スズキ・セルボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セルボ (CERVO) は、スズキが製造・販売していた軽自動車である。車名はイタリア語牡鹿を指す「Cervo」に由来する。イタリア語での発音ではチェルヴォが近い。

概要[編集]

系譜上はフロンテクーペを始祖とする、パーソナル・ユーズをコンセプトとした2ドアの軽スペシャルティカーである。

歴史[編集]

初代 SS20型(1977年 - 1982年)[編集]

スズキ・セルボ(初代)
SS20型
初代セルボ海外仕様
(SC100型)
1st Suzuki Cervo CX-G.jpg
販売期間 1977年10月 - 1982年6月
デザイン イタルデザイン・ジウジアーロ
乗車定員 4人
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン T5A型 0.539L 直3 2ストローク キャブ
最高出力 28ps/5,000rpm(グロス値)
最大トルク 5.3kgm/3,000rpm(グロス値)
変速機 4速MT
駆動方式 RR
サスペンション 前:ウィッシュボーンコイル
後:セミトレーリングアームコイル
全長 3,190mm
全幅 1,395mm
全高 1,210mm
ホイールベース 2,030mm
車両重量 550kg
データモデル CX-G 4速MT 1977年式
先代 スズキ・フロンテクーペ
-自動車のスペック表-
  • 1977年10月 - 360ccの旧規格によるスポーツカー・フロンテクーペの製造中止から1年4ヶ月を経て、550ccの新軽規格車として発売。新規格に合わせて寸法が拡大されている。基本的には、ジョルジェット・ジウジアーロスタイリングを手がけたフロンテ・クーペの意匠が踏襲されているものの、以下のような変更点がある。

外観では、ヘッドランプを丸型に、フォグランプを角型としてフロントグリル内へ移動、フェンダーミラーをタルボ型からスクエアなデザインに変更、バンパーを大型化するなどの点。ユーティリティーでは、フロンテクーペでは完全な+2仕様だったリアシートを大型化すると共に、可倒式としてラゲッジスペースとして使えるようにもし、併せてリアウインドウをガラスハッチへ変更するなど、大きく手が入れられた。

エンジンは、水冷2ストローク直列3気筒539ccを後部に搭載した、リアエンジン・リアドライブ駆動となっている。ドライブポジションは非常に低く、フロントボンネットの中ほどまで脚を投げ出すというスポーツカー的な運転姿勢であり、基本的に2人乗りという考えで設計されていた(法規上は4人乗りの2+2であった)。

フロンテ・クーペがミニ・スポーツをコンセプトとしたのに対し、このセルボは女性をターゲットとしたパーソナルクーペへと路線変更されている。 グレードはCX-G、CX-L、CXの3種類が存在し、CX-Gのみ10インチスチールディスクホイール(PCDは110mm)&フロントディスクブレーキを装備した足回りを持つが、CX-LとCXは10インチ合わせスチールホイール&総輪(4輪)ドラムブレーキを装備した足回りであった。CX-LのLはLadies仕様を指し、サンバイザーの裏にはバニティミラーを装備。また室内色もCX-Gの黒に対しCX-Lはクリーム色となっていた(CXは廉価仕様)。 トランスミッションは4速マニュアルのみ。サスペンションは4輪独立懸架を採用しているが、低いシルエットを実現するためにそのストロークは短くなっている。CX-Gのインパネは、フロンテ・クーペ同様、時計を含め丸型6連メーターを特徴とする。

当時、軽自動車市場は、税制面で優遇されていた初代アルトに代表されるボンネットバンタイプに人気が集中していたことから、セルボは販売面で成功したとは言い難いものであった。

ヨーロッパへは4ストローク1000ccエンジンを搭載した車種(SC100型)が輸出され、イギリスでは「ウィズキッド (WHIZZKID) 」という名称で販売されていた。より重量のあるエンジンをRRレイアウトに搭載したことによる前輪荷重の不足を補うため、フロントバンパー内にバランスウェイトが装着されていた。この輸出型のエンジンF10Aは、国内向けジムニーにも搭載されていた。

  • 1978年 - マイナーチェンジを受け、前期モデルではハイバック型だったフロントシートがヘッドレスト分離型になるなど小変更。

武蔵工業大学(現:東京都市大学)が研究していた水素自動車の一連の試作車「MUSASHI」シリーズの1977年の3号車「武蔵3号 (MUSASHI 3) 」のベース車両に採用された[1]

2代目 SS40型(1982年 - 1987年)[編集]

スズキ・セルボ(2代目)
SS40型
Suzuki-Cervo2nd.jpg
販売期間 1982年6月 -
1987年12月(生産終了)
乗車定員 4人
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン F5A型 0.543L 直3 SOHC
最高出力 29ps/6,000rpm(グロス値)
最大トルク 4.2kgm/4,000rpm(グロス値)
変速機 2速AT
5速 / 4速MT
駆動方式 FF
サスペンション 前:マクファーソンストラットコイル
後:半楕円リーフ
全長 3,195mm
全幅 1,395mm
全高 1,290mm
ホイールベース 2,150mm
車両重量 535kg
データモデル CS-L 5速MT 1982年式
-自動車のスペック表-
  • 1982年6月 - フルモデルチェンジにより2代目に移行。より女性をターゲットとしたモデルとなり、2速オートマチック車も発売された。スタイリングは先代の2ドア+グラスハッチのスタイルを受け継いでいるが、構造的には全く異なり、初代アルトをベースとして4ストロークエンジンF5Aを搭載した前輪駆動となる。太いBピラーが特徴である。生産性を高めるために、かなりの数の部品やシャシーをフロンテやアルトと共用化している。型式もフロンテと共通のE-SS40となっているが、パーツリストなどではアルトのSS40V・フロンテのSS40S・マイティボーイのSS40Tに対し、SS40Cと区別されている。これらの部品の共通化により、リアーサスペンションにも初代アルトと同様にリーフリジッドが使用されている。派生車種として発売されたピックアップトラックマイティボーイには、セルボの2シーター車という意味あいもあった。
  • 1983年 - スズキで初めてのターボモデルの「CT-G」も追加された。この車種はダミーのエアーインテークをボンネット上に持つ。また、軽自動車で初めてドアミラーが装着された車でもある。
  • 1987年12月 - 生産終了。


3代目 CG72V/CH72V型(1988年 - 1990年)[編集]

スズキ・セルボ(3代目)
CG72V/CH72V型
Suzuki Cervo 1988.jpg
販売期間 1988年1月 -
1990年5月(生産終了)
乗車定員 4人
ボディタイプ 3ドアハッチバック
エンジン F5B型 0.547L 直3 SOHC 12V キャブレター
最高出力 40ps/7,500rpm(ネット値)
最大トルク 4.2kgm/4,500rpm(ネット値)
変速機 3速AT(CG72Vのみ設定) / 5速MT
駆動方式 4WD / FF
サスペンション 前:マクファーソンストラットコイル
後:アイソレーテッドトレーリングリンクコイル
全長 3,195mm
全幅 1,395mm
全高 1,330mm
ホイールベース 2,175mm
車両重量 590kg
データモデル CGXF 5速MT 1988年式
-自動車のスペック表-
  • 1988年1月 - フルモデルチェンジにより3代目に移行。同時に4ナンバーの軽ボンネットバンのみの設定となる。その為初代から続くスペシャリティ路線は踏襲しつつも、クーペからスポーツワゴンを意識したボディへと変化している。

外装は2代目アルトをベースとして主にボディの後部を変更。「ウェービールック」と名づけられた、うねるルーフ形状が特徴。Cピラーが太く、その付け根に「小さな翼」をイメージしたスポイラーを装備。ルーフ前半はスモークガラス製のグラスルーフとなっている。内装はダッシュボードは2代目アルト、ステアリングは2代目アルトツインカムから流用。一方でインテリアコンセプトに「西部劇に出てくるアメリカの子供部屋」を掲げ、フロントシートはグレーとレモンイエローの2トーンバケットシート、リアシートからトランクルームにかけてはグレーを基調としてアクセントにレモンイエローを配色している。また10カ所以上収納スペースを設け、収納力にも配慮している。 エンジンは、新開発F5B型550ccの直列3気筒SOHC12バルブを搭載し、シングルキャブレター式の3気筒SOHC12バルブエンジンでありながら最高出力は40馬力、必要十分な動力性能を持つ。駆動方式は前輪駆動とパートタイム4WDの2種類で、4WDは5速MTのみだが前輪駆動には5速MTとロックアップ機構の3速ATが存在した。 グレードの設定は無い代わりに、AMラジオ、フォグランプ、リアワイパー、運転席シートリフター等が標準装備となっている。後に追加された特別仕様車「ごきげんパック」はエアコン、世界初の電動式パワーステアリング、オーディオとCピラーにDIATONE三菱電機)製スピーカーが装備されていた。 またこのモデルは、女性バイクチームの「チームアンジェラ」がサファリラリーにエントリーし、見事クラス優勝を成し遂げている。

  • 1990年5月 - 軽自動車の規格変更に伴って生産終了。


4代目 CN21S/22S/31S/32S型(1990年 - 1998年)[編集]

スズキ・セルボモード(4代目)
CN21S/22S/31S/32S型
5ドア(前期型)
1990年7月 - 1995年10月
Suzuki Cervo Mode 003.JPG
1990 Sizuki Cervo-Mode 02.jpg
3ドアターボ
Suzuki Cervomode 1990.JPG
販売期間 1990年7月 -
1998年10月(生産終了)
乗車定員 4人
ボディタイプ 3 / 5ドアハッチバック
エンジン 直列4気筒 DOHC 16V インタークーラーターボ
最高出力 64ps/7,000rpm(ネット値)
最大トルク 8.4kgm/3,500rpm(ネット値)
変速機 4速 / 3速AT
5速MT
駆動方式 FF / 4WD
サスペンション 前:マクファーソンストラットコイル
後:アイソレーテッドトレーリングリンクコイル
全長 3,295mm
全幅 1,395mm
全高 1,390mm
ホイールベース 2,335mm
車両重量 730kg
データモデル 3ドア SR-Four 1990年式
別名 欧州:スズキ・アルト
-自動車のスペック表-
  • 1990年7月 - フルモデルチェンジ。車体のジャンルはこれまでのスペシャリティ路線から一転し、オーソドックスな2BOX軽セダンとされた。アルトの上位モデルとしての登場、また、1989年にスバルが果たした軽4気筒化に触発されての、4気筒用モデルという位置づけであった。従来のクーペボディーを捨て、軽自動車の規格変更に伴い660ccに拡大されたエンジンとハッチバックボディを持つ、「セルボモード」へと移行した。このモデルから4ナンバー扱いのバンであったセルボは再度、乗用車専用(5ナンバー)モデルとなった。また、このモデルは乗用車となったアルト[2]のハイクオリティー仕様(豪華仕様もしくはプレミアム仕様)というコンセプトである。エクステリア&インテリアは、効率重視ではなく余裕や遊びを感じさせる一クラス上のデザインと素材を採用していた。また、丸みを帯びた優しいデザインとは裏腹に、当時のホットモデル、アルトワークスの足回りに、軽自動車として初となる直列4気筒DOHC16バルブインタークーラーターボ&ピレリP700を搭載する軽におけるホットハッチモデル「SR-Four」も登場した。当初は3ドアのみの販売であった。ただしこのモデルは、ヨーロッパでは1000ccエンジンを搭載して「アルト」の名前で発売されていた。スズキのインドにおける合弁会社(後に子会社)マルチ・ウドヨグ(現:マルチ・スズキ・インディア)では「ゼン」の名前で生産・販売が行われていた。ワゴンRシャーシが流用されている。
  • 1990年11月 - 5ドア仕様を追加。
  • 1991年9月 - マイナーチェンジ。外観の変更はなく、5ドアLに後席3点式シートベルトとアームレストを、SRターボにパワーウインドウ/ドアロックを標準装備とする。SR-Fourは4輪ディスクブレーキとなる。
  • 1995年10月 - マイナーチェンジで後期型になる。ホイールのPCDがこれまでの114.3mmから100mmに変更になる。フロントグリル、テールレンズを変更。インパネを含むインテリアデザインも大幅に変更される。後にスバル・ヴィヴィオビストロを発端とするレトロスタイルブームに便乗する形でクラシック仕様のセルボCを追加。
  • 1997年5月 - マイナーチェンジ。内装の小変更。装備の見直し。
  • 1998年10月 - 軽自動車規格改正に伴う車種再編が行われ、生産を終了した。


5代目 HG21S型(2006年 - 2009年)[編集]

スズキ・セルボ(5代目)
HG21S型
SR
2007 Suzuki Cervo 01.JPG
SR リア
2007 Suzuki Cervo 02.JPG
販売期間 2006年11月 -
2009年12月(生産終了)
乗車定員 4人
ボディタイプ 5ドアハッチバック
エンジン K6A型 0.658L 直3 DOHC VVT
K6A型 0.658L 直3 DOHC VVT インタークーラーターボ(SRは直噴ターボ)
変速機 CVT / 4速AT
駆動方式 FF / 4WD
サスペンション 前:マクファーソンストラットコイル
後:アイソレーテッドトレーリングリンクコイル
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,535 - 1,545mm
ホイールベース 2,360mm
車両重量 790 - 870kg
-自動車のスペック表-
  • 2006年11月7日 - 8年ぶりに名前が途絶えていた「セルボ」が復活。6代目アルト等の機構部を踏襲しつつ、円弧をモチーフとした動感あるデザインで個性を演出している。全車5ドアのみ。これは5代目モデル開発時に「女性ユーザー向けにMRワゴン、男性ユーザー向けにセルボ」と性格を分けたためで、初代MRワゴンのワンモーションフォルムをこのセルボが受け継いだ格好になった。ジャンルとしては、フロンテ・クーペや初代セルボに通じるところがあるが、パッキング性能(荷物の載せやすさ)を意識している。上級グレード車はBluetoothを用いた携帯電話ハンズフリーシステムを標準で備える。また、MRワゴンと同様にキーレススタート機能を有する。目標月間販売台数は5000台とされていた。
  • 2007年6月5日 - 「G」をベースに、各種スポイラーや14インチアルミホイールなどを装着し、よりスポーティーさを増した特別仕様車「Gリミテッド」を発売。この内外装のデザインをとりまとめたチーフデザイナーは同社の結城康和。10月、2007年度のグッドデザイン賞を受賞。
  • 2007年10月16日 - 直接噴射式ターボエンジンと7速マニュアルモード付きCVTを搭載したスポーツグレード「SR」を追加。このSRは、日本初となる直噴+ターボ+CVTの組み合わせにより、最高出力64PSという高出力ながら、セルボシリーズの中ではNAモデルも含めた中で最も燃費の良いグレードとなっている(23.0km/L)。また、既存グレードについても、SRグレードと同様、エンジンマウントの液封化、サスペンション改良、ボディーカラー追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • 2008年5月26日 - 「G」の燃費性能を改善(「G」は一部改良にあわせ、新燃費計測基準であるJC08モード走行による燃費情報を公開した)。リアシートリクライニングの全車標準装備、ボディーカラーの追加(ノクターンブルーパール、クラッシーレッドパール、クリアベージュメタリック、アンティークローズメタリック[3])などの一部改良を施し、「G」をベースにスポーティーでスタイリッシュな外装と薄灰色の内装色、アルカンターラ&ファブリックシート表皮などを装備した特別仕様車「GリミテッドII」を発売。
  • 2009年5月20日 - 一部改良。「G」はフロントバンパーとフロントグリルのデザインを変更。「TX」は「SR」と同一のフロントエアロバンパーとフロントグリルを採用。「SR」は14インチアルミホイールのデザインを変更。内装ではシート表皮(「SR」のセットオプション車を除く)、ステアリングホイールのデザインを変更、「TX」は本革巻ステアリングにオーディオスイッチを追加し、「SR」以外のグレードに標準装備のCDプレイヤーはUSB接続ユニットに対応すると共に、高級感を演出する為、シルバー塗装に変更された。ボディカラーはブリーズブルーメタリック、ブルームピンクメタリック、ルナグレーパールメタリックの3色を追加[4]した上で既存色を整理し全7色のラインナップに。また、特別仕様車として発売されていた「GリミテッドII」はベース車である「G」の仕様変更やステアリングにオーディオスイッチを追加するなどの変更を受け、「Gリミテッド」に名称変更し、カタロググレードに昇格。「T」は廃止となった。また、自然吸気エンジンの燃費が向上(21.5km/L→22.0km/L)されたため、「G」と「Gリミテッド」の2WD車は「平成22年度燃費基準+15%」を達成。既存の「SR」と共に「環境対応車普及促進税制」に適合した。
  • 2009年12月 - 生産終了。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 講談社ブルーバックス (B-489)「エンジンの再発見―水素自動車への挑戦」
  2. ^ 従来の乗用車としてのフロンテは廃止され、アルトに統合された。
  3. ^ 「SR」はノクターンブルーパールのみ追加設定、アンティークローズメタリックは「GリミテッドII」のみ設定
  4. ^ ブリーズブルーメタリック、ブルームピンクメタリックは「G」、「Gリミテッド」、「TX」で、ルナグレーパールメタリックは「SR」で設定可能

外部リンク[編集]