モトクロス・オブ・ネイションズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モトクロス・オブ・ネイションズMotocross of Nations)は、モーターサイクルによるモータースポーツFIMが主催するモトクロス国別対抗戦。年一回開催。モトクロスのワールドカップと称される。旧称はモトクロス・デ・ナシオンMotocross des Nation)。

概略[編集]

現在[編集]

MX1、MX2、オープンそれぞれ一人ずつの国の代表選手で競う。

各クラス20分+2周の予選レースが行われ、各国内でのワーストリザルトを除いた2クラスの順位をポイントとして計算し、トータルポイントの少ない順から上位20カ国が決勝に進出する(21番目以下の国でB決勝が行われる)。

決勝は2クラスの混走のレース1(MX1/MX2)、レース2(MX2/オープン)、レース3(MX1/オープン)の3クラスが行われ、各国内でのワーストリザルトを除いた延べ5人の順位がそのままポイントとなり、少ない国から総合順位を決める。延べ2人以上のリタイアを出したチームは失格となる。

  • MX1 - 2ストローク250ccエンジンまたは4ストローク450ccエンジンの車両
  • MX2 - 2ストローク125ccエンジンまたは4ストローク250ccエンジンの車両
  • オープン

歴史[編集]

1947年から1984年までは500ccのみで開催されていた(250ccはトロフィ・デ・ナシオン、125ccはクプ・デ・ナシオンという別大会があった)。

歴代優勝国[編集]

会場 優勝国 ライダー
1947年 オランダ イギリス ニコルソン、リスト、レイ
1948年 ベルギー ベルギー ジョンソン、コックス、Milhoux
1949年 イギリス イギリス ライン、マンス、Soovell
1950年 スウェーデン イギリス Draper、ホール、ライン
1951年 ベルギー ベルギー Leloup、ジョンソン、Meunier
1952年 イギリス イギリス Stonebridge、ワード、Nex
1953年 スウェーデン イギリス アーチャー、Draper、ワード
1954年 オランダ イギリス ワード、Stonebridge、カーティス
1955年 DEN スウェーデン ニルソン、ランディン、グスタフソン
1956年 ベルギー イギリス スミス、ワード、Draper
1957年 イギリス イギリス スミス、カーティス、マーティン
1958年 スウェーデン スウェーデン ニルソン、グスタフソン、ランデル
1959年 ベルギー イギリス リックマン、スミス、Draper
1960年 フランス イギリス リックマン、カーティス、スミス
1961年 オランダ スウェーデン ニルソン、Tibblin、ランデル
1962年 スイス スウェーデン Tibblin、ヨハンソン、ランデル
1963年 スウェーデン イギリス D・E・リックマン、D・J・リックマン、バートン
1964年 イギリス イギリス スミス、D・E・リックマン、D・J・リックマン
1965年 ベルギー イギリス スミス、イーストウッド、ランプキン
1966年 フランス イギリス Bickers、リックマン、イーストウッド
1967年 オランダ イギリス イーストウッド、Bickers、スミス
1968年 ソビエト ソビエト Shinkarenko、Petushkov、Pogrbniak、Angers
1969年 イギリス ベルギー ロジャー・デコスタ、Teuwissen、ロバート、ゲボス
1970年 イタリア スウェーデン Hammargren、ヨハンソン、キング、アベルグ、ジョンソン
1971年 フランス スウェーデン ジョンソン、アベルグ、ペターソン、Hammargren
1972年 オランダ ベルギー ロジャー・デコスタ、Van Velthoven、バンデビスト
1973年 スイス ベルギー ロジャー・デコスタ、ヘーレン、Van Velthoven、ゲボス
1974年 スウェーデン スウェーデン アベルグ、キング、アンダーソン、ジョンソン
1975年 チェコスロバキア チェコスロバキア Barbovsy、Churavy、Novacek、Velky
1976年 オランダ ベルギー ロジャー・デコスタ、Rahler、ハリー・エバーツ、Van Velthoven
1977年 フランス ベルギー Malherbe、Van Velthoven、ロジャー・デコスタ、Mingels
1978年 イギリス ソビエト Moisseev、Kavinov、Korneev、Khudiakov
1979年 フィンランド ベルギー ロジャー・デコスタハリー・エバーツ、Malherbe、バンデンベルク
1980年 イギリス ベルギー Malherbe、ジョルジュ・ジョベ、Vromans、バンデンベルク
1981年 イギリス アメリカ チャック・サンジョニー・オマラダニー・ラポルテデニー・ハンセン
1982年 スイス アメリカ デビット・ベイリージョニー・オマラ、チャンドラー、ギブソン
1983年 ベルギー アメリカ デビット・ベイリーマーク・バーネットジェフ・ワードブロック・グローバー
1984年 フィンランド アメリカ デビット・ベイリージョニー・オマラジェフ・ワードリック・ジョンソン
1985年 イギリス アメリカ デビット・ベイリージェフ・ワードロン・ラシーン
1986年 アメリカ アメリカ デビット・ベイリーリック・ジョンソンジョニー・オマラ
1987年 アメリカ アメリカ ボブ・ハンナリック・ジョンソンジェフ・ワード
1988年 フランス アメリカ ロン・ラシーンリック・ジョンソンジェフ・ワード
1989年 イギリス アメリカ ジェフ・ワードジェフ・スタントンマイク・キドラウスキー
1990年 スウェーデン/ビンベルビュ アメリカ ジェフ・ワードジェフ・スタントンデイモン・ブラッドショー
1991年 オランダ/バルケンスワード アメリカ マイク・キドラウスキージェフ・スタントンデイモン・ブラッドショー
1992年 オーストラリア アメリカ Liles、マイク・ラロッコジェフ・エミッグ
1993年 オーストリア アメリカ マイク・キドラウスキージェレミー・マクグラスジェフ・エミッグ
1994年 スイス イギリス カート・ニコル、ヘリング、マリン
1995年 スロバキア/スベルペック ベルギー ジョエル・スメッツ(500/フサベル)、マルニック・ベルブーツ(250/スズキ)、ステファン・エバーツ(125/カワサキ)
1996年 スペイン/ヘレス アメリカ ジェフ・エミッグ(500/カワサキ)、ジェレミー・マクグラス(250/ホンダ)、スティーブ・ラムソン(250/ホンダ)
1997年 ベルギー ベルギー マルニック・ベルブーツ(125/スズキ)、ステファン・エバーツ(250/ホンダ)、ジョエル・スメッツ(Open/フサベル)
1998年 イギリス/フォックスヒル ベルギー ステファン・エバーツ(250/ホンダ)、マルニック・ベルブーツ(Open/スズキ)、パトリック・カップ(125/ヤマハ)
1999年 ブラジル/Indaiatuba イタリア アレシオ・キオッディ(125/ハスクバーナ)、クラウディオ・フェデリッチ(250/ヤマハ)、アンドレア・バルドリーニ(Open/ヤマハ)
2000年 フランス/サン=ジャン=ダンジェリ アメリカ リッキー・カーマイケルトラビス・パストラーナライアン・ヒューズ
2001年 ベルギー/ナミュール フランス ルイジ・セギー(125/ヤマハ)、デビッド・ビーラマン(250/ヤマハ)、イブ・デマリア(Open/ヤマハ)
2002年 スペイン イタリア アンドレア・バルドリーニアレシオ・キオッディアレッサンドロ・プッザール
2003年 ベルギー/ゾルダー ベルギー ステファン・エバーツスティーブ・ラモンジョエル・スメッツ
2004年 オランダ/リーロップ ベルギー ステファン・エバーツ(MX1/ヤマハ)、スティーブ・ラモン(MX2/KTM)、ケビン・ストライボス(Open/スズキ)
2005年 フランス/エルネー アメリカ リッキー・カーマイケルアイバン・テデスコケビン・ウインダム
2006年 イギリス/ウィンチェスター アメリカ ジェームス・スチュワート(MX1/カワサキ)、ライアン・ビロポート(MX2/カワサキ)、アイバン・テデスコ(Open/スズキ)
2007年 アメリカ/バッズクリーク アメリカ リッキー・カーマイケル(MX1/スズキ)、ライアン・ビロポート(MX2/カワサキ)、ティム・フェリー(Open/カワサキ)
2008年 イギリス/ドニントンパーク アメリカ ジェームス・スチュワート(MX1/カワサキ)、ライアン・ビロポート(MX2/カワサキ)、ティム・フェリー(Open/カワサキ)

日本代表[編集]

順位 ライダー
1990年 15 東福寺保雄、(500-23/25・ホンダ)、宮内隆行(250-DNF/26・ホンダ)、岡部篤史(125-28/24・カワサキ)
1991年 14 宮内隆行(500-23/23・ホンダ)、田淵武(250-25/32・ヤマハ)、荻島忠雄(125-32/27・スズキ)
1996年 失格 小田切一剛(500-25/29・ホンダ)、榎本正則(250-DNS/DNS・カワサキ)、川島雄一郎(125-29/31・ホンダ)
1998年 失格 熱田孝高(Open-16/DNF)、成田亮(250-17/24・ホンダ)、増田一将(125-DNF/DNF・ヤマハ)
1999年 10 小池田猛(Open-9/15・ヤマハ)、熱田孝高(250-12/18・ホンダ)、加賀真一(125-16/DNF・ホンダ)
2000年 6 高濱龍一郎(Open-14/23・ホンダ)、熱田孝高(250-7/12・ホンダ)、成田亮(125-17/12・ホンダ)
2003年 6 成田亮(スズキ)、増田一将(スズキ)、熱田孝高(ホンダ)
2004年 17 田中教世(MX1-40/DNS・カワサキ)、成田亮(MX2-25/24・ホンダ)、熱田孝高(Open-10/37・ホンダ)
2005年 12 増田一将(MX1-16/17・ホンダ)、小島庸平(MX2-32/33・スズキ)、熱田孝高(Open-9/34・スズキ)
2006年 12 成田亮(MX1-23/27・ヤマハ)、小島庸平(MX2-28/28・スズキ)、熱田孝高(Open-12/30・ホンダ)
2007年 7 成田亮(MX1-36/23・ヤマハ)、増田一将(MX2-23/16・ホンダ)、熱田孝高(Open-8/7・ホンダ)
2008年 17 新井宏彰(MX1-27/33・カワサキ)、北居良樹(MX2-38/37・スズキ)、小島庸平(Open-36/27・スズキ)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]