風切羽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Bird ja.png
Captive Red-tailed Hawk at Bacara.jpg Swan.spreads.wings.arp.jpg
どの鳥においても風切羽は特徴的である。
(拡大には画像をクリック)

風切羽(かざきりばね、かざきりば)とは鳥類後方に整列している一連の羽根である。接続しているを基準として、翼の先端側から順に初列風切(しょれつかざきり)、次列風切(じれつかざきり)、三列風切(さんれつかざきり)と細分される。

初列風切[編集]

尺骨より先端、人間の「てのひら」にあたる部分の骨に接続。翼の最も外側に位置し、推進力を得る[1]という飛行にとって重要な役割を果たす。翼の先端に位置するものほど尖っており、次列風切に近くなるにつれ幅が広く、長さも短くなる。胴体に近い側から翼端に向かって1, 2, 3, ... と番号が付けられる[2]。多くの鳥は11本の初列風切を持つが、コウノトリフラミンゴは12本、ガチョウについては16本など、例外も存在する。

羽ばたき飛行の際には推進力を得るという、プロペラ機のプロペラに相当する働きをするが、プロペラと異なり、揚力を得るという機能への変化が可能で、滑空時には次列風切と一体化し、揚力を得る「翼」となる。 陸上の乱流の生じやすい上昇気流にのって滑空する大型のワシなどでは、滑空時に羽の間に隙間ができ、安定した効率の良い滑空のための特殊な形態を取る。羽の隙間は飛行機の隙間フラップのような高揚力装置として働き、分離した個々の羽の端では前後を軸とした縦方向の渦が発生して後の翼面での乱流の発生を抑えるヴォルテックス・ジェネレーター(渦発生子)として働き、上に反り返った翼端は飛行機のウィングレットと同様、揚力を増して抗力を減らし、肩関節への負担を減らす[1]。いずれも、飛行機より先に存在した機能であるが、ウィングレットは、東昭[3]によると、反り返った翼端をもとにNASAが開発したものである。

次列風切[編集]

尺骨に接続。初列風切とは逆に、翼端に近い側から胴体に向かって1, 2, 3, ... と番号が付けられる[2]。主に揚力を得る[1]。数は翼の長さによるところが大きく、ハチドリの6本からアホウドリ亜科の一部に見られる32本まで様々である。

三列風切[編集]

上腕骨に接続。厳密な意味でこれを持つ鳥は少ない。

翼と胴体上面の気流を整え、抗力を減らし、揚力を増すという、飛行機の翼の付け根のフェアリングと同様の働きを持つ。

参考文献・脚注[編集]

  1. ^ a b c 東昭『生物の飛行』
  2. ^ a b Proctor, Noble S. and Lynch, Patrick J. (1993). Manual of Ornithology: Avian Structure and Function (Paperback). New Haven and London: Yale University Press. pp. p. 59. ISBN 0-300-07619-3. 
  3. ^ 日本航空機操縦士協会での講演空を飛ぶ生き物