日産・パスファインダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パスファインダーPATHFINDER )は、日産自動車が生産・販売している海外向けSUVである。初代WD21型系、および2代目R50型系はそれぞれ「テラノ」の輸出仕様車であったが、2002年8月に日本向けテラノが生産終了したため、その後は海外専用車種として独立している。

歴史[編集]

初代 WD21型系(1986年 - 1995年)[編集]

日産・パスファインダー(初代)
WD21型系
前期型
Nissan-Pathfinder-2door.jpg
販売期間 1986年 - 1995年
乗車定員 5人
ボディタイプ 3/5ドアSUV
エンジン 直4 2.4L Z24/KA24E
V6 3L VG30i/VG30E
直4 2.7L TD27/TD27T
変速機 3AT/4AT/5MT
全長 4,366mm
全幅 1,689mm
全高 1,669 - 1,694mm
ホイールベース 2,649mm
-自動車のスペック表-

VG30Eエンジンを搭載したこともあり、北米ではD21型ピックアップとともに、「オフロードZ Car (ズィーカー)」と呼ばれた。


2代目 R50型系(1995年 - 2004年)[編集]

日産・パスファインダー(2代目)
R50型系
前期型
1996-1999 Nissan Pathfinder.jpg
販売期間 1995年 - 2004年
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン V6 3.3L VG33E/3.5L VQ35DE
直4 2.7L TD27T/3L ZD30DDTi
変速機 4AT/5MT
全長 4,529 - 4,440mm
全幅 1,770 - 1,821mm
全高 1,704 - 1,847mm
ホイールベース 2,700mm
-自動車のスペック表-
  • 1995年 - 2代目R50型系パスファインダーにモデルチェンジ。エンジンはV6 3.3L VG33E型が搭載された。
  • 1997年 - 欧州市場にも投入。
  • 2000年 - マイナーチェンジが行われ、フロントを中心にデザインの変更が行われた。
  • 2001年 - VG33Eに代わり、新型のV6 3.5L VQ35DE型エンジンが搭載された(左ハンドル車のみ)。
  • 2002年 - 再度のフェイスリフトが行われた。さらに翌2003年にはCIが現行のものに変更された。
  • 2004年 - 生産終了。生産は初代同様に九州工場で行われた。

エンジンはV6ガソリンエンジンのほかに、直4 2.7L TD27T ターボディーゼルエンジンと、直4 3L ZD30DDTi ターボディーゼルエンジンも搭載された。


3代目 R51型系(2004年 - )[編集]

日産・パスファインダー(3代目)
R51型系
前期型
05-07 Nissan Pathfinder .jpg
後期型
2008 Nissan Pathfinder.jpg
販売期間 2004 -
乗車定員 7人
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン V6 4L VQ40DE
V8 5.6L VK56DE
2.5L YD25DDTi
変速機 5AT/6MT
駆動方式 FR/4WD
全長 4,765 - 4,890mm
全幅 1,850mm
全高 1,763 - 1,865mm
ホイールベース 2,850mm
-自動車のスペック表-


4代目 R52型系(2012年 - )[編集]

日産・パスファインダー(4代目)
R52型系
'13 Nissan Pathfinder.JPG
販売期間 2012 -
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン V6 3.5L VQ35DE
直4 2.5L QR25DE
変速機 CVT
駆動方式 FF/4WD
全長 5,009mm
全幅 1,961mm
全高 1,768mm
ホイールベース 2,900mm
-自動車のスペック表-
  • 2012年1月 - 北米国際オートショーでコンセプトモデルが発表された。新型パスファインダーはそれまでのボディ・オン・フレーム構造を廃してモノコック構造を採用したクロスオーバーに生まれ変わる。プラットフォームムラーノインフィニティ・JX(のちにQX60に改名)などと同じ日産・Dプラットフォームを採用する。
    • 8月6日 - 正式に発表。秋よりリリースを開始する。エンジンは2代目以来となるVQ35DEを、トランスミッションには無段変速機「エクストロニックCVT」を採用し、燃費は先代より3割改善している。
  • 2013年3月 - ハイブリッド仕様を北米で発表。2.5L 直4のQR25エンジンに電気モーターと小型リチウムイオンバッテリーを用いた日産・インテリジェント・デュアル・クラッチシステムを採用。ガソリンエンジンと電気モーターを連携させて通常の3.5L V6モデルと同等の走行性能を発揮。
  • 2013年10月 - 豪州市場で販売を開始。車両はアメリカからの輸入。エンジン・トランスミッションは北米仕様と同等で、ST、ST-L、Tiそれぞれに2WDと4WDが設定されている。
  • 2014年9月 - 豪州市場にもハイブリッドを導入。同国で販売される日産車としてはこれが初のハイブリッド車となる。


モータースポーツ[編集]

WD21[編集]

  • 1987年1月 - 仏プライベーターが第9回パリ・アルジェ・ダカールラリーに参戦。
  • 1988年1月 - 第10回パリ・アルジェ・ダカールラリーにてVG30E型搭載車が市販車無改造(マラソンクラス)クラス2位完走。ファラオラリーにも参戦し、2位、3位を獲得する。
  • 1989年1月 - 第11回パリ・チュニス・ダカールラリーにてVG30E型搭載車が総合11位T1クラス優勝。バハスペイン T2クラス2位。ファラオラリー T2クラス優勝。アトラスラリー T1クラス優勝、T2クラス2位、4位。ポルトガルラリー T2クラス優勝。
    • 10月 - テラノに4ドアを追加。
  • 1990年 - チュニジアラリー T1クラス2位。アトラスラリー T1クラス優勝、2位、T2クラス3位。オーストラリアサファリラリー T2クラス優勝。
  • 1991年1月 - 第13回パリ・トリポリ・ダカールラリーにてT2クラス優勝。ファラオラリー T1クラス優勝、T2クラス優勝、ディーゼルクラス優勝。
  • 1992年1月 - 第14回パリ・ケープタウンラリー T2クラス優勝、マラソンクラス2位。
  • 1993年1月 - テラノにオーバーフェンダーを装備したワイドボディタイプを追加。FIAクロスカントリーラリー・ワールドカップマラソントロフィー(T1クラスのチャンピオン)獲得。
  • 1994年 - FIAクロスカントリーラリー・ワールドカップマラソントロフィー獲得。
  • 1995年 - FIAクロスカントリーラリー・ワールドカップマラソントロフィー3年連続で獲得。

R50[編集]

  • 1997年1月 - 第19回ダカール・アガデス・ダカールラリーに参戦。総合6位完走。第3回ラリーレイド・モンゴルに参戦し、総合優勝を飾る。
  • 1999年1月 - 第21回パリ・ダカールラリー T2クラス7位、8位獲得。第5回ラリーレイド・モンゴルに参戦し、総合優勝を飾る。
  • 2000年1月 - 第22回パリ・ダカールカイロラリー T2クラスにVQ35DE型搭載仕様で参戦し総合8位完走。
    • 8月 - 第6回ラリーレイド・モンゴルにVG33E型搭載車で参戦し、総合優勝を飾る。
  • 2001年1月 - VQ35DE型搭載仕様で第23回パリ・ダカールラリー T1クラス、およびT2クラスに参戦。T1仕様が総合12位クラス優勝、T2仕様はクラス4、5位を獲得。パリ・ダカールラリーを開幕戦とするFIAクロスカントリーラリー・ワールドカップ(全9戦)に参戦。T2仕様のテラノが第4戦モロッコ、第7戦マスターラリーでともに総合3位入賞を果たし、ドライバーズポイントシリーズ5位を獲得。
  • 2002年1月 - 第24回トタール・アラス・マドリード・ダカール・ラリーにVQ35DE搭載D22型ピックアップ、VQ35DE搭載エクストレイルと共に、VQ35DE搭載仕様で参戦。総合11位プロダクション部門2位を獲得。
  • 2003年9-10月 - ファラオラリー T2クラス(改造車部門)に参戦。
  • 2004年4月 - 開幕戦 第23回ラリーオプティック2000チュニジア T1クラス優勝、総合9位を飾る。
    • 6月 -第2戦 ORPIモロッコラリー2004 T1クラス優勝、総合12位を飾る。
    • 7月 - バハ・エスパーニャ(スペインアラゴン)に参戦。T2クラス4位、12位完走。
    • 8月 - 第5戦 第2回ラリー・オブ・オリエント T1クラス優勝、総合9位を飾る。
    • 10月 - 第6戦 UAEデザートチャレンジ T1クラス2位、総合10位を飾る。
    • FIAクロスカントリーラリー・ワールドカップに参戦。T1クラスドライバーズタイトル、およびマニュファクチャラーズ・タイトルを獲得。
    • 12月- 2005年1月 第27回テレフォニカ・ダカールに参戦。
  • 2005年FIAクロスカントリーラリー・ワールドカップに参戦。
    • 4月 - 第2戦 第24回2005年ラリー・オプティック2000チュニジア 総合37位
    • 5月 - 第3戦 ORPIモロッコラリー2005 プロダクションカテゴリー(T2)クラス1-2位を飾る。
    • 6-7月- 第4戦 ラリー・オブ・オリエント2005 T2クラス優勝、総合6位を飾る。
    • 9-10月 - 第5戦 ラリー・オブ・ファラオ 総合3位、4位、6位完走。

登場した作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]