運転手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
職業運転手の一例
京都市内のハイヤー

運転手(うんてんしゅ)とは、自動車などを運転するのこと。また運転を職業とする人[1]

ここでは日本国内の例について記述する。

総説[編集]

営業用の自動車を運転する場合、運転免許第二種運転免許以上の免許が必要であり、旅客輸送が仕事となる。プロドライバーまたは運転士とも呼ばれる。自家用の貨物自動車や乗用車(企業なら社長・会長を、官公庁では要人を乗せる。企業であっても専務や常務級の場合は専用車をもらえる事は少ない)、自家用バスを運転する者も運転手と呼ばれるが、自家用車であれば、二種免許は必要ではない。貨物自動車営業ナンバーで有償で運送を行っている場合でも一種免許で運転できる。運転技量はもちろん、同乗者全員へのシートベルト着用の呼びかけの他、道路や地理にも明るくなければならない。

鉄道では機関士や運転士(例外あり、後述)と呼ばれ、それぞれの動力方式に応じた免許が必要である(動力車操縦者を参照)。

クレーンなどの操縦者は、運転士あるいはオペレーターと呼ばれる。

旅客輸送に従事するかつての職業には、人力車の「車夫」や、駕篭をかつぐ「駕篭かき」、馬車を御す「御者」などもあったが、現在では観光用などのごく一部を除いて存在しない。

バス運転手[編集]

米国、ミネソタ、ミネアポリス付近のバス運転手

営業用バス[編集]

ナンバープレートが緑色の営業用バスを運転する場合、営業運転であれば第二種運転免許が必要である。大型自動車に該当するバスを運転する場合は大型自動車第二種免許、小型バスなどの中型自動車に該当するバスを運転する場合は大型自動車第二種免許もしくは中型自動車第二種免許を取得している必要がある。回送など営業運転でない場合は大型/中型第一種運転免許を持つ者でも運転できる。

主に、路線バス(乗合バス)貸切バス(観光バス)、特定輸送(送迎バス)があり、運転手はそれらを運行する事業者に属する者が多い。

日本の一般路線バスは乗務員として運転手のみが乗車するワンマン運転であることがほとんどである。ワンマン運転の場合、運転手は運転操作のほか、車内放送(自身による肉声放送もしくは車内放送用機器の操作)、乗客が乗降する自動ドアの開閉操作なども行う。

自家用バス[編集]

ナンバープレートが白色の自家用バスを運転する際は、大型自動車第二種免許あるいは中型自動車第二種免許は必要なく、大型自動車第一種免許あるいは中型自動車第一種免許を所持していればよい。主に企業学校幼稚園宿泊レジャーの各施設やレストラン・官公庁などが所有する法人自家用のバスであり、運転手はそれらの団体に属する者または専門の会社より派遣される。

道路運送法78条(旧80条)に基づくいわゆる「80条バス」の路線バスを運転する場合も大型/中型第一種運転免許で運転できる。

タクシー運転手[編集]

ロンドンのタクシー運転手

トラックの運転手[編集]

トラック運転手は、乗務する車ごとに積載量で25t超・10t・8t・4t・3t半・2tなどの貨物自動車を運転する。運転する車ごとに、大型一種、けん引一種、大型特殊一種免許などが必要となる。大手運送会社では、入社時に過去数年間の運転記録証明などを提出されるよう求められることがある(銀や金のSDカードが取れれば更によい)。

トラック運転手による交通事故[編集]

業務用車で事故を起こした場合運転手は労働災害となり、労働基準監督署に必ず届けなければならない。 また治療を受ける場合であっても労働災害保険を使うことになる。事業主責任が発生し、大規模な事故を起こすと事業所を強制捜査され、場合によっては運行管理者・会社代表の身柄を取り押さえる場合がある。また運輸局による事業停止処分など厳しい処罰規定がもうけられている。対物損害・人身損害を含めると何億円を超える場合であっても、事業主がこれを負担しなければならない。

反則金・罰金と大型トラック運転手[編集]

通常車体が大きくなればなるほど罰金の額は、増えていき普通車より大型車の方が刑罰処分が重くなる。反則金の場合普通車より1000円~3000円ほど高い.

トレーラーの運転手[編集]

牽引自動車とは、トレーラーとも呼ばれ、牽引車と被牽引車(積載部分)が切り離し可能で、なおかつ牽引(連結)状態にある車両を指す。

トレーラーにも、セミトレーラーフルトレーラーとがあり、セミトレーラーは、トラクタとトレーラーに分かれるものであって、フルトレーラーは、大型トラック、もしくは、大型バスの後ろに、もう一台、トレーラーを付けたものである。

サファリパーク遊園地などのランドトレイン(列車状の遊具)もフルトレーラーである。空港内ではプッシュバックが該当する。

牽引車両のブレーキホース、電装系の切り離し作業は運転手が主に行い、コンテナなどの荷役作業は主に到着先の会社の社員が行う。このため、トレーラー運転手のうち、工場や配送関係でない輸送の場合は、運転のみの軽作業であり、労働時間も比較的決まっているため、女性運転手の進出も見られる。

牽引式タンクローリーを運転するには、大型一種、けん引一種の他、積荷に応じ、危険物取扱者、高圧ガス、毒物劇物取扱などの国家資格が必要でとなる。

  • 関連企業
    • 日本フレートライナー株式会社
    • トヨタ輸送株式会社

自家用自動車の運転手[編集]

職業ドライバーでなくても自家用自動車を運転していると運転手ということになる(法律上の「業務」)。従って営業者でなくても車を運転している人は、運転手という呼び名が正しい。

自家用自動車の運転手が人身事故を起こしたとき業務上過失になるのは、車を運転すること自体社会的には、業務の一環として仕事である為とされている。従って交通ルールを守り円滑な社会貢献を図らなければならない。

緊急自動車の運転手[編集]

消防車救急車、警察のパトロールカーなどの運転手は特に「機関員」と呼ばれる(この場合の「機関」はorganisationではなくengine)。

鉄道業界[編集]

前述のとおり、鉄道では機関士や運転士と呼ばれ、各々の動力方式に応じた免許が必要である(動力車操縦者を参照)が、例外として高知県土佐電鉄では乗合自動車輸送に限らず、軌道列車操縦に従事する者も「運転手」と称している。電車内の名札挿しにも「例)運転手 高知 太郎」と記されている。

お抱え運転手[編集]

近世、近代には家庭内労働者として、お抱え運転手(Chauffeur ショーファー)という職業があった。主人のための馬車自動車の運転者として屋敷に住み込んでいる者である。運転をしない時は、車の整備や洗車・ワックスがけ、馬の世話などをする一種の専門職である。現在でも、リムジンの呼称の一種である「ショーファードリブン(カー)」に名を残す。

現代では、大企業で専門の要員を確保し、重役に専用車を与えている場合はこれに近いが、運転手が住み込みの個人的な使用人でない、あくまで企業の従業員である点が異なる。社によってはタクシー会社や車両管理会社と契約しハイヤーで送迎を行なっている例もある。白ナンバー車(自家用車)を運転するため、普通二種免許は法的には必要としない。

ホテル正面、都心部繁華街の路上、巨大地下駐車場や車寄せなどで見かける黒塗りの白ナンバーセダンは、お抱え運転手により運行されている車両である場合が多い。

アメリカにおけるショーファー[編集]

米国ではChauffeurをDriverと区別して『単に運転だけをする者ではない(顧客や雇い主の世話をする者)』と認識される。 つまり、バスやタクシーの運転手はDriverと呼ばれ、お抱え運転手(Private Chauffeur)に限らず、リムジン(ストレッチリムジンに限らず)の運転手などはChauffeurと呼ばれる。 タクシーの運転手はショーファーではないが、日本の地方都市でタクシーを借り切って観光などをする場合の運転手はショーファーに近い業務内容をこなしている。 アメリカでタクシーを借り切って観光をしても運転手はショーファーとはほど遠い。

米国では1都市に各種のリムジン会社が存在し多様な車種を揃えているので、必要な時に必要なタイプの車を手配する方がはるかに経済的である為、Private Chauffeur(専従のお抱え運転手)を雇い入れている個人雇用主の多くは、運転手にボディガードを兼務させる(逆の意味ではボディガードに『運転もさせる』)意図が強いので、都市によってはPrivate Chauffeurは武器を携帯している確率が高い。

アメリカでは日本のようにナンバープレートで営業用・自家用の区別が付けられない(公用と一般車の区別のみがある)為、前後のバンパーに業務用ステッカーが貼ってあるかどうかで、Private(自家用)・Commercial(営業用)の区別をする。

自動車運転手を主に収容する日本の刑務所[編集]

交通事故を起こして実刑判決を受けた人を収監する。これらは「交通刑務所」とも称されている。

その他[編集]

  • 台湾で話される台湾語にはウンチャンという語彙があり、「運将」、「運匠」等と表記される。語源は日本統治時代の台製和語「運ちゃん」(運転手の愛称)であるという説が有力である。

脚注[編集]

  1. ^ 広辞苑 第五版 p.277 運転 - 運転手

関連項目[編集]