ハクトウワシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハクトウワシ
ハクトウワシ
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: タカ目 Accipitriformes
: タカ科 Accipitridae
: ウミワシ属 Haliaeetus
: ハクトウワシ H. leucocephalus
学名
Haliaeetus leucocephalus (Linnaeus, 1766)
和名
ハクトウワシ
英名
Bald eagle

ハクトウワシ(白頭鷲、学名Haliaeetus leucocephalus: Bald eagle)は、タカ目タカ科に属する鳥類

分布[編集]

北アメリカ大陸(アラスカなど)の沿岸部に広範囲に分布。

形態[編集]

全長76-92cmで、翼を広げると2mを上回る大型のワシ。体色は褐色だが、肩から頭にかけての部分が白くなっているのが大きな特徴となっている。幼鳥は全身が褐色の斑点で覆われ、成長と共に頭部の白さがはっきりとしてくる。

生態[編集]

海岸沿い、湖沼の近辺に生息する。

主に魚類を捕食するほか、水鳥哺乳類爬虫類、動物の死骸なども食べる。

水辺近くの樹上、岸壁、地面などに営巣する。繁殖期は南部では10-4月、北部では4-8月。

保護現状[編集]

IUCNレッドリストでは、軽度懸念(LOWER RISK - Least Concern)とされている。

アメリカ合衆国では、一時は乱獲、森林伐採による営巣地の減少、餌となる魚の農薬による汚染やポリ塩化ビフェニル(PCB) による汚染などによって分布域が縮小し、個体数も激減したが、継続的な保護活動により現在では個体数が順調に回復している。保護法規には、1940年ハクトウワシ保護法(The Bald Eagle Protection Act、現ハクトウワシ・イヌワシ保護法-Bald and Golden Eagle Protection Act)と1918年渡り鳥保護条約法The Migratory Bird Treaty Act)がある。合法的にワシの羽を採集するには、まず魚類野生生物局から許可を得なくてはならない。1967年に絶滅危機(Endangered)に分類された。その後、個体数の順調な回復と生息地の存続状況を受け、1994年には絶滅危惧(Threatened)に変更。そして、2007年6月29日には米国絶滅危機種リストから完全に除外された[2]

文化[編集]

アメリカ合衆国の国章

アメリカ合衆国国鳥であり、アメリカ合衆国の国章に描かれる。

アメリカ・インディアン[編集]

チョクトー族インディアンの「鷲の踊り」。インディアンにとって鷲は神聖な存在である。(ジョージ・カトリン画、1930年代)

アメリカインディアンの多くの部族は、ハクトウワシを聖なる生き物と見なす文化を持ち、ハクトウワシやその羽を儀式や正装に用いる。インディアンによるワシの羽の利用は鷲羽法Eagle feather law)で規定されている。ワシの羽の採集許可証の申請をする者は、少なくとも祖父母の一人が純血のインディアンであることを立証しなくてはならない。

2005年3月、ワイオミング州の「ウィンドリバー・インディアン保留地」内で、北アラパホー族のウィンスロー・フライデーが、部族の伝統儀式「太陽の踊り(サンダンス)」のために、連邦の許可なくハクトウワシを殺したとして逮捕された。2009年10月5日、米国地方裁判所判事アラン・ジョンソンは、このアラパホー族男性の刑事訴追をアラパホー族の部族法廷に一任する裁定を下した。

「アメリカ連邦政府に無断でワシを殺した」としてインディアンが起訴されたワイオミング州でのこの一件は、「インディアンが宗教儀式のためにワシを殺すことに、どこまで連邦政府が関与し規定するべきものなのか」という、「インディアンの宗教の自由」という観点から大論争となっている。

様々なシンボルとして[編集]

スクリーミングイーグル

アメリカ合衆国では、その特徴的な外見も手伝って、その存在は非常に有名であり、国章以外にも多くの省庁や法執行機関の記章に取り入れられている(大統領府から、連邦捜査局警備会社に至るまで)。例えば、「teardrop with bald eagle」(涙滴型にハクトウワシ)、「sunray maltese with bald eagle」(陽光型マルタ十字にハクトウワシ)というデザインが定形として存在する。

1984年のロサンゼルスオリンピックのマスコットキャラクターであったイーグルサム(Eagle Sam、Sam the Olympic Eagle)や、MLBワシントン・ナショナルズのマスコットキャラクターのスクリーチ(Screech)、およびポケモンウォーグルのモデルとなった鳥である。また、アメリカ陸軍第101空挺師団の師団章「スクリーミングイーグル」(Screaming Eagles)は同鳥をモデルにしている。

史上初のアメリカ人ロードレース世界選手権チャンピオン、ケニー・ロバーツ、その息子のケニー・ロバーツ・ジュニアWGP250ccチャンピオンのジョン・コシンスキーはヘルメットのカラーリングにハクトウワシをあしらっている。特に、コシンスキーは星条旗を交えたデザインとしており、当時のアメリカ人ライダーの気概のようなものを感じさせる。(オートバイレースは欧州の文化であり、アメリカ人は格下扱いされている時代が長かった)

Sibley分類体系での位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

参考文献[編集]

  1. ^ Haliaeetus leucocephalus (Species Factsheet by BirdLife International)
  2. ^ http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20070629-219441.html