トノー (自動車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トノー(Tonneau:発音ta'-no)とは、初期の乗用車で後部座席コンポーネントを指す用語であり、これを装備した乗用車のボディスタイルを表した。現代ではオープンカーのフロントシート後部エリアやピックアップ・トラックの荷台部分を指すのにも用いられている。

概要[編集]

当初のトノーは2座席のベーシックモデルラナバウトや初期型2座席ツーリングカーのオプションとして販売され、固定されて使用された。トノーをつけた車はラナバウトやツーリングカーではなくトノーと呼ばれた。クレストモビル(Crestmobile)などのように、中には取り外し可能なものもあった。フランス語で、樽、容器、カバーの意味で、トノーの座席が半円形の樽状であったところに由来する。

初期のトノーは後方背もたれ中央部がドアを兼ねていて、後部からステップを使い出入りした。ホイールベースが短くトノー部の脇は後輪だったので横に乗り降り口は作れなかった。初期型シートはリアエンジンの上部に高く馬車のように設けられていた。当時は車のスピードもそれほど無かったため、運転席もトノー部も馬車のようなシートであってその周囲を囲って人が落ちないようにする必要も無かった。ホイールベースが伸び、フロントエンジンとなるに従いトノー部は低くなり、トノー脇にドアが設けられるようになりサイドエントランスとなった。片側一枚、両サイドのものがある。これをサイドエントランストノーと呼び、この時点でそれまでのものをリアエントランストノーと呼んで区別するようになった。最初のサイドエントランストノーはピアレスだったが、すぐに他社も追従した。当初はドアはまだ無かった。しばらくしてドアが付けられるようになり、さらにリアのサイドのドアはフロントドアと同じようになってボディに一体化し「進化したツーリングカー」となった。その後ボディは覆われセダンとなる。キャディラックでは1910年モデルだった。オープンモデルはセダンクーペのクローズ状態とオープン状態を変換可能とした「コンバーチブル」となる。

その他[編集]

オープンカー[編集]

第二次世界大戦後の時代になると、トノーはオープンカーコンバーチブルロードスター)のフロントシート後部エリアを指すようになった。フロントシート後方は2座ではコンバーチブルトップの収納に使われたり、4座ではリアシート部や荷物室となっている。この部分を覆うためのハードカバーやソフトカバーを「トノカバー(tonneau cover)」という。

ピックアップトラック[編集]

トノーは米国では現在ピックアップトラックの荷台部分を指しても用いられる。

トノカバー[編集]

日本でのトノカバーとは、一般的にはステーションワゴンハッチバックなどの、荷室の目隠しカバーの意味で用いられる。本来の、オープンカーのキャビン用カバーにも、もちろん用いられている。 ピックアップの荷台の覆いもトノカバーといわれ、防犯上の理由と、耐候性の向上、空力抵抗の低減を目的として用いられる。

ヴォワチュール・トノー[編集]

現代フランスの自動車用語で「Voiture tonneau」(ヴォワチュール・トノー)というと、レストア時などに使用するための、車両の前後を固定し360度回転できる装置をいう。日本ではバーベキューになぞらえてカーバーベキュー(カーベキュー)といわれることもある装置である。