モトクロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モトクロス
スタート
コーナーリング
ジャンプ

モトクロス (MotocrossMX) は、オートバイ競技の一つ。公道を走行する事の出来ないモトクロス競技専用車である「モトクロッサー」を用いて、未舗装のレース専用周回コースで順位を競う。ただし草レースの場合は、モトクロスであっても公道走行可能なオフロード向けオートバイでの参加も認めている場合もある。コースは、丘陵や斜面を利用して造ったり、平坦な土地に土を盛って造る。

概要[編集]

モトクロスはスタートに特徴があり、30台程度のバイクが横一列に並び、スターティングゲートを使用して一斉にスタートする。ただし、予選が行われた場合は、予選上位通過者からスターティンググリットを選ぶことが出来る。

このレースは、起伏に富んだ土の露出したオフロードコースで競われる。コース上にはジャンピングスポットが設けられていることが多いため跳ねたり飛んだりといった三次元的なアクションが多く、レースの進行とともに変化する路面コンディションにより複雑な要素を含んでいる。最高速度は140km/h近くまで出るコースもあり熱狂的な愛好者も多く、世界各地で市民参加の草レースから公式レースまで様々なレベルで行われている。

天候やコース状態の変化を考慮して、周回数で無く規定時間(例:モトクロス世界選手権では35分+1周)で争うよう定められている。

日本国内では日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)が主催する全日本モトクロス選手権をはじめ各地方選手権や販売店やクラブが主催する草レースが開催されている。

また、都市部のスタジアム等に多量の土砂を運び込んでジャンピングスポットに工夫を凝らした特設コースを造り、ショー的要素を大きくしたAMAスーパークロスも北米を中心に興業として多くのファンを集めている。

日本での流行[編集]

日本では第二次世界大戦後(戦後)に進駐軍によって国内にその原型が伝えられた。当時は駐留軍基地の施設内で開催され、米軍人の趣味や娯楽として行われていたが、日本人レーサーも出場していたという。一斉にスタートラインから飛び出して競われる競技スタイルからスクランブル(緊急発進)になぞらえて「スクランブルレース」と呼ばれた。

1959年、第1回スクランブルレースが埼玉県朝霞市で開催。同年、第1回全日本モトクロスが大阪府信太山で開催[1]

この当時のオフロードレーサー(競技用オートバイ)はレース俗称から「スクランブラー」と呼ばれ、市販ロードレーサーモデルのオートバイを軽量化してサスペンションを強化、タイヤを不整地用のダートタイヤに替えたものを使用した。後に市販車の中にもこのスクランブラーとして開発された車種も登場した。

しかし、これらのスクランブラーは現在でいうところのモトクロッサーやデュアルパーパスタイプのマシンよりも、車体の基本構造がロードレーサーのそれをベースとしていたため、不整地走破性は現行のモトクロッサーと比べるべくもなく、コースも現在より起伏は控えめであった。後に不整地走破性に特化したモトクロッサーが登場するようになるとスクランブラーは次第に廃れていき、1970年代頃にはモトクロッサーへと置き換わっていった。1970年代末に発売されたスズキ・SP370は、市販車のうちではこういったスクランブラー直系の最後の子孫となった。

後に本格的なモトクロッサーやエンデューロマシンが市販車として出回るようになると、これらを使ったモトクロスレースが盛んに行われるようになっていった。草レースレベルでは、しばしば乗用車としてのデュアルパーパスマシンを流用したレースも行われるが、レース専用車も一般のバイクショップで取り寄せなどの形を含め購入可能であり、ワゴン車などをトランスポーターとしてレースに参加する愛好者も見られる。

他の競技との関連[編集]

モトクロスは専用のダートコース(土の露出したコース)や人工的に作られた丘などをオフロード用のオートバイで走破する競技である。このため同レース用の競技車両(モトクロッサー)には公道走行で必要となる保安部品は取り付けられない。逆に言えば、保安部品のついたオフロード用バイクはモトクロッサーではない。しかしモトクロッサーのような専用コースを使うレース以外にも、公道を走行するコースがあるエンデューロレースでは、モトクロッサーに前照灯などの保安部品を取り付けたものが使われる。また競技用車両ではなく乗用車として市販される、公道走行のための各種装備(保安部品)が取り付けられたモトクロッサータイプのバイクは、基本的にデュアルパーパスマシン(ないしマルチパーパスマシン)である。

その一方で、ラリーレースのように公道も不整地も同じように走り抜けるものでは、専用設計のラリー仕様車が使われるが、これが一般の利用に即した形でダウングレードされたオートバイ車種としてはデュアルパーパスと呼ばれる、舗装道路の走行を視野に入れたオフロード/オンロード両対応車もある。ただしエンデューロマシンによるレースはあっても、デュアルパーパスタイプをそのまま競技に使うことは稀である。モトクロッサーでは転倒などの際の火災を予防する観点から精々7-8リッター程度の燃料タンクしか持たないところを、ラリー仕様車やデュアルパーパスマシンでは、しばしば10リッターを超える燃料タンクを持つ点も、その構造の違いに挙げられる。

モトクロスレースよりも、更に複雑な地形の走破を目的とした競技には、トライアルが存在する。このトライアル競技では、自然の地形や人工の障害物を設置して、これを規定のコースで足を付かずに走破し、一斉スタートするモトクロスとは違って一台一台が順次コースを巡る点も大きく異なる。この場合はモトクロスレースよりもスピード感には劣るが、より複雑な地形を操車テクニックを駆使して乗り越えるため、よりトリッキーな動作を必要とし、専用の競技車両であるトライアラーは、モトクロッサーよりも更に軽量で簡素な作りとなっており、燃料タンクも極めて小さく3-4リッター程度である。

また、モトクロス競技用の車体であるモトクロッサーに17インチ前後のオンロード向けホイールを装着し、舗装路専用のスリックタイヤなどを履かせて、舗装路(アスファルト)と不整地(ダート)を織り交ぜたコースを走るスーパーモタードが存在する。スーパーモタードはアスファルトをドリフトで走るその過激なライディングスタイルに熱狂的なファンもいる。ただしスリックタイヤでダートを走破するのはタイヤ本来の用法ではないため、格段に高い操作技能を要求される訳だが、これがファン筋にも好まれる。2000年代においては、日本国内はMFJによる全日本格式でMOTO1選手権を頂点に、各地で毎週のようにレースやイベントが開催されている。

出典[編集]

  1. ^ 『写楽』1986年2月号p74小学館

参考書籍[編集]

  • 『ライダーのためのバイク用語辞典』(監修:加藤隆夫・CBSソニー出版)ISBN 4-7897-0040-2

関連項目[編集]