セテ・ジベルナウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セテ・ジベルナウ
Sete Gibernau cropped.jpg
グランプリでの経歴
国籍 スペインの旗 スペイン
活動期間 1992年 - 2006年 , 2009年
チーム ヤマハ, ホンダ, スズキ, ドゥカティ
レース数 179
チャンピオン 0
優勝回数 9
表彰台回数 30
通算獲得ポイント 1109
ポールポジション回数 13
ファステストラップ回数 8
初グランプリ 1992年 250cc スペインGP
初勝利 2001年 500cc バレンシアGP
最終勝利 2004年 MotoGP カタールGP
最終グランプリ 2009年 MotoGP アメリカGP
テンプレートを表示

マヌエル・"セテ"・ジベルナウ・ブルトーManuel Seté Gibernau Bultó1972年12月15日 - )はスペインバルセロナ出身のオートバイレーサーセテ・ジベルノーと表記される場合も多い。祖父はスペインのオートバイメーカーブルタコの創業者である。

経歴[編集]

ジベルナウが1999年に乗ったホンダ・NSR500V(ホンダ・コレクションホール)

1992年よりロードレース世界選手権250ccクラスにスポット参戦し、1996年はフル参戦。1997年より500ccクラスにステップアップし、翌年ワークス・チームレプソル・ホンダに移籍するも、以後3年間で目立った成績を残せず。2001年スズキへ移籍すると第12戦バレンシアGPでWGP初優勝を達成した。

2003年、ホンダのサテライトチームであるテレフォニカ・モビスター・ホンダへ移籍し、加藤大治郎のチームメイトとなる。開幕戦日本GPで加藤が事故死し、チームが悲しみに打ちひしがれる中、3週間後の第2戦南アフリカGPでポール・トゥ・ウィンを達成し、勝利を加藤に捧げた。その後もフランスGPドイツGPで最終ラップの最終コーナーでバレンティーノ・ロッシを抜いて優勝するなど劇的なレースを演じ、シーズン4勝を挙げてロッシに次ぐランキング2位となった。

2004年ヤマハへ移籍したロッシや、ホンダのマックス・ビアッジとチャンピオン争いを展開。ジベルナウは第2戦・第3戦と連勝してポイントランキングをリードしたが、中盤戦に2戦連続転倒リタイアしてロッシにリードを許した。第13戦カタールGPの優勝で14点差まで縮めたものの、ロッシの予選降格ペナルティ(後述)を巡って確執が生じ、マスコミを通じてメンタル的な圧力をかけられて苦しんだ[1]。この年もシーズン4勝したものの、最後はロッシに突き放されて2年連続ランキング2位に終わった。

ホンダ・RC211Vを駆るジベルナウ(2005年)

2005年もロッシとの因縁は続き、開幕戦スペインGPでは最終ラップまで激しい優勝争いを展開。ジベルナウがトップのまま最終コーナーに差し掛かったが、ロッシに強引にインを突かれて接触。コース外に弾き出されて2位に終わった。第10戦ドイツGPでもロッシを抑えて逃げ切りを図ったが、最終ラップの1コーナーでオーバーランして勝利を逃した。結局、シーズンを通して精彩を欠き、0勝でランキング7位に後退した。

2006年は心機一転、ドゥカティへ移籍したが、第7戦カタルーニャGP1周目の多重クラッシュで鎖骨を骨折するなど、度重なる負傷により本来の実力を発揮できずにシーズンを終え、同年11月8日に現役引退を表明した。

2009年にはMotoGPクラスに新規参戦するオンデ2000チーム(ドゥカティ)のライダーを務めることが発表され、グランプリ復帰を果たす。しかしチームはメインスポンサーの資金難により、7月12日にグランプリからの撤退を発表。わずか6戦の出場でシリーズから姿を消すこととなった。

エピソード[編集]

  • ゼッケンは、元々前年のランキングの数字をつけていたが、2001年に初優勝して以来、当時つけていたゼッケン15を好んで使うようになった。なお2003年当時のチームメイトで事故死した加藤大治郎のゼッケン74も革ツナギに貼っていた。
  • 2004年カタールGPでは、ロッシのチームクルーがレース前にスターティンググリッド上を掃除していたことをジベルナウのチームが告発し、ロッシがペナルティーを受けて最後尾グリッドへ降格した。レースはジベルナウが優勝し、ロッシは転倒リタイア。ロッシはこれに腹を立て、ジベルナウに対して「お前はもう2度とレースに勝てない」と宣告した。この「呪い」は現実となり、ジベルナウは以後全く勝てないままキャリアを終えた。のちにロッシは「あのシーズンでは、という意味だったけど、やりすぎたのかなぁ(笑)」と語った[2]

戦績[編集]

  • 1992年 - スペインジレラカップ125ccランキング2位
    • ロードレース世界選手権250ccクラス スポット参戦(ヤマハ)
  • 1993年 - スペイン選手権ドゥカドスオープン・250ccランキング5位
  • 1994年 - スペイン選手権ドゥカドスオープンランキング4位
    • ロードレース世界選手権250ccクラス スポット参戦(マルボロ・チーム・ロバーツ・ヤマハ)
  • 1995年 -  スペイン選手権ドゥカドスオープンランキング3位
  • 1996年 - ロードレース世界選手権250ccクラスランキング22位(第1戦-第12戦・ホンダ、第13戦-第15戦・ヤマハ)
  • 1997年 - ロードレース世界選手権500ccクラスランキング13位(ヤマハ・チーム・レイニー
  • 1998年 - ロードレース世界選手権500ccクラスランキング11位(レプソル・ホンダ
  • 1999年 - ロードレース世界選手権500ccクラスランキング5位(レプソル・ホンダ)
  • 2000年 - ロードレース世界選手権500ccクラスランキング15位(レプソル・YPF・ホンダ)
  • 2001年 - ロードレース世界選手権500ccクラスランキング9位1勝〔バレンシア〕 (テレフォニカ・モビスター・スズキ
  • 2002年 - ロードレース世界選手権MotoGPクラスランキング16位(テレフォニカ・モビスター・スズキ)
  • 2003年 - ロードレース世界選手権MotoGPクラスランキング2位4勝〔南アフリカ、フランス、オランダ、ドイツ〕(テレフォニカ・モビスター・ホンダグレシーニ
  • 2004年 - ロードレース世界選手権MotoGPクラスランキング2位4勝〔スペイン、フランス、チェコ、カタール〕(テレフォニカ・モビスター・ホンダグレシーニ)
  • 2005年 - ロードレース世界選手権MotoGPクラスランキング7位(テレフォニカ・モビスター・ホンダグレシーニ)
  • 2006年 - ロードレース世界選手権MotoGPクラスランキング13位(マルボロ・ドゥカティ
  • 2009年 - ロードレース世界選手権MotoGPクラス第1-8戦出場・ランキング19位(オンデ2000・ドゥカティ)

脚注[編集]

  1. ^ "ドゥカティー・カタール・プレビュー「将来は夜間レースに」". インテリマーク.(2006年3月31日)2013年6月5日閲覧。
  2. ^ "モトGP『ロッシ:カタールでかつての亡霊が甦る』". イタたわGP.(2013年4月4日)2013年6月5日閲覧。

外部リンク[編集]