猛禽類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

猛禽類(もうきんるい)は、鋭いを持ち、他の動物を捕食(または腐肉食)する習性のある鳥類の総称[1]。獲物を捕まえるための鋭い爪、掴む力が強い(あしゆび)、鉤型に曲がったくちばしを持つことが共通の特徴である。 一般的に生態系の頂点に位置する例が多いことから、強さ・速さ・権力・高貴さの象徴として、猛獣などとともに戦闘機やスポーツカー、シンボルマーク、特撮やアニメのヒーローのモチーフになることが多い。

定義の変遷[編集]

ワシタカハヤブサハゲワシコンドルフクロウなどが代表的である。これらの猛禽類はリンネ前後の時代(17~18世紀)には鷲類鷹類・隼類及び梟類に分類された。ちなみにリンネは狩りをする鳥を単一の(もく)にまとめ、vulturコンドルハゲワシ)、falcoワシタカハヤブサなど)、strixフクロウ)、laniusモズ)の4属を含めている。このうち前2者のワシタカ類を昼行性猛禽類、フクロウ類を夜行性猛禽類とも呼んだ。

上記のようにこれらは鋭い爪とくちばしなど共通の特徴を持つが、形態的解剖学的研究が進むと、これらの外見上の類似は表面的なものであることが明らかとなり、狩りという習性に基づく収斂進化の結果とみなされるようになった。 ワシタカ類とフクロウ類はタカ目フクロウ目とに分けられた。また、ワシタカ類は体の構造ではフクロウ類よりもむしろコウノトリ類に近い構造をもつことが分かった。1990年代以降に発達したDNA分析による鳥類分類でも、この類縁性が支持されている。

生態的地位[編集]

猛禽類は空中を生活の場とする生物の中で生態ピラミッドの頂点に立つものである。実際には獲物として地上の動物を狙うことも多いので、いわゆる肉食獣ともその地位は重なっているが、いずれにせよ、大型の高次消費者の地位にある。

しかし、このことは彼らが多くの個体数を維持できないことを意味する。大型種の多くは広い縄張りを持ち、その内部で狩りを行うが、このような生活が維持されるためには自然な条件が維持された環境が広く続いている場の存在が必要である。人間の活動は必然的にこのような条件を壊し、世界中の多くの地域で大型猛禽類は絶滅を危惧されている。一部の猛禽は人間の生活に順応し、中には都市で狩りをする例も知られている。

人との関わり[編集]

大きさは種により様々で、「他の脊椎動物を捕食する」とはいえすべての種が積極的に人や家畜を襲うといったことはない。しかし一部では家畜の子や家禽などが被害を受け、害鳥と見なされる例がある。また先述のとおり飼育下において人が保定等を行なう際は、その鋭い爪や嘴によって危害を受ける確率も高い。

日本国内においては、動物愛護管理法によりタカ目の一部が特定動物に指定されている。飼育を行なうにあたっては各都道府県動物愛護担当部局からの許可が必要となる。

鷹狩[編集]

猛禽類を飼い慣らして獲物を捕まえる狩りを鷹狩という。

文化[編集]

猛禽類は、その優れた飛翔力や、鋭い嘴・爪による攻撃力など、精悍なイメージの持たれる動物の代表である。古来より強さ・速さ・権力・高貴さの象徴として、様々な紋章意匠として使われてきた。また、神話伝説においても重要な地位を与えられている例が多い。

また、その飼育そのものが貴族の趣味として捉えられたこともある。剥製を装飾とする例もある。猛禽類が各地で絶滅に危惧している理由のひとつは、このような理由による人為的な乱獲にある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鳥類は殆どが肉食であることも注意。魚・貝・水生動物・昆虫・幼虫等を捕食する。むしろ、植物性の食物しかとらない方が少数派である。