角質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
表皮における角質層(Stratum corneum)

角質(かくしつ)とは、硬タンパク質の一種であるケラチンの別称。

ケラチン自体は上皮細胞中間径フィラメントを構成するタンパク質であるため、動物の外胚葉内胚葉を問わず上皮細胞に普遍的に見られる。脊椎動物四足類、つまり両生類爬虫類鳥類哺乳類では表皮細胞が内部にこれを蓄積して死滅し、角質化という現象を引き起こすことで、強靭な集合体を形成する。これらの動物では皮膚表皮の角質化が特に著しくなって形成された強固な器官を持つことが多い。たとえば鳥類カメなどのくちばし、爬虫類や魚類などの表皮由来の、哺乳類のの中でもウシ科にみられるような洞角の角鞘の部分や、サイの角の全体は角質からなる。そもそもケラチンとは「角の物質」を意味し、角質はその訳語である。ただし、ケラチンは上述のように角質化しない上皮組織にも含まれて細胞骨格として機能しており、こうした角質化していない組織におけるケラチンを日本語で角質と呼ぶことはまずない。

人間[編集]

美容上、顔面の肌の過剰な角質を取り除くことによってうるおいのある肌になると言われており、角質ケアのための化粧品も多く販売されている。かかとの角質ケア商品も多く存在する。

関連項目[編集]