くちばし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥類の様々なくちばしの形状

くちばし、喙、觜)とは、鳥類の採食器官で、上下の顎が突出し、口周辺がひと繋がりの角質の板によって硬くなったもの。頭部の他の部分から滑らかに続くものもあるが、鳥類ではその間に区別がある。のような柔軟性がないが、硬いために突いたりする際には効果が大きい。一般には鳥のそれを指す。

概説[編集]

食物を食べるための器官としては動物のひとつであるが、鳥類では前肢が付属肢としての機能を持たないため、くちばしは食事の他にも、毛づくろい(グルーミング)をしたり、物をつまんだり、捕食対象を殺害する、食物を探す、求愛行為、雛(ひな)に餌を与える、等の様々な用途に使用される。そのため、くちばしの形はその鳥の生活と深い繋がりがあり、それによってくちばしの形も様々な適応を示す。したがって、くちばしの形は鳥の大きな特徴であり、ハシマガリチドリオオハシ科の鳥、ヘラサギの仲間などの鳥は、非常に特殊な形状のくちばしを持っていることからその名が付けられている。また、ハチドリなどにも変わった形のくちばしのものがある。

鳥類以外にも、哺乳類カモノハシ爬虫類の一部に見られ、恐竜にもくちばしを持ったものがいた(後述)。

また、鳥類以外の生物一般においても、先端や開口部が特に突き出している場合に、それを嘴状という例がある。たとえばサヨリダツにおいて上下のあごの先端がそれぞれ単独に突き出したものをクチバシという。タツノオトシゴのように上下合わせて筒のように延びる場合にはという。イルカにもクチバシがあり、これはイルカとクジラの区別点とされることがある。スゲ属植物では果胞に嘴があるかどうかは重要な特徴とされる。

構造[編集]

鳥類のくちばしは、種によってその大きさ、形状にかなりの違いがある。飛行するために重量を少しでも軽減するため、通常は中空もしくは多孔性の骨でできている。くちばしの表面は薄い角質(ケラチン)で覆われており、表面と骨の間には血管と神経の通った層がある。ガチョウハクチョウの一部にはくちばしの上にコブがある場合がある。

くちばしには鼻腔と呼ばれる2つの穴があり、それらは呼吸のためにくちばしの内側へと通じている。また、セキセイインコなど一部の鳥には、上嘴の根元に蝋膜(ろうまく)と呼ばれる柔軟な肉質の部分が存在し、鼻腔はそこに開いている。

一部の鳥はくちばしの先が非常に硬く、大きな音を鳴らしたり獲物を殺したりすることなどに使われる。カモなどの鳥はくちばしに神経が通っているため触覚があり、触れたことを感じることができる。くちばしは、使うことで磨耗しても、鳥が生きている限り再生していく。

くちばしは歯とは異なり、咀嚼に使用する鳥はほとんどいない。鳥は食物をすべて丸飲みし、砂嚢ですり潰す。

鳥類以外のくちばし[編集]

鳥類以外でも、突出し硬質な口器にくちばしと呼ばれるものがある。

関連項目[編集]

画像[編集]

外部リンク[編集]