トーハツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トーハツ株式会社
Tohatsu Corporation
種類 株式会社
本社所在地 郵便番号:174-0051
東京都板橋区小豆沢三丁目5番4号
設立 1932年昭和7年)10月20日
(タカタモーター製作株式会社)
業種 機械
事業内容 船外機(小型漁船およびレジャー用)
舟艇
各種ポンプ(特に消防・土木用)
小型全自動消防車
リモコンポンプ積載車
輸送車用冷凍装置
代表者 金子満(代表取締役社長)
資本金 5億円
発行済株式総数 1000万株
売上高 連結:301億2518万7千円
単独:164億1609万1千円
2008年3月期)
営業利益 連結:14億3011万9千円
単独:10億9438万0千円
(2008年3月期)
純利益 連結:4億1893万6千円
単独:4億1381万3千円
(2008年3月期)
純資産 連結:33億1693万1千円
単独:44億9462万2千円
(2008年3月31日現在)
総資産 連結:293億5600万0千円
単独:225億4168万0千円
(2008年3月31日現在)
従業員数 連結:527名 単独:473名
(2008年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 三井不動産(株) 4.00%
朝日生命保険相互会社 3.10%
(株)みずほ銀行 3.05%
(2008年3月31日現在)
主要子会社 トーハツマリーン(株) 50%
外部リンク http://www.tohatsu.co.jp/
テンプレートを表示

トーハツ株式会社Tohatsu Corporation)は、船外機消防ポンプを主に生産販売している日本製造業者トーハツの名で知られる。一頃はホンダを凌ぐ日本一のオートバイメーカーとなったこともある。

概要[編集]

内燃機関の専門家であった高田益三によって1922年大正11年)に設立された「高田モーター研究所」(東京市京橋区)が前身である。発動機付揚水ポンプを生産し、逓信省他に納入した。タカタモーター企業社、タカタモーター製作株式会社を経て、1932年昭和7年)に株式会社に改組、1939年(昭和14年)、「東京発動機株式会社」と名を改めた。

後にオートバイメーカーとして名を馳せることになる同社であるが、第二次世界大戦前は2ストロークガソリンエンジンを主力とし、軍の発電用エンジンを主に生産、軍管理工場となった。戦後は国鉄・漁業・農業向けエンジン等を生産し、1949年(昭和24年)には日本最初の可搬型の消防ポンプを発売した。オートバイ事業に着手したのはホンダより若干遅く、1950年(昭和25年)に前輪駆動のバイクモーター(自転車取り付けエンジン。モペッド参照)「トーハツ・パピー」を発売したが、カブには敵わず、本格的なオートバイを指向することとなった。

初めて世に出たトーハツの本格的なオートバイは1953年(昭和28年)のPK53型であった(2ストローク単気筒98cc)。このモデルは性能が良く、安価であった。1955年度(昭和30年度)には販売業績で日本一となった。ベストセラー車は翌1956年(昭和31年)のPK56型(空冷2ストローク単気筒123 cc)である。当時はメーカーごとに得意な分野があり、4ストローク大型車はメグロキャブトン、2ストローク小型車はトーハツが代表的なメーカーだった。やがてヤマハスズキといった後発メーカーが優れた2ストローク小型車を販売するようになり、不況の嵐の中、東京発動機は1964年(昭和39年)に倒産、会社更生法の適用を受けた。

トーハツはオートレース用オートバイも手がけ、1950年(昭和25年)に船橋オートレース場ができた時から参加し、100 ccクラスでは圧倒的な強さを見せた。

会社更生法適用後は、本社を板橋に移し、トーハツ株式会社として雪上車用エンジン、輸送用冷凍装置船外機1956年発売。日本で最初)、消防ポンプ消防車等の開発・生産を続けており、可搬型消防ポンプでは50%以上の市場占有率を誇る。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]