イスカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イスカ
Red Crossbills (Male).jpg
イスカ(オス)
保全状況評価
LEAST CONCERN

(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg

分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: アトリ科 Fringillidae
: イスカ属 Loxia
: イスカ L. curvirostra
学名
Loxia curvirostra
和名
イスカ
英名
Common Crossbill

イスカ(交喙、鶍、学名Loxia curvirostra)とは、スズメ目アトリ科に分類される鳥類の一種である。

分布[編集]

ヨーロッパアジアの北部や北アメリカに広く分布する。

日本には主に冬鳥として渡来するが、年によって渡来数の変動がある。少数だが北海道本州の山地で繁殖するものもある。

形態[編集]

メス

全長17-18.5cm。体重30-50g。スズメよりはやや大きく、翼長およそ9.5cm。雄は翼と尾羽は黒褐色で、ほかは暗赤色。雌は額から背がオリーブ緑色で、体下面は黄色がかった白色、羽は黒灰色である。

生態[編集]

主に針葉樹林内で生活する。非繁殖期は、数羽から10数羽の群れで行動する。群れの中には、まれにナキイスカが混じっていることがある。

樹木の種子や小さな昆虫をえさとする。特にマツの種子を好む。主に樹上で採餌するが、地上に降りて水を飲む姿がよく観察される。

Loxia curvirostra

マツ等の針葉樹の樹上に枯れ枝を材料としたおわん状の巣を作り、2-4個の卵を産む。抱卵期間は約14日。雛は孵化してから14日程で巣立つ。

イスカのくちばしは左右互い違いになっており、このくちばしを使って、マツモミなどの針葉樹種子をついばんで食べる。たまごからかえって間もないひなは普通のくちばしをしているが、1~2週間経つと先が交差してくる。しかし下のくちばしが右に出るか左に出るかは決まっていない。また、このくちばしから物事が食い違うことを「イスカの嘴(はし)」という。

伝承[編集]

西洋では、イエス・キリスト十字架に貼り付けになったときに、そのを引き抜こうとした為、このような嘴になったという伝承がある。その為、キリスト教文化圏ではイスカは義人のイメージを付与される。

参考文献[編集]

関連項目[編集]