オオフラミンゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オオフラミンゴ
Phoenicopterus roseus (Walvis Bay).jpg
オオフラミンゴ Phoenicopterus roseus
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: フラミンゴ目 Phoenicopteriformes
: フラミンゴ科 Phoenicopteridae
: フラミンゴ属 Phoenicopterus
: オオフラミンゴ P. roseus
学名
Phoenicopterus roseus
Pallas, 1811
シノニム
  • Phoenicopterus antiquorum
  • Phoenicopterus ruber roseus
和名
オオフラミンゴ
ヨーロッパフラミンゴ
英名
Greater Flamingo

オオフラミンゴ(学名:Phoenicopterus roseus)は、フラミンゴ目フラミンゴ科に分類される鳥類の一種。

フラミンゴ科の鳥の中で最も広く分布している種である。別名はヨーロッパフラミンゴ

分布[編集]

アフリカの一部、トルコを含む南西アジア、インド湾岸を含む南アジアスペインキプロスポルトガルフランスカマルグ地方を含む南ヨーロッパなどで見ることができる。一部は渡りをし、繁殖の北限はしばしば変わる。1988年にはオーストラリア領のココス諸島で1羽が見つかっている。

形態[編集]

全長120-140cmで、フラミンゴの中でも大きな種である。

ほとんどの羽毛はピンクがかった白色だが、翼の雨覆羽が赤く、風切羽が黒い。くちばしはピンク色で先端だけが黒い。足は全体がピンクである。幼鳥の頃の羽毛は黒い。ガチョウのような声で鳴く。

生態[編集]

他のフラミンゴと同様に、この種も泥を盛り上げて作った巣の中に白亜の卵を一つ産む。ベニイロフラミンゴチリーフラミンゴと関係が深く、ベニイロフラミンゴのシノニムとして扱われることもある。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
フラミンゴ上科 Phoenicopteroidea

ギャラリー[編集]