のモデルのエンジンを、600万台以上生産している。

歴史[編集]

1920年、ドイツドレスデンにロータックス・ヴェルク社 ( ROTAX-WERK AG ) として設立されたのが最初である[1]。1930年にフィヒテル&ザックス(現ZFザックス)に買収されて活動拠点をシュヴァインフルトに移したが、1943年にはオーストリアのヴェルスへ移り、最終的に1947年からはグンスキルヒェンを拠点としている[1]

1959年、ロータックスはウィーンに本拠を構える自動車や鉄道車両のメーカー、ローナー・ヴェルケ(Lohner-Werke )と合併し、ローナー・ロータックスとなった[1]。1962年には最初のスノーモービル用エンジンを造っている。そして1970年、ローナー・ロータックスはボンバルディアに買収され、ボンバルディア・ロータックスとして当時は同じボンバルディアグループ傘下にあったBRPのATV、パーソナルウォータクラフト、スノーモービルへのエンジン供給を開始した。

かつては2ストロークエンジンだけを製造していたが、1982年を境に4ストロークエンジンの製造を始め、1989年にはタイプ912が航空機用エンジンとして型式認定を受けている。

2003年、ボンバルディアがレクリエーショナル車両部門の売却を決定し、BRPがボンバルディアグループから独立する。ロータックスはBRPの子会社としてBRPロータックスとなった[1]

2008年にはビューエルのオートバイのためにヘリコンと呼ばれる1125ccの水冷4ストローク72度Vツインエンジンを製造した。

主な製品[編集]

スノーモービル用エンジン[編集]

ロータックスの主要製品であるスノーモービル用エンジンは2ストローク/4ストローク、単気筒から3気筒まで、排気量では270ccから1500ccまで、27馬力から150馬力までと、多種多様なラインナップが揃えられている。

  • タイプ1304
  • タイプ995SDI
  • タイプ797R E-TEC
  • タイプ797R
  • タイプ793HO
  • タイプ593HO E-TEC
  • タイプ593HO SDI
  • タイプ593HO
  • タイプ593RS
  • タイプ593SS
  • タイプ552
  • タイプ536
  • タイプ810
  • タイプ453
  • タイプ440
  • タイプ377
  • タイプ277
  • タイプ462

パーソナルウォータクラフト用エンジン[編集]

ロータックスがリリースした4ストロークエンジンは、パーソナルウォータクラフト用エンジンの世界的なトレンドを作り上げた。現在ではパーソナルウォータクラフト用として2ストロークと4ストローク、2気筒と3気筒、130馬力から260馬力までのモデルがある。

  • タイプ1503SC IC
  • タイプ1503SC
  • タイプ1503NA
  • タイプ1503DT
  • タイプ947DI

ATV用エンジン[編集]

ATV用エンジンとしては水冷4ストロークの単気筒モデルと2気筒モデルがある。排気量は400ccから800ccまであり、チェンジペダル付きのギヤボックスを持ったものとCVTのものがある。タイプ810は、スノーモービル用エンジンとしても使われている。

  • タイプ810
  • タイプ660
  • タイプ654DS
  • タイプ490
  • タイプ449
  • タイプ400

オートバイ用エンジン[編集]

  • タイプ1125R - ビューエル向けの通称ヘリコンエンジン。ショートストロークの高回転型Vツインエンジンで、最高出力は146馬力/10,500rpm。
  • タイプV990 - マグネシウム製のシリンダーヘッドクラッチカバーを採用して軽量かつコンパクトにまとめられたスポーツバイク用エンジン。BRPのカンナム・スパイダー・ロードスター用の95馬力モデルと106馬力モデル、アプリリアのスポーツバイク用139馬力モデルがある。
  • タイプ904 - ハスクバーナのNUDA900/900R用、900cc、315°クランク、104馬力。ベースはBMWのF800シリーズ用のタイプ804エンジン。
  • タイプ804 - BMWF800シリーズ用85馬力仕様と、新型のF650GS用71馬力仕様がある。
  • タイプ654
  • タイプ122 - アプリリアのAF1やRS125に搭載された単気筒エンジン。タイプ123の後継モデル。RAVEと呼ばれる排気デバイスを装着した30馬力モデルとRAVEを外した15馬力モデルがある。
  • タイプ123 - 33馬力。

カート用エンジン[編集]

タイプFR125シリーズのパフォーマンスグラフ
  • KART RM1
  • タイプFR125 MAX DD2
  • タイプFR125 MAX
  • タイプFR125 JUNIOR MAX
  • タイプFR125 MINI MAX
  • タイプFR125 MICRO MAX
  • タイプ256 - 250cc2気筒。
  • タイプ257 - 250cc単気筒。

産業用エンジン[編集]

  • タイプ185 - 消火ポンプ用エンジン。航空機用エンジンとしても使用されている。

航空機用エンジン[編集]

軽飛行機やウルトラライトプレーン用のエンジンを製造している。

4ストロークエンジン
  • タイプ914F/UL
  • タイプ912S/ULS
  • タイプ912A/F/UL
2ストロークエンジン
  • タイプ618UL
  • タイプ582UL
  • タイプ532UL
  • タイプ503UL
  • タイプ447UL
  • タイプ377
  • タイプ277

脚注[編集]

外部リンク[編集]