スズキ・GR650

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Suzuki GR650 Tempter(日本国外仕様・シートとマフラーは社外品)

スズキ・GR650(ジーアールろっぴゃくごじゅう)は、スズキ株式会社1983年に販売を開始したオートバイ空冷4ストローク直列2気筒で、最高出力53馬力を発生するエンジンを搭載する。

GR650
商品名:GR650 E
No motorcycle.png
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー 日本の旗スズキ
車体形式 GP51A
エンジン P501型 651cc 4サイクル
空冷直2横置
内径x行程 / 圧縮比 77.0mm x 70.0mm / 8.7:1
最高出力 53ps/7000rpm
最大トルク 5.6kg・m/6,000rpm
乾燥重量 178kg
車両重量 190kg
テンプレートを表示

解説[編集]

当時の大排気量車は、各社ともに高出力指向で4気筒化が進められており、新しく設計された大型2気筒エンジンは異色のものであった。また、フライホイールの可変マス機構という画期的な機構を持ち、低速では粘り強く、高回転では軽快なレスポンスを実現していた。しかしながら地味なカラーリング、アップハンドルと段付きシートがもたらす保守的なスタイルが、当時の国内ユーザーには受け入れられなかったこともあり販売量は極めて少数。ただし、日本国外では手頃な中間排気量車として需要も多かったことから、もっぱら輸出用として生産が続けられた。

1990年代前半に生産は終了したものと考えられるが、ホコリをかぶったまま陳列されている新車は、しばらくの間、大型販売店の片隅で見ることができた。