スズキ・GSX-R/4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
GSX-R/4

スズキ・GSX-R/4(ジーエスエックスアール/フォー)は、スズキ2001年に発表したコンセプトカー

概要[編集]

2001年フランクフルトモーターショー、その直後の第35回東京モーターショーに出品されたコンセプトカー。名前のとおり、スズキの代表的なスポーツバイク、スズキ・GSX-Rをそのまま4輪にしたというコンセプトで設計された。

車両メカニズム[編集]

ボディは専用設計のアルミスペースフレームで、その上に脱着式の樹脂ボディパネルがかぶせられている。

フロント、リアそれぞれのボディ上面にプッシュロッドダブルウィッシュボーンサスのコイルやダンパーがむき出しに装着されているほか、シート背後のロールバーや小ぶりなフロントスクリーンなどによって、オートバイの雰囲気をかもし出している。ボディサイズは全長3,550mm、全幅1,730mm、全高は1,000mmで車重はわずか645kgである。

エンジンは当時世界最速を誇ったオートバイ「」の1.3L直列4気筒エンジンがミッドシップにそのまま載せられ、最高出力175馬力/9,800rpm、最大トルク14.1kgm/7,000 rpmを発揮する。ちなみにレッドゾーンは11,000 rpmである。トランスミッションは6速シーケンシャルMT。

通信を使った「サーキット攻略ナビ」[編集]

このGSX-R/4はかなり走りに特化したスパルタンな仕立てになっているが、それに加えて新しい「走りの楽しさ」を演出するために、通信を使った「サーキット攻略ナビ」というデバイスが装着されている。

これは、通常のカーナビゲーションシステムだけでなく、車両のセッティングを画面上で行えたり、ミニレースなどで自車や対戦相手の位置やタイムが表示されたり、モンスター田嶋監修の「サーキット攻略ガイド」によりリアルサーキットの走行をゲーム感覚で楽しめるシステムが搭載されたものである。

また、走行データを後にリプレイしたり、そのリプレイデータを画面表示して、その前回のデータを追いかけるカタチで実走行でタイムアタックしたりと、レースゲームと同様の世界観を実車に持ち込み、レースゲームのような遊びを現実のサーキットで実車で行なうという、新しい楽しみ方を提案している。

外部との通信データのやりとりをするためのデバイスとして、当時セイコーインスツル社で開発中だった「Wrist Mount Sysytem」(後に「WRISTMO」として発売)のプロトタイプを用いている。これは同社とのコラボレーションによるもの。

デザイン[編集]

デザインは、スイフトMRワゴンセルボアルトラパンなどのチーフデザイナーである結城康和が担当した。

フロントのメタリックレッドに塗られた部分、中央のアルミフレーム、後部の黒無塗装の樹脂を大胆に使ったデザインは、バイクのサイドビューの構成を意識したデザインである。

当時の雑誌のインタビューで結城は「大きな造形はバイクのような構成、色彩はヨシムラカラーのGSX-Rをイメージしました」「古典的なスポーツカーのようなオーガニックなフォルムにしなかったのは、例えばこの車がゲーム中に出てきたときに、小さいポリゴンにされたときでもキャラが際立つようなイメージで、つまりゲームのキャラになりそうなイメージを出したかった」「よく『日本らしいデザインとは?』と議論になる中で、他社では和紙で竹で…というアイデアが出てきているが、実際はゲームやアニメに見る世界観の方が欧米の若い人には期待値が高い。その感覚を表現したかったので、古いスポーツカー好きには理解されにくいかもしれない」と発言している。

また、このGSX-R/4は「二輪のスポーティなイメージを同社の四輪車にも順次展開していく」というメッセージとしての役割もあったようで、その後のCONCEPT-S(スイフトのコンセプトカー)を経て、量産型の2代目スイフトへと繋がるストーリーの出発点としてデザインされていた。それを受けてニューズウィークなどの海外誌では同色の隼とGSX-R/4、そしてCONCEPT-Sが縦に並んだ写真を用いたスズキの企業広告が何度も掲載されていた。

ゲーム「グランツーリスモシリーズ」とのコラボレーション[編集]

GSX-R/4はテレビゲームグランツーリスモ コンセプト 2001 TOKYOグランツーリスモ4グランツーリスモ(PSP)グランツーリスモ5に収録されている。

このゲーム内の車両のデザインは、キャビンまわりをトノカバーに作り替えたゲーム専用のバージョンとなっている。

外部リンク[編集]