素嚢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
食べた餌で素嚢が膨らんでいるのが外見からも分かるセキセイインコのオス
親鳥から素嚢乳を与えられているフラミンゴの若鳥 (スイスバーゼル動物園)
鳥類の消化器官。素嚢は4番で示されており、消化管の入り口付近にあたる。

素嚢嗉嚢、そのう)は消化管の一部分で、膨らんだ形状をしており、また管壁が厚くなっており、消化に先立って食べたものを一時的に貯蔵しておくための器官である。カタツムリなどの腹足綱ミミズ[1]ヒル[2]昆虫[3]鳥類など、多くの動物に見られ、また恐竜にもあったと考えられている。

昆虫[編集]

ハチの仲間では、で吸ったを一時的に体内に蓄えておき、まで運ぶ[4]スズメバチでは、エサを素嚢にためておき、吐き戻しによって幼虫に与える。アリも同様であるが、素嚢を発達させ食料の貯蔵庫としての機能を果たす個体があるなど、個体毎の機能分化が見られる種もある (オオズアリ参照)。

鳥類[編集]

鳥類では、消化管の食道あるいはのどの近くで、管壁が筋肉質になり、膨らんだ形状になっている部分 (嚢) がある。そこに食べたものを一時的に蓄えておくことができる。鳥類のすべてが砂嚢を持つ一方で、素嚢についてはこれを持たない種もある。

ハト目では、素嚢で素嚢乳が作られる。これは孵化したばかりのに与えられる[5]。また食べたエサをしばらく素嚢に保持することで、水分により食べたものを柔らかくし、それを吐き戻しによって雛に与える。

ハゲワシなどの死肉を食べる種では、エサが大量にあるときでもできるだけ多く食べるため、その結果素嚢が大きく膨らむ。その後睡眠する、あるいはじっと動かずにいることで、消化を妨げないようにする。

猛禽類では、ハゲワシを含めてワシタカなどには素嚢を一つ持つが、フクロウは素嚢を持たない。

家禽では、ニワトリにはあるが、ガチョウにはない。

脚注[編集]

  1. ^ Worm World: About Earthworms”. 2008年12月16日閲覧。
  2. ^ Sawyer, Roy T (PDF). Leach Biology and Behaviour, Volume II. http://www.biopharm-leeches.com/pdf/bioandbehav.pdf 2008年12月16日閲覧。. 
  3. ^ Insect Identification: Digestive System”. 2011年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月18日閲覧。
  4. ^ Honeybee Biology” (1994年). 2008年12月16日閲覧。
  5. ^ Gordon John Larkman Ramel (2008年9月29日). “The Alimentary Canal in Birds”. 2008年12月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]