スズキ・SV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スズキ・SV(エスブイ)とは、スズキが製造販売しているスポーツタイプのオートバイである。 シリーズ車種として数車種が生産されていたが、日本国内仕様車は2006年をもって終了した。 それ以降は、SV650系エンジンを使用する日本国外仕様車のみ生産されている。

SV400S(ハーフカウルモデル)
SV400(ネイキッドモデル)
2004 SV1000S

SV400/S[編集]

SV400は1998年に発売された。4ストローク水冷90度V型2気筒エンジンを搭載しており、スポーツ性を強調したハーフカウルモデルであるSV400Sと、タウンユースを優先したネイキッドモデルのSV400の2種類がある。

当初は前輪ブレーキがシングルディスクであったが、SV400Sは2000年、SV400は2002年にダブルディスクに変更された。定価はSのほうが9万円以上高かった。共に2006年12月をもって生産終了となる。

なお2009年に発売されたグラディウスが後継車種にあたる。

SV1000/S[編集]

SV1000Sは2003年に発売された。以前発売されていたフューエルインジェクション (FI) 採用の同型エンジン搭載車であるTL1000S/Rの評価が良くなかったことから、イメージを一新させるため角調の斬新な車体デザインとなっている。後に下位車種と同じようにネイキッドモデルのSV1000も発売されたが、先に生産が終了されSV1000Sのみに一本化された。 また、400や650と異なり、エンジンにはセミカムギアトレーンを採用している。 なお当時の馬力規制により日本仕様は94psとなっていたが、欧州仕様では120psまで発生させていた。

400と同じく日本仕様は2006年12月に生産終了となった。輸出仕様も2008年に姿を消している。

SV650/S[編集]

SV650は1999年に発売された。当初は400の排気量上位版として、400同様にSV650SとSV650の2車種を発売したが、人気が芳しくなく国内ではそのまま販売終了となった。

しかし輸出先での欧州では人気が高かったことから、後にモデルチェンジを受け1000の排気量下位版として車体構成やエンジンが一新され、K7型からはABS仕様も追加された。また、SV650系エンジンはイタリア・カジバのRAPTOR650にも搭載されている。

2008年9月30日にSV650系エンジンを使用するネイキッドモデルの新型車となるグラディウス(英:Gladius, SFV650)が発表されたが、SV650Sは2011年以降も併売されている。

外部リンク[編集]