フェード現象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フェード現象(フェードげんしょう)は自動車オートバイでの走行中に摩擦ブレーキを連続使用した結果、ブレーキの効き(制動力)が低下すること。

概要[編集]

摩擦ブレーキを使用すると摩擦材が加熱される。下り坂などでブレーキを連続使用すると摩擦材の素材であるゴム樹脂などが設定された耐熱温度を越えて分解・ガス化し、これがブレーキローターとの間に入り込むとガス膜が潤滑剤のような働きを起こして摩擦係数が低下する[1]

熱が逃げにくい構造のドラムブレーキに発生しやすいが、ディスクブレーキでも発生する[2]。放熱用に、ドラムブレーキには放熱フィンを備えたものや、ディスクブレーキには放熱用の溝や穴を円周部に開けてあるもの(ベンチレーテッドディスクと呼ばれる)もある。フェードを防ぐには、非摩擦ブレーキであるエンジンブレーキ排気ブレーキリターダーなどを活用するのがよい。

フェード現象が始まる温度をフェードポイントと呼び、摩擦材の素材によってこの温度は違う[3]。レースなどで使用される製品では樹脂やゴムが少ない・使わない素材を使う場合もある[1]

なお、フェード現象が発生した場合、そのままブレーキを掛けつづけると熱がブレーキフルードにまで伝わり、フールドの沸騰によって完全に制動力が失われる[2]。これをヴェイパーロック現象と呼ぶ。

脚注[編集]

  1. ^ a b ブレーキパッドのウンチク フェードとベーパーロック”. BRAKING MEISTER ZONE (2009年4月10日). 2013年5月25日閲覧。
  2. ^ a b 下り坂でブレーキを酷使すると利きが悪くなるのはなぜですか?”. 日本自動車連盟. 2013年5月25日閲覧。
  3. ^ ブレーキに関する知識/ブレーキパッド編”. ディクセル. 2013年5月25日閲覧。

関連項目[編集]